いまの生活に加えて副業でお金を得たいと考える人は非常にたくさんいます。そうしたとき、YouTubeを用いた副業は非常に身近であり、多くの人が考える副業でもあります。

ただ会社員や公務員がYouTuberとなる場合、事前にリスクを理解しなければいけません。何も考えずにYouTuberとして活動しても稼げませんし、上司や同僚などにバレると後で大変な事態になる可能性もあります。

また副業をするにしても、実際のところ副業禁止への対処が必要だったり、稼げるようになれば全員で確定申告が必要だったりと考えるべきことが多いです。これについて、YouTubeならではの考え方が存在します。

そこで実際にYouTubeで副業を検討するとき、何を考えて実行に移せばいいのか解説していきます。

稼ぐときGoogleアドセンス広告を考える人は多い

そもそもYouTubeで収益化を図るには、どのように行動すればいいのでしょうか。副業をするにしても、儲けるための方法を理解しておかなければいけません。

これについて、企業と共同によるスポンサー広告は無理だと考えましょう。企業とタイアップするにしても、あなたに企業側から連絡が入ることなどあり得ません。そうではなく、ほとんどの人はYouTube広告(Googleアドセンス広告)による収益を考えるようになります。

YouTuberになることを考えているのであれば、これまでに何度もYouTube動画を見たことがあると思います。このとき、以下の部分に出されるのがYouTube広告になります。

YouTube広告をもっと正確にいうとGoogleアドセンス広告になります。YouTubeはGoogleの一部ですが、このとき出されるYouTubeの広告をGoogleアドセンスというのです。

世の中にいるYouTuberの大多数がGoogleアドセンスによる広告収入を考えます。非常に大変ではあるものの、できるだけ多くの動画が再生されるように動画コンテンツを作成し、Web上にアップロードすることで広告収入を得る副業となります。

ブログ・サイトと連動させてアフィリエイト収入を得る

または、YouTubeだけでなくブログ・サイトを保有している場合、アフィリエイトと連動させるという方法もあります。初心者にとって、YouTubeチャンネルのほかに自身のブログやサイトを保有する必要があるので少し高度なやり方になりますが、この方法によってさらに大きく稼ぐことも可能です。

このときはYouTubeの説明欄を活用し、自分のブログページへリンクを飛ばすようにします。以下のような感じです。

このように設定すれば、動画を見た人の一部がURLリンクをクリックしてくれます。そこから、あなたのブログ経由で何らかの商品・サービスを紹介します。そうしてあなたのブログ経由で商品が売れた場合、後で紹介料が入るようになります。

これがアフィリエイトの仕組みですが、YouTubeで再生数がそこまで多くないのにも関わらず稼いでいる人がいます。そういう人の場合、全員がアフィリエイトをYouTube動画と組み合わせていると考えましょう。Googleアドセンスだけより、アフィリエイトを組み合わせるほうがはるかに収益は大きくなります。

ただ実際のところ、YouTuberのうち99%以上がアフィリエイトなどを実践しているわけではありません。つまり、ブログやサイトなどは使わずにGoogleアドセンスのみで稼いでいるのが実状なのです。

参入分野・ジャンルは初心者YouTuberで最重要

それでは、初心者YouTuberはどのようなポイントに注目して動画コンテンツによる副業を開始すればいいのでしょうか。このとき、最重要ポイントになるのが「参入分野」です。

副業として動画コンテンツを作り、投稿をし続けるとしても、どのようなジャンルの動画チャンネルに参入したいのか事前に決める必要があります。

ダメな動画チャンネルほど「何でもあり」の状況で、ありとあらゆる分野の動画を詰め込みます。ただ、それでは何を発信目的とした動画チャンネルなのか不明であり、チャンネル登録者数は集まりません。そこで、何のジャンルのYouTuberになるのか明確に決めるようにしましょう。

しかし、このとき入るべきではないジャンルがあります。このときの注意点としては以下のとおりです。

面白系・レビュー系は飽和し、キッズ系は広告が出ない

最も多くの人が参入しており、さらには有名人も多いジャンルに面白系・レビュー系があります。面白い動画をできるだけ投稿したり、何らかの商品をレビューしたりするのです。以下のような感じです。

ただ、面白系・レビュー系で有名になっているのは、何年も前から参入して既に活躍している人のみになります。いまから参入したとしても、既に強力な参入者が非常に多いだけでなく、ライバルとなる新たな参入者もたくさんいます。そのため、あなたの動画が再生される可能性は少なく、圧倒的に稼ぎにくいというデメリットがあります。

