これからアフィリエイトを開始するとき、最も気になるものとして「いくら稼げるのか」「稼げるようになるまで、どれくらいの期間が必要になるのか」というものがあります。

特にネットビジネス初心者であると、これらを知っておいた方がいいです。理由は単純であり、ビジネスでの大まかな現実を知っていないと、途中で挫折して諦めてしまうからです。その結果、稼げないまま消えていくようになります。

私はいくつも稼げるサイトを保有しており、収益化に成功させています。そうした経験からいえるのは、「どのサイト・ブログもアフィリエイトで稼げるようになるまでには、同じ傾向がある」という事実です。

アフィリエイトを実践するうえでどのような傾向になるのかについて、ここでは具体例を交えながら解説していきます。

アフィリエイトで稼げない人の割合は95%

まずビジネスである以上、アフィリエイトで稼ぐのは簡単ではありません。ネットビジネスでは「簡単に誰でも稼げる」「すぐに自動収益が入ってくる」などの言葉を見かけますが、これらはすべてウソだと考えてください。

実際、アフィリエイトで月5,000円を稼げない人の割合は95%だといわれています。つまり、アフィリエイトを行っている人のほとんどで成果が出ていないことになります。一方で稼いでいる人の割合は非常に低いです。わずか5,000円でもトップ5%なので、月100万円であると0.1%ほどになります。

特にネットビジネス系では「半年で稼げる」「月〇万円の収入がある」など、ウソの情報を掲載している人が多いです。こうしたウソにつられて、簡単に稼げるように思ってしまう人がたくさん出てくるようになるのです。

ただ、実際のところ95%以上の人が稼げていない事実を認識したとき、そこまで簡単なビジネスではないことは理解できると思います。

それでは、なぜ稼げる人の割合がここまで低いのかというと、以下の2つを知らないことが主な原因になります。

  • どれくらいの期間経過でアクセスが伸びるのか知らない
  • 収益が加速度的に増えることを知らない

この事実を理解すれば、アフィリエイトを始めて成果が出なくても、諦めずに前に進められるようになります。

結果が出るまで1年間は必須

多くの人は短期間での成果を望みます。そのため、ネットビジネスを始めても稼げるようになるまで我慢できず、成果を出せずに消えていきます。

大前提として、アフィリエイトを含めインターネットビジネスで短期的に結果を出すことは不可能だと理解しましょう。結果が出るまでには時間がかかるのです。アフィリエイトでは必ずサイト・ブログを構築するところから始めていきますが、どれくらいの期間になるかというと、1年ほどかけて徐々にアクセスが伸びていくようになります。

私は現在でも新サイトを構築していますが、いずれも半年ほどで成果が出ることはありません。私が行ったとしても、やはり1年はかかります。

例えば、以下は私が実際に構築したあるサイトのアクセス推移です。

2017年4月に立ち上げたサイトです。ここから半年後、2017年10月であってもアクセス数は1日わずか50PV以下となっています。ただ、一年が経過した2018年4月には1日200UU(1日300PV)を超えるようになりました。

さらに、もう半年が経過した2018年10月には1日1,000UU(1日1,500PV)以上となったわけです。

サイトやブログのアクセスというのは、このように増えていきます。どれくらいで伸びていくのかというと、1年が経過した段階で加速度的にアクセスが増えていき、稼げるまでになります。

しかも、このサイトだけでなくすべてのサイトがこうした推移をたどるようになります。この事実を認識したとき、わずか半年で儲かるサイトを構築するのは不可能だと分かります。1,000時間や2,000時間と時間をとって有益な記事を書いていき、アクセスを集めるようにする必要があります。

儲かるサイトはいくら稼いでいるのか

それでは、それなりに稼げるサイトでは、どれだけの額の収益が発生しているのでしょうか。

月100万円を超える事例を見せてもいいですが、最初からここを目指すと確実に挫折します。そこで、まずは月10万円を目指さなければいけません。

このとき、「サイト運営をして何万PVも集めなければいけない」と勘違いする人がいます。ただ、実際は違います。最初は1日100~200UU(1日150~300PV)くらいで問題ありません。正しくサイト作成すれば、これだけのアクセス数でも月10万円を稼ぐことは現実的に可能です。

例えば、私はMR(製薬会社の営業マン)の転職に関する転職サイトを保有しています。

60記事ほどの小さいサイトですが、これを1年3ヵ月ほど運営したときのアクセス数が以下のようになります。

サイト作成期間は3ヵ月ほどであり、これを1年ほど放置したことで1日250UU(300PV)くらいのアクセスになっています。

肝心の収益ですが、「アフィリエイトで1位掲載している広告」から単月で発生した報酬が以下のようになります。

却下されている広告はありますが、承認だけで計算すると「14,000円 × 8件 = 11,2000円」となっています。

また、アフィリエイトではランキング形式で3~5つの商品を並べるのが基本ですが、前述の通りこれはランキング1位掲載の商品だけの成果になります。そのため、「サイト全体ではいくら稼いでいるか」というと、月に20万円ほどの利益となっています。

