ネットビジネスでの副業や起業を考えるとき、最も一般的な方法がアフィリエイトの利用です。サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトと言葉は違いますが、いずれにしても物販アフィリエイトであることには変わりがありません。

物販アフィリエイトを開始するとき、必須となるものにASPの利用があります。アフィリエイトASPを活用することによって、ようやくあなたのサイトやブログに広告を掲載することができるのです。または、PPCアフィリエイトとして、1枚ペラページに広告を掲載しても問題ありません。

ただ、アフィリエイト初心者であるとどのようなASPが適切なのか分かりません。そこで、どのASPを活用してアフィリエイトを実践すればいいのかについて解説していきます。

ASPとは、アフィリエイト広告を束ねる会社になる

まず、ASPとは何なのでしょうか。物販アフィリエイトの初心者であると、そもそもASPとはどういうものなのかも分かりません。

これについては、ASPとは「アフィリエイト広告を束ねている会社」だと考えてください。

アフィリエイトでは転職や化粧品、クレジットカードなど特定分野に特化させたサイトやブログを構築するようになります。このとき、例えば転職サイトであれば、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの転職支援会社と提携し、広告を取ってくる必要があります。

しかし当然ながら、単なる個人がそうした大企業と提携するなど到底無理です。そこで、ASPを活用します。

ASPであれば、そこには既に広告が存在しています。大手企業の広告から、中小企業の広告までさまざまなのです。例えば、以下はASPに登録されているマイナビエージェントの広告になります。

あなたが転職サイトを構築するのであれば、こうした案件をASPから取ってきてあなたのサイトに広告を貼り付けるようにします。その後、あなたのブログ経由で転職サイトに顧客が登録した場合、紹介料としてお金があなたに支払われるようになります。

特にアフィリエイトでは儲かるジャンルが決まっており、例えば以下のようになります。

  • 金融:キャッシング、クレジットカード、保険など
  • 投資:株、FXなど
  • 転職:看護師、薬剤師、第二新卒など
  • 美容:脱毛、エステ、育毛など
  • 健康:サプリメント、健康食品
  • 恋愛:出会い系、婚活アプリ
  • 機器:レンタルサーバー、格安SIMなど
  • 建物:不動産、工事
  • その他:英語、引越し、中古車見積

ASPに登録されている案件についても、これらがメインになります。そのため、こうした中から適切な分野を選び、物販アフィリエイトを実践していく必要があります。

アフィリエイトの仕組みや手数料を理解する

実際の仕組みとしては、まずASPに掲載されているアフィリエイト広告をあなたの媒体へ貼り付ける必要があります。その後、あなた(媒体主)のサイトやブログを訪れたユーザーが広告をクリックして、申し込みをすると報酬が発生します。

ただ、申し込みされたもののうちすべてが広告主から承認されるわけではありません。却下されることもあります。いたずらでの申し込みもあるからです。

例えば、看護師の転職サイトであれば、当然ながら看護師資格をもっている人以外からの申し込みは却下されます。申込数が多ければいいわけではなく、質の高いお客さんを企業(広告主)へ送客する必要があります。

その後、成果承認されたらASPを介してアフィリエイト報酬が支払われるようになります。

このとき、当然ながらASPはビジネスとしてアフィリエイト事業を行っています。つまり、広告主から支払われたお金について、仲介手数料を受け取っています。

具体的な仲介定数料としては、多くのASPが20%に設定しています。例えば前述の図のように、サイト経由でマイナビエージェントに登録してもらうことで、アフィリエイト報酬として3,000円の紹介料があなたに入ります。

このとき、ASPは広告主から3,750円をもらい、750円の手数料(3,750円 × 20% = 750円)を抜き、あなたに3,000円を支払うビジネスモデルを実践しています。