面白系の動画YouTuberは非常に目立っていますし、有名人も多いです。ただ、副業としては非常にハードルが高いです。

・子供を出すキッズ系はかなり微妙

なお面白系の動画よりも、さらに微妙な分野にキッズ系があります。自分の子供を出したり、子供向けの動画を作成したりするYouTubeチャンネルになります。ただ、YouTube側は子供が動画に出ていたり、キッズ向けだったりする動画コンテンツを広く取り締まりしています。

具体的には、動画コンテンツを作ったとしても広告が出ないようになっています。これについては、YouTube投稿のときに以下のように動画公開を申請することになります。

もちろん、ここでウソを記してもすぐにバレてしまいます。要は子供が映っていたり、子供向けだったりする動画での副業は無理であり、Googleアドセンス広告を貼れないと考えましょう。

ゲーム実況やカバー曲演奏など、著作権違反は微妙

また、他の理由によって避けるべきジャンルがあります。これは、著作権が関わる分野です。具体的には、ゲーム実況や音楽の演奏、テレビ解説などがあります。

以下のジャンルがこれに該当します。

  • ゲーム
  • 音楽の二次創作、カバー曲
  • テレビ、ドラマ
  • アニメ

これらが微妙なのは著作権違反だからです。ゲーム実況の場合、ゲーム会社の製品を勝手に利用して動画コンテンツを作ることになります。同じように、音楽で「弾いてみた系の動画」は多いですが完全に著作権違反です。

いまは、動画投稿自体は容認されていますが、著作権違反なので少なくとも広告が表示されることはありません。つまりサラリーマンとして副業として動画を作っても稼ぐことはできません。

また最悪の場合、著作権違反なので以下のように動画削除の対象になる危険性があります。

私が過去にYouTube動画を作成した際、Google側から受け取った動画削除のメールです。こうした動画削除が数件続くと動画チャンネル自体が強制的に閉鎖されてしまいます。つまりサラリーマンが副業をするにしても、著作権違反の内容だと圧倒的にリスクが高いと考えましょう。

ノウハウ系がYouTuberの基本

それでは、会社員が副業でYouTuberとなるにはどういうジャンルがいいのでしょうか。これについては、ノウハウ系の動画を提供するようにしましょう。

例えば、以下のようになります。

  • メイクの方法
  • 教育・学術分野の解説
  • ビジネス・マーケティング
  • アウトドア
  • 海外の様子

例えば看護師であれば、医療系の内容を動画配信すればいいです。住宅メーカーに勤務しているのであれば、良い家の建て方について情報コンテンツを作成しましょう。

ノウハウを提供するのが、サラリーマンが副業YouTuberとして活躍するための鉄則になります。このようなジャンルを選択すれば、ライバルが非常に少なくなり、さらには著作権の問題も回避しつつサラリーマンとして副業収入を得られるようになります。

スマホやGoProを購入して撮影し、編集する

なお、このとき必要な撮影機材としてはほとんどありません。あなたが保有している携帯電話があれば大丈夫です。実際のところ、ノウハウ系の動画を発信している人の大多数がスマホ一台を利用し、カメラを固定した状態で撮影して動画コンテンツを作成している実態があります。

参考までに、私はビジネス系動画を以下のように作成しています。

ただ、これについても特に優れた機材を活用しているわけではありません。カメラを固定する道具は購入する必要があるものの、撮影機材はスマホで十分です。

しかし、中には外での撮影が必要であったり、カメラを手でもって撮影する必要があったりする人もいるでしょう。その場合は手振れを少なくするため、GoProを購入するようにしましょう。以下が実際のGoProです。

GoProには手振れ補正機能があります。そのため素人が撮影したとしても手振れを抑えられるため、非常に多くのYouTuberで利用されています。

・編集はAdobe Premiere Pro

なお、当然ですが撮影した後は動画編集しなければいけません。このとき、最も有名な動画編集ソフトとしてはAdobe Premiere Proがあります。私もこれを利用しています。ただ、動画編集ソフトとしては何を利用しても問題ありません。あなたが好きなソフトを活用するようにしましょう。

ちなみに私の場合、単にビジネスノウハウを動画として提供しているだけに過ぎないため、撮影シーンの最初と最後をカットし、後は音量やノイズを調節するだけになります。そのため、非常に簡単な動画編集となっています。