当然、サイトは放置でも収益が伸びていくことになるため、現在でも収益額が増えている資産サイトになります。

月1万PVもないスモールサイトですが、このように正しい方法でサイトやブログを構築すれば、1年ちょっとで問題なく成果を出せるようになります。

どれだけ成果を出している人であっても、実際のサイトを公開し、そのアクセス数や収益額を含め、実際のところどうなのかを公表している人はほぼ存在しません。そういう意味では、今回の事例はアフィリエイトを行う上でかなり参考になるのではと思います。

稼げる額はすぐに倍以上になる

なお、アフィリエイトの場合はすぐに成果を倍以上に増やす裏技が存在します。それは、ASPへ特別単価(通称、特単)を依頼するという方法です。

やり方は簡単です。ASPの担当者に「ある程度、件数が取れるようになったので特別単価は出ないの?」とメールを送るだけです。実際、先ほどのMR転職サイトも特別単価を出してもらっています。

月6件ほど成約するようになったため、特別単価の交渉メールを出した結果、以下のように交渉成功となったわけです。

その結果、あるときを境にして一件7,200円から14,000円へと報酬が跳ね上がるようになりました。

このように、アフィリエイトである程度の件数を稼げば、あるときに収益が倍になるのは普通です。基本的には、特別単価によってそれまでの報酬が2~3倍になるのは普通だと考えてください。広告によっては、報酬額が一気に6倍以上になることもあるほどです。

件数が取れるようになれば、すぐに特単交渉するのがコツです。

10万円を稼げれば、100万円の収入は簡単

ここまで述べたような現実があるため、アフィリエイトで月10万円を稼ぐことができれば、実は月100万円はそこまで難しくありません。

まず、月10万円を稼げるようになったのであれば、特別単価の交渉をした時点で収入は2~3倍になります。低く見積もって倍だとしても、一瞬にして月20万円になります。

さらにここへ記事を追加していけば、結果的にアクセスは増え続けるようになります。アクセスが伸び続けた実際の事例を先ほど図示しましたが、まさにあのようにアクセスが伸び続けるようになるのです。

それに伴い、稼げるサイトへと成長していきます。成約件数を取れれば、より高額の特別単価を出してもらえるようになりますし、大きく稼げるようになるまで加速度的に成長していきます。その結果、簡単に月100万円を突破するようになるのです。

実際のところ、アフィリエイトでは月5万円や月10万円を稼ぐのが最も難しいと考えてください。ただ、この壁を突破できれば後はそこまで難しくないのです。

結果が出で成功する前にあきらめると成果はゼロ

どれくらいで稼げるのかというと、このように1年の期間は見なければいけないと考えましょう。ただ、ある程度の長期的スパンで考えてコツコツと実践していけば、問題なくアフィリエイトで不労所得を構築できるようになります。

しかし、こうした現実を知らないため多くの人は「やっぱりアフィリエイトは稼げない」と考えて挫折していきます。成功までに時間がかかることを知らないため、結果としてアフィリエイトから撤退していくのです。

アフィリエイトでうまくいかない人は以下の2パターンがあります。

  • そもそも行動しない(記事を書かない)
  • 50記事など、それなりに行動しているのに途中で諦める

そもそも行動しない人は論外にしても、成功する前に挫折して諦める人もいます。文章力はほぼ完ぺきであり、既に半年ほどかけて50記事ほど書いており、あとはそれを継続するだけで成功者の仲間入りを果たします。

それにも関わらず、途中でサイト・ブログ作成を放り出して諦める人は一定数の割合でいます。しかも、私がこれまでいろんな人を指導した経験からいうと、それまで頑張って行動していた人のうち2~3割は途中でアフィリエイトを諦めるようになります。

理由は不明です。何か別のビジネスに興味をもったのか、それとも突然の体調不良に陥ったのか分かりません。ただ、残念ながら諦める人は一定数いるのです。

そのため、粘り強く諦めない精神力が必要になります。結果が出るまで1年間以上はかかりますが、この事実を認識したうえでアフィリエイトというネットビジネスに集中し、継続し続けるようにしましょう。そうすれば、ネットビジネスでの成功者になれます。月100万円を突破し、トップ0.1%の中に入れるようになるのです。

作業時間を取り、有益な情報を発信するべき

ただ、ここで「何でもいいから1年間、努力すれば成功できる」と勘違いしてはいけません。結果が出るとはいっても、それなりの作業時間を取って有益な記事を作った場合に限ります。