なお、このとき人によっては「ASPは20%もの仲介定数料をもらい、広告主と手を組んでいるのか!」と考え、ASPを悪者のように思う人がいるかもしれません。

しかし、実際は逆です。どちらかというと、ASPはサイト運営者側の味方になります。理由は単純であり、完全成果報酬なので私たちが運営するサイト・ブログから売り上げが出ないとASPの報酬もゼロだからです。そのため、ASPと仲良くすればサイトの売り上げを最大化させるために頑張ってくれます。

最も分かりやすいのは特別単価です。ASPにはデフォルト単価が掲載されていますが、特別単価によって最初に記載されているデフォルト金額の2~3倍以上の報酬額になるのは珍しくありません。

例えば私の場合、マイナビエージェントで特別単価として1件登録ごとに7,000円をもらっています。

先ほど示したように、通常だと1件3,000円くらいにしかなりません。ただ、ASPを介して特別単価をもらえば、このように売り上げが簡単に2~3倍になるのです。

そして、ASPは広告主と頑張って特別単価の交渉をしてくれます。私たちサイト運営者が儲かれば、同時にASPも仲介手数料が多くなるからです。こうした仕組みのため、ASPの担当者はこちら側の味方だといえます。

サイトアフィリエイトでは必ずしも商品を売らなくても良い

なお、物販アフィリエイトでは転職サービスや株(証券口座の開設)なども含むわけですが、このように「サイトアフィリエイトでは必ずしも物を売ることが全てではない」ことが認識できます。

ASPなどでいろいろ案件を見ていれば分かりますが、「資料請求が完了した場合に1500円の報酬」などのアフィリエイト案件を発見することができます。このとき、商品の売りやすさを考えると以下のようになります。

  • 来店させる:難易度高い
  • サービスを利用させる:難易度普通
  • 資料請求させる:難易度低い

例えば、保険に関するアフィリエイトを考えたとき、「保険ショップに来店させる」という案件だとほぼ成約しません。来店は非常にハードルが高く、家の近くにそうした店がない限り無理です。アフィリエイトで来店はかなり難しいのです。

そこで、「申し込みをした人に対して、保険ショップからの電話確認が取れれば承認となる」であれば、ハードルは低くなります。わざわざ来店させる必要はないあらです。

さらにハードルが低いのは、資料請求です。単価は低くなりますが、保険の案内の資料請求をさせるアフィリエイトによって成果を出すことができます。アフィリエイトとはいっても必ずしも商品・サービスを販売する必要はないため、「どの程度の難易度の広告を掲載するのが適切なのか」を事前に確認するようにしましょう。

複数のASPへ審査登録するため、サイトやブログが必須

ただASPへ登録するとはいっても、情報発信媒体が何もない状態で登録できるわけではありません。まずは、自分のサイトやブログを持つようにしましょう。これがなければ、そもそもASPの審査に通過することがありません。

多くのASPは登録のための審査があります。A8.netというASPについては会員登録時のサイト審査はないものの、基本的にはどのASPも会員登録自体にサイト審査を必須としています。

そこで、ASPへ登録する前にまずは自分のサイトやブログを立ち上げ、そのホームページに記事を書くようにしましょう。ワードプレス(WordPress)やSIRIUSなどのサイト・ブログの作成ソフトを活用し、まずは5記事ほどアップします。ブログ形式のデザイン性のないWordPressの状態でも大丈夫なので、記事を詰め込むようにするのです。

その後、登録申請を出します。審査で落とされることはありますが、その場合はサイトの質が悪かったと考え、20記事などそれなりにボリュームを多くした後に再申請すれば問題ありません。

・ASPは複数利用が基本

なお、ASPを一つに絞る人はいません。どれだけ優れた成果を出しているアフィリエイターであったとしても、複数のASPを利用しています。これは、ASPによって特徴や強みが大きく異なるからです。「あるASPは金融系に強みがあるものの、他のASPでは転職分野に強い」などです。そこで、ASPの特徴を理解したうえで使い分けなければいけません。