バレるリスクをなくすなら仮面装着やパソコン画面のキャプチャー説明

ただ自分の顔を動画コンテンツとして出す場合、100%の確率で職場にバレるようになります。動画として世界に発信されるため、これについては当然だといえます。

そのためサラリーマンとして副業禁止の職場で働いている場合、バレるリスクを減らさなければいけません。特に公務員だと副業禁止が明確なので、まさか自分の顔をさらけ出して動画配信するわけにはいきません。そうしたとき、顔全体を隠す仮面をかぶって動画配信するようにしましょう。

事実、世の中には仮面で顔を完全に隠した状態でノウハウを提供しているものの、人気動画になっている人がたくさんいます。

しかし、姿を含めてYouTubeに出ることをためらう場合、「パソコンでの操作画面をそのまま動画としてキャプチャーできるソフト」を活用し、動画作成するようにしましょう。これについて、「WindowsであればCamtasia Studio」「MacならKeynote」が動画キャプチャーソフトとして有名です。

実際にあなたが動画に出ていない場合、パソコンのキャプチャー動画だけでは人気チャンネルにはなりにくいです。ただ、姿を一切出さずに声だけで説明する場合、たとえ公務員であっても副業がバレないメリットがあります。

税金での確定申告の方法に会社員は注意する

ただ会社員が実際にYouTubeで副業を開始するとき、税金の申告(確定申告)では注意するようにしましょう。年間20万円以上の収益が本業とは別に発生している場合、すべてのサラリーマンについて確定申告の義務があります。つまり、追加で税金を納めなければいけません。

このとき、何も考えずに確定申告すると会社にバレます。せっかく、バレないように工夫したとしても税金の金額が異なることで副業がバレてしまうのです。

注意すべき点は一つであり、税金の納付方法の選択を考えるようにしましょう。以下のように、確定申告の書類には地方税納付について「給与から差引き(特別徴収)」と「自分で納付(普通徴収)」の2つから選択できるようになります。

副業禁止の会社員であるなら、ここでは必ず「自分で納付(普通徴収)」を選択しなければいけません。そうしなければ、通常もらっている給料から発生する税金よりも多くの税金を会社が支払うことになり、「税金が多い=副業で稼いでいる」と勘繰られるようになるのです。

一方で、自分で納付するようにすれば、後で税金を納めるための書類があなたの住所あてに届くようになります。そうして、自分で税金を納めるようにしましょう。

そもそもYouTubeは稼ぎにくい媒体

ただYouTuberとして副業することを考えるとき、必ず認識しなければいけないポイントがあります。それは、「ブログやサイトを用いたアフィリエイトであったり、物販・転売などであったりなどの、その他のネットビジネス」に比べてYouTubeは圧倒的に稼ぎにくいという事実です。

要は努力量に対して、収益が見合っていないというわけです。例えば、以下は私が保有するYouTubeチャンネルの一つです。

1ヵ月での様子を記していますが、このように視聴回数は約30万回です。それに対して、収益は約5,000円となっていることが分かります。

実際に副業としてやってみれば分かりますが、月30万回の再生回数を得る動画チャンネルまでに成長するためには、かなりの努力が必要ですし、時間もかかります。それにも関わらず、月5,000円しか利益は発生しないのです。これが、会社員の副業で「YouTuberは圧倒的に効率が悪い」という理由になります。

そのためサラリーマンとして副業を考える場合、YouTubeを利用するのであれば、こうした現実を事前に理解したうえで参入するようにしましょう。

サラリーマンが認識するべきYouTubeによる副業方法

副業を考える人は非常に多く、その中の一つがYouTubeの活用です。YouTuberという言葉があることから分かる通り、目立っている人もいるので副業として考えやすい分野になります。

ただ副業禁止の会社員・公務員がYouTuberになる場合、バレることがないように工夫しなければいけませんし、参入ジャンルについても吟味するようにしましょう。そうしないと、いくら努力しても稼げることはなく、副業どころではありません。

しかし、YouTube自体の活用は簡単な撮影機材を用意するだけで問題ありません。最低限必要な機材をそろえれば、すぐにでも副業をスタートできます。

ただGoogleアドセンスに頼ったYouTubeの収益事業は儲かりにくいことを理解しましょう。これは、私の実例で示した通りです。ここまでのポイントを理解したうえで、初心者はYouTubeによる副業を開始するといいです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

一対一のWebオンラインセミナー

YouTube講座でWebサイト運営の極意を伝授

書籍出版の案内

Twitterでビジネス情報を確認