当然、月1記事のペースであると、成功には5年以上の年月が必要になります。できれば週2記事のペースがいいです。どれだけ遅くても、週1記事以上はアップする必要があります。

ネットビジネスに費やす時間を取り、例えば週2記事を仕上げるのであれば、1年では100記事以上になります。2年では200記事以上になり、それなりのボリュームのサイトになります。ここまでになれば、かなりの巨大サイトです。

ビジネスであるため、どれだけ作業時間を取って努力できるのかによってその後の収益額が違ってくるのです。

サイトテーマから、将来の収益額を予測する

ちなみに、どのようなサイト・ブログを構築するのかによって、将来そのサイトがいくら稼げるようになるのかが大きく変わってくるようになります。

例として、ここでは転職サイトの構築を考えます。転職サイトを作るとき、収入額はジャンルテーマの切り方で違ってくるのです。このとき、以下のような感じになります。

  • 研究職の転職サイト:収益額は小さい
  • 人事の転職サイト:収益額は大きくなる
  • 営業職の転職サイト:あり得ないほど儲かる
  • 介護職の転職:あり得ないほど儲かる
  • 看護師の転職:あり得ないほど儲かる

これを図に表すと、以下のようになります。

研究職は全体の転職対象者人数から比べると非常に少ないです。あなたが研究者でない限り、実際のところ周囲に研究者の知り合いがいるのは稀です。また、転職サイトに登録させたときの単価は普通です。

一方で人事の人であると、研究職の人よりも人数が多くなります。転職サイトに登録させたときの単価は「研究職の人を転職サイトに登録させたとき」と変わりませんが、人数が多い分だけサイトから得られる将来の報酬額は大きくなります。

これが営業となると、さらに人数が多くなります。営業の人など腐るほどいるため、非常に大規模なサイトになって多くの人を成約させることができます。

一方で介護職であると、人数は少なくなります。ただ、介護職専門の転職サイトが存在し、一件の成約単価が非常に高くなります。そのため、かなり稼げるようになります。

これは看護師も同様です。介護職の人数よりも少なくなりますが、看護師は一件の成約で2万円以上の単価になります。そのため、かなり稼ぐことができます。

スモールサイトでのネットビジネスは結果が出やすい

ただ、このように言うと「研究職の転職サイトはダメなのか」と考える人が現れます。しかし、そうではありません。こうした小さいサイトであると、結果が出やすいからです。

看護師や介護職の転職サイトでは、既に儲かることが分かっているのでライバルが非常に多いです。実際、いまさら看護師の転職サイトを構築しても稼ぐのはほぼ無理なほど難易度が高いです。

一方で研究職や人事の転職サイトのように、そこまで市場が大きくないサイトでない場合だとライバル不在になります。ライバルサイトが非常に少ないため、わりと簡単にアクセスが集まり、結果が出るまでの期間は短くなります。

実際、先ほど示したMRの転職サイトがまさにスモールサイト(市場が小さいサイト)の典型例になります。このサイトが将来、月100万円を突破するのは無理です。うまくいっても、月50万円くらいです。しかし、それでも問題ありません。ライバルのいないジャンルであり、今後もずっと稼ぎ続けてくれる可能性が非常に高いので、これはこれでアリなのではと私は考えています。

参入ジャンルによって、将来いくら稼げるのかの額は異なります。ただ、アフィリエイトではスモールサイトになるほどライバルが少なくなり、結果が出やすいです。

一方で看護師転職サイトのように月500万円以上を普通に稼げるジャンルであると、ライバルが非常に多く結果が出るまで時間がかかるようになります。

成果が出るまでどれだけの期間になるのかは参入ジャンルで異なりますし、稼げる額もジャンルによってバラバラなのです。

アフィリエイトで稼げるようになる期間と収益額を理解する

ここでは、実際にネットビジネスを開始してサイトやブログを構築したとき、いくらの期間を頑張れば成功するのかについて解説しました。また、実際のところどれだけの収入を得られるのかについても、実際の生データを活用して示しました。

ウソ偽りのないデータを提示したわけですが、ここに示した情報がアフィリエイトでの真実になります。半年ほどで稼げることはありませんし、結果が出るまでそれなりの期間が必要になるのです。

こうした事実を知らないため、アフィリエイトを実践したときに実際に稼げる人の割合は少ないです。95%の人が月5,000円を稼げないのは、こうした事実を知らずに参入し、半年ほどで「やっぱりアフィリエイトは稼げない」と考えて撤退するからなのです。

そこで、諦めずに稼げるまで続けることが最も重要な成功のコツとなります。参入ジャンルによって結果の出やすさや将来の収益額は異なりますが、こうしたことを理解したうえでネットビジネスを進めていくようにしましょう。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認