また、「あるASPを探しても目的の案件を見つけることができなかったものの、他のASPであれば問題なく発見できた」などのことはよく起こります。例えば、「あるASPをいくら探しても楽天カードの案件がなかったものの、他のASPなら楽天カードの広告があった」などです。

こうしたことは普通なので、どの人であってもいくつものASPを利用しましょう。

また、ASPによって報酬が異なることはよくあります。例えば、以下はA8.netというASPの、マイナビ看護師の報酬単価です。

このように、デフォルト単価は10,000円となっています。

一方で以下はメディパートナー(Medi Partner)というASPに登録されているマイナビ看護師の案件です。

このように、1件の獲得でデフォルト単価が15,429円です。単純に報酬が1.5倍以上です。ASPが違うことによって広告の中身が違ってくることはないため、条件の良いASPを活用するようにしましょう。

おすすめの人気ASPの一覧と特徴比較

それでは、具体的にどのASPに登録すればいいのでしょうか。これについては、まずは大手と呼ばれる一般的なASPへ登録するようにしましょう。多くのアフィリエイターが活用する人気のASPを利用するのです。

これには、以下のようなものが有名です。

  • A8.net
  • afb(アフィビー)
  • アクセストレード
  • バリューコマース
  • JANet

特別な理由がない限り、すべてのASPを利用することになります。そこで、それぞれの特徴について以下で確認・比較していきます。ちなみに、どのASPも登録無料です。

・A8.net

最大手のASPがA8.netになります。登録審査のとき、保有サイトの審査がないので単純に登録者数が非常に多いです。

取り扱っている案件についてもトップクラスであり、全ジャンルについて取り揃えています。特に強みのある分野がある感じではなく、あらゆる商品が存在するASPだと考えてください。

最大手であるため、担当者は付きにくいです。つまり、特別単価の交渉などはしてくれにくいです。ある程度の成果が出ない限り、担当者が付くことはありません。そのため、私は広告掲載のときにメインでは利用していません。

ただ、他のASPにはないがA8.netに存在する広告はたくさんあります。また、商品検索機能が使いやすいため、どのような広告があるのか調べるときに最も活用するASPです。

A8.netの公式サイトへ

・afb(アフィビー)

同じように初心者向けのアフィリエイトASPがafb(アフィビー)です。A8,netと同じように、ほぼ全ジャンルを網羅しています。

最大手ではないため、A8.netに比べると商品数などは少ないです。ただ、その分だけ担当者が付いてくれる可能性が高く、担当者がついた場合は特別単価の交渉をすることができます。

アフィリエイトをするときの定番となる人気ASPの一つなので、数記事のサイト・ブログを完成させたら登録するようにしましょう。

afbの公式サイトへ

・アクセストレード

通信やゲーム、転職、美容、健康系の案件が多いASPになっています。ただ、大手ASPの一角なので非常に多くの案件を取り揃えています。

なお、オンラインゲームが充実していて、その案件がわりと儲かるという珍しいASPでもあります。

検索画面は少し使いにくいですが、案件の数は豊富なので多くの人が活用している人気のASPとなっています。

アクセストレードの公式サイトへ

・バリューコマース

金融や通信、旅行系の案件を多く取り揃えているASPがバリューコマースです。バリューコマースも定番となるASPです。

例えば、ホテル予約の案件だとバリューコマースがメインになります。もちろんホテル予約に限らず、バリューコマースにしかない案件がたくさん存在するため、多くの人が利用しています。

私もある健康食品で取り扱いがバリューコマースしかなく、その案件ではバリューコマースを利用しています。ちなみに、月5万円ほどの売上しか貢献していないにも関わらずバリューコマースの担当者が付いています。そのため、担当者はわりと簡単につきます。

