私が推奨するビジネスはインターネットを使ったビジネスです。しかし、ネット上だけで小さく完結して欲しくはないと思います。リアルビジネスで行われていることも組み合わせ、ビジネスを加速させてください。

その中でも、私が絶対に行ってほしいものに「セミナー」と「出版」があります。ただ、出版はハードルが高いため、それよりも敷居の低いセミナーに着目していこうと思います。

なぜセミナー講師なのか

稼げる人はほぼ例外なく全員セミナー講師を行なっています。中には、セミナー業だけで食べていっている人もいます。それでは、なぜセミナーが重要なのでしょうか。その1つの答えは「ブランド」にあります。

例えば、経営コンサルタント(ビジネスの方法を企業へ教えることで稼いでいる人)の中で、次のような方がいるとします。

・単に自分の商品(コンサルサービス)を売っている人

・全国で精力的にセミナーをこなし、多くの人から「先生」と呼ばれている人

私であれば、倍以上値段が違っていたとしても後者にコンサルを頼みます。得体の知れない人にお金を払うよりは、既に何人ものクライアントを抱えてセミナー活動を行っている人にサービスを頼みます。実績があるため、こちらとしては安心できます。

セミナーを開催して人が集まるということは、それだけ他人から信頼されているということでもあります。人はそこまで暇ではないため、たとえ無料セミナーであっても、貴重な時間を使ってわざわざセミナーを聞きに出かけたりはしません。

そのため、セミナー講師は「他人から信頼されている」という証でもあるのです。

もちろん、セミナー講師をした後に何も対策をしないのはダメです。講師をした後は、ソーシャルメディアやサイトなどにその時の様子を載せなければいけません。一番いいのは、あなたが演台に立って話している姿を写真で撮ってもらうことです。この時の写真は大きな財産になります。

・他のセミナーを開くとき

・何か商品を売りたいとき

・自己PR文を書くとき

このような場面で、あなたがセミナーをしている時の写真を添えるだけで大きな価値を生み出すようになります。セミナーを行っているというブランドを作れるため、その後の大きな資産を築くことができるのです。

士業の方もセミナーを行っている

行政書士や司法書士などの士業の方では、稼げる人であるほど週末になるといつもセミナーを開催します。この理由は簡単です。セミナーを開けば、かなり濃い見込み客が目の前に現れるからです。

このとき開催するセミナーは無料でも問題ありません。無料セミナーを開き、セミナー後に個別コンサルへと誘導するのです。

つまり、一軒ずつ訪問して「仕事をください」と頼まなくても済みます。それどころか、先生として見てもらいながら仕事を獲得できることにセミナーの凄いところがあります。要は、「フロントエンド(無料セミナー) →  バックエンド(個別コンサル)」という流れがスムーズに出来上がるのです。

これは士業に限らず、株式投資や保険の見直しに関するセミナーも同様です。これらの業界では頻繁に無料でセミナーが開かれています。

無料とは言っても、わざわざ会場に足を運んでくれた見込み客をタダで帰すわけにはいきません。無料セミナーが終わった後、100%バックエンド販売(高額商品の売り込み)が行われます。そうしなければ、ビジネスは成り立ちません。

ただ、この時はセミナー後なので「先生、ぜひともお願いします」と言ってもらいやすくなります。そのため、商品が簡単に売れてしまいます。押し売りしても売れない商品であっても、セミナーでは売れてしまうのです。

このように、商品販売を行うための前段階としてセミナーを活用している人は多いです。

資格なしでもセミナーを行っているだけで「先生」と呼ばれます。このようなブランド化が可能なセミナー講師は、ビジネスを行う上で必須とも言えます。このような事実があるため、セミナーを有効活用できる人ほど稼げます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認