日本語しか話せない状態で海外へ行っても、ボディランゲージだけで何とか話を通すことも可能です。それだけ、体を使って表現ができるのです。体は言語でもあるため、これを有効に活用することで相手にメッセージを送ることができます。

そこで、ボディランゲージをプレゼンテーションで活用します。プレゼンを行うとき、単調に話していては内容に起伏が生まれにくいです。そこで、体全体を使ったボディランゲージを駆使することにより、効果的に聴衆へ伝えることが可能になります。

視覚と聴覚に向けて話を行う

メラビアンの法則という、有名な原則があります。この法則によると、相手の印象に与える要素は次のようであったと報告されています。

・言語情報(話の内容):5%

・聴覚情報(口調や声のトーンなど):38%

・視覚情報(見た目など):55%

つまり、話の内容そのものというよりも、話し手の口調や見た目などが重要な要素を占めるというものです。「人は見た目が9割」というベストセラー本が存在しますが、これは聴覚や視覚から得られる情報によって左右されることを意味します。

どれだけ良い発言をしたとしても、見た目がだらしなければ話の内容自体も薄っぺらく思えてしまいます。また、声が小さければ、それだけで印象が悪くなります。だからこそ、視覚と聴覚に対して適切に訴えなければいけません。

特に「視覚」に関しては、プレゼン方法によって簡単に改善できます。最も簡単な方法として、「話の内容を体を使って表現する」というものがあります。

例えば、「今回は1つのポイントを示します」と伝えるとき、人差し指を立てて聴衆に示します。他にも、「私は心の中で『ヨシッ』と思いました」と言うとき、ガッツポーズをします。

わずかな工夫ですが、このようなちょっとしたジェスチャーを加えるだけでも、何もボディランゲージを行わないプレゼンに比べて聞き手に大きなインパクトを残せます。

これと同じように、聴覚情報も重要です。声が小さいプレゼンは聞き取りにくく、印象が悪いです。そこで、大きな声で話すことが重要です。また、男女共に落ち着きのある低めの声で話すことをお勧めします。高い声は信頼性のないように聞こえてしまうからです。

また、ストーリーを語るとき、話のスピードや声のトーンを変えることは有効です。口調を変えることで、聴衆は物語の中に引き込まれやすくなるからです。

プレゼンは感情に訴える

ボディランゲージが重要であると伝えると、無意味にジェスチャーをする人が表れます。その結果、不自然なプレゼンになってしまいます。私たちは役者ではありません。そのため、変に体で表現しようとすると、よく分からないプレゼンになってしまいます。

プレゼンの上手な人の中には、かなりオーバーリアクションをしている人がいることも事実です。しかし、それを私たち素人が真似しても同じようには表現できません。

ボディランゲージはプレゼンに必須ですが、意味なくジェスチャーしてはいけません。必要な場所で使うからこそ効果的なのです。そこで、ボディランゲージを活用する場合は「感情」を意識してください。

劇的な成功を収めてうれしかったとき、また仲間に裏切られて大きな悲しみを負ったときなど、どのような気持ちだったでしょうか。あなたの実体験を語るとき、そのときに感じたありのままの感情を表現するのです。すると、どのようなジェスチャーを行い、どのような口調で話せば良いか自然に理解できるはずです。

このように考えると、体を使って表現するのは難しくないはずです。あなたが思ったままに体を動かし、声のトーンを変えれば良いからです。

ストーリーを語るとき、単調に話してはいけません。ここにあなたの感情を入れることができれば、聴衆を動かせるようになるはずです。実体験を話す場合であれば、多少のオーバーリアクションを交えた方が聞き手に大きな感動をもたらしてくれます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録