なお、Amazonや楽天、ヤフーショッピングのアフィリエイトをするときにも重宝するASPです。

バリューコマースの公式サイトへ

・JANet

金融系のアフィリエイトを行う場合、提携必須となるASPです。金融系では、クレジットカードやキャッシング、カードローン、保険などさまざまです。

アフィリエイト案件の中でも特に金融系に強みがあるのがJANetです。もちろん、金融に限らずその他のアフィリエイト広告も多いです。コスメや脱毛、健康商品などの案件も存在するのです。ただ、メインは金融になります。

JANetの公式サイトへ

金融系や健康食品はクローズド商品が多い

なお、ASPで検索すると非常に多くの商品が出てくるものの、中には表には出てこないクローズドの案件が存在します。

美容系や転職系、通信系、投資系(株・FXなど)であれば、わりと最初から表示されます。ただ、クレジットカードやキャッシング、保険などの金融系であったり、サプリメントなどの健康食品系だったりする場合、表には存在しない案件が存在します。特に金融系だとこの傾向が強いです。

広告主はサイト運営者にできるだけたくさん紹介してもらうことによって売り上げを増やすのが目的です。それにも関わらず、なぜクローズドにするのでしょうか。

これは、信頼できるブログ運営者やPPCアフィリエイトの実践者だけに広告を取り扱ってほしいと考えているためです。

誰でも広告を紹介できる場合、不適当な紹介の仕方をする人が必ず現れます。例えば、クレジットカードの発行申し込みのとき「このクレジットカードは過去に自己破産をしたことのある人でも安心して申込できます」などのように紹介するのです。

自己破産者など、金融事故のある人はクレジットカードを保有できませんが、そういう人についても送客しようとするのです。

また、他にも腸内細菌サプリメントを売るときに「このサプリメントを飲むと便秘が治り、アトピーが改善し、私の場合はさらにがんも消えた」などのような薬機法違反に該当する紹介をする人もいます。

つまり、不特定の人に広告掲載を許していると、質の悪い客を送ってくる人が表れるようになるのです。これが一人だけならいいですが、広く公開されている状況であると、非常に多くの広告掲載者が不適当な紹介を行うようになります。また、広告主の信用も地に堕ちてしまいます。これを防ぐため、クローズド広告を採用しているのです。

しかし、クローズドなので自分の取り扱いたい案件がどのASPに存在するのかよく分かりません。

もし、「ライバルサイトではアフィリエイト広告を貼っているのに、どのASPにも案件が見当たらない」という場合、クローズドの広告である可能性が高いです。そうしたとき、ある程度の成果が出るようになったらASPに当たってみて、クローズドの案件を聞き出してみましょう。

・出会い系やアダルト、ギャンブルは別の種類のASPになる

なお、先ほど一覧で示したASPは主に一般的な広告を取り扱っています。ただ、これが出会い系を含めたアダルトになったり、ギャンブルになったりすると違う種類のASPを利用することになります。

要は、アダルト専門のASPだったり、ギャンブルメインのASPだったりするのです。中には、インフォトップのような情報商材メインのASPも存在します。こうした少し違った方向性の案件でアフィリエイトを開始したい場合、先ほど紹介したASPとは異なる種類のASPを利用することになります。

アクセスが集まると担当者から連絡が来る

ちなみに、ある程度のアクセスが集まってくると100%の確率でASPの担当者から連絡が来ます。以下のような感じです。

私は複数のWebサイトを運営しており、その中にはアフィリエイトサイトも存在します。そのため、毎週のようにASPからこうした連絡が来ます。

このとき、どのASPからも担当者が付いていないのであれば、このメールに返信するようにしましょう。「〇〇という商品を掲載したいのだが、特別単価は出ますか?」という感じのメールを送るのです。そうすれば、わりと簡単に特別単価を出してもらえます。

本来、特別単価は既にある程度の売上実績(ブログから実際に商品が売れている)がある状態でなければ出ません。ただ、ASPから連絡が来たときは例外的に、最初から特別単価を出してもらうことが多いです。

前述の通り、広告の内容自体はどのASPも変わりません。例えば、クレジットカードAを売るときに「A8.netにあるクレジットカードAの広告」から「アクセストレードにあるクレジットカードAの広告」に変えたところで何も問題は起こらないのです。

特別単価を出してくれるのであれば、担当者が付いたASPへ広告の乗り換えをするようにしましょう。そうすれば、広告がクリックされて収益が上がったときの収益が何倍にも跳ね上がるようになります。

中規模ASPやクローズドASPの利用がアフィリエイトのコツ

なお、実際にアフィリエイトを実践していくと高確率で中規模(または小規模)のASPや、クローズドASPをメインで活用していくことになります。つまり、アフィリエイト初心者では絶対に会社名を知らないようなASPを利用するようになるのです。

世の中には、クローズドASPと呼ばれる「招待されなければ登録できないASP」が存在します。こうしたASPとしては、以下のようなものがあります。

  • Rentracks(レントラックス)
  • felmat(フェルマ)
  • Medi Partner(メディパートナー)

ただ、クローズドASPとはいってもきちんとサイト・ブログを運営していれば100%の確率でASP側から「私たちと提携してください」と連絡が来るようになります。私もこれまで、何度もこれらのASPから提携の連絡が来ています。そのため、そこまで心配する必要はありません。

また、私の場合は転職系の案件ではPRESCO(プレスコ)というASPをメインで利用しています。ほとんどの人が知らない小さなASPですが、転職系の案件については抜群に強いASPとなっています。

これらクローズドASPに加え、アクセストレードやバリューコマースなどの中堅ASPをアフィリエイトでメインに使用するようになるのが基本です。

A8.netなどの最大手になると、規模が大きすぎて担当者がなかなか付きません。一方でこうした中規模や小さなASPの場合、月3~5万円ほどしか収益が出ていないにも関わらず、問題なく担当者が付いて特別単価の交渉をしてくれます。そのため、非常に使い勝手がいいのです。

ちなみに私の場合、アフィリエイトサイトに掲載する最初の広告については、A8.netなどの大きなASPの広告を載せるようにしています。

ただ、ある程度の件数を成約できるようになった段階で中規模(または小規模)のASPへ「この広告で月〇件の成約が出るようになったが、特別単価は出ないのか。特別単価が可能なら、そちらの広告に貼り替える」などのように打診することが多いです。

例えば、以下のような文面になります。

http://〇〇

このサイトでは、1位に掲載している△△の案件で1o月は9件ほど成約しています。つきましては、この案件で特別単価をもらうことは可能でしょうか。

1位掲載に限らず、その他の案件についても特別単価が出る場合、すべて御社の広告に貼り替えます。

アフィリエイトで成功するコツは「どれだけ担当者と仲良くなり、うまく特別単価を引き出してもらえるかどうか」にかかっています。そのため複数のASPを活用し、その特徴や違いを理解したうえで担当者へ連絡するといいです。

アフィリエイトASPへ登録し、使い方を理解する

物販アフィリエイトを考えている場合、まずはASPへ登録するようにしましょう。どのASPに登録すればいいのかについては、既に一覧で表示しました。これらのASPにはどれも無料登録できるため、必ず複数登録するようにしましょう。

このときはワードプレス(WordPress)やSIRIUSなどのサイト作成ソフトを活用し、数記事を作成した後に申し込むとスムーズです。

また、実際にサイトやブログを運営していくと、ASPから連絡が来るようになります。大手のASPから連絡が来ることはほとんどないですが、クローズドASPを含めて中小のASPであればサイトやブログの問い合わせフォームから連絡してくるようになります。

このときは担当者が付き、特別単価を引き出すチャンスです。積極的に交渉することで、良い条件を引き出すようにしましょう。

ASP担当者の使い方をマスターすれば、アフィリエイトでクローズド案件を引き出すことができたり、特別単価をもらえたりします。複数のASPを利用して、アフィリエイトで成功するようにしましょう。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認