ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ライバル不在で一人勝ちするための「ズラし」のテクニック

 

最初からビジネスを組み立てようとする時、多くの人はどのようにしてお金を生み出せばよいか見当もつかないと思います。そこで、資格取得に挑戦したり、ビジネス塾に入って学ぼうとします。

 

しかし、多くの人は学んだスキルを上手く活かしきれてないために稼ぐことができません。そもそも、「ズラす」という思考ができていません。

 

 「ズラす」とはどういう事か
副業でも何でも良いですが、お金を稼ぐためにビジネス塾に入るとします。例えば、「株」で儲けるための塾に入ります。ネットビジネスで王道となるアフィリエイトの塾でも良いです。高額なお金を払って塾に入り、そこでノウハウを勉強します。

 

ただし、ここで多くの人は教えてもらった事をそのまま実行しようとします。株を教えてもらったら、株で儲けようとします。アフィリエイトのノウハウを教えてもらったら、アフィリエイトで稼ごうとします。そのため、稼ぐことができません。

 

講師のノウハウを実行するとなると、経験や実績がゼロの状態からスタートすることになります。要は、講師と勝負することになります。底辺からスタートして講師とパイの奪い合いを行う必要があるため、どれだけ厳しい勝負となるか分かると思います。

 

講師をはじめとして、その分野には頂点に君臨する人が既に存在しています。最初からスタートしてトップの人たちに勝てる自信と根拠があるなら良いですが、そうでない人がほとんどだと思います。

 

そのため、教えた事をそのまま実行するのではなく、ここで考え方をズラします。つまり、「あなたの知識は凄い!」と思ってくれる分野で勝負を行うという事です。これが、ズラすという意味です。もっと簡単に言えば、勝負する分野を変えて初心者を相手にするという事です。

 

その分野で圧倒的な実績を持つ人がたくさんいる中で勝負するからダメな訳です。天才たちと勝負をしても勝てません。天才たちが周りにいるのであれば、その分野から抜け出して他の市場を狙わなければいけません。

 

例えば、私は薬学系サイトを運営しています。私は薬剤師ですが、私よりも薬について詳しい人はいくらでもいます。そのため、これらの人と勝負をしても無意味です。

 

そこで対象を変えます。私のサイトは学生やその他医療関係者など、「これから薬について学び、専門性を付けたい人達」が対象となります。つまり、初心者を相手にしています。この分野は誰も行ってなく、私のような薬学知識でも十分に勝負することができます。

 

これは、私のビジネス系サイトでも同じです。コンセプトはポータルサイトビジネスになりますが、ここで「アフィリエイトの稼ぎ方を教えます」と言ってもダメな訳です。

 

アフィリエイトでは既に圧倒的な実績をもつ人がたくさんいるため、競合ひしめくレッドオーシャンです。そこで、私しか提唱していないポータルサイトビジネスを立ち上げた瞬間にトップになることができるのです。

 

さらに、サイト運営はネットビジネスの基本となるため、あらゆる企業に対してコンサルを行うことができます。サイトをマスターすれば簡単に経営コンサルタントになれます。

 

このように、考え方をズラします。私は天才たちと勝負をしていません。そうではなく、これまで学んだ事をズラして自分オリジナルの分野で勝負を行なっています。

 

 自分のブランドを作るには
前述の通り、ビジネス塾に入ってそのまま実践し、講師と同じ分野で張り合っているから多くの人は稼げません。

 

講師が教える分野は数あるビジネスモデルの中の1つに過ぎません。しかし、日本中を見渡せば何千ものビジネスがそこら辺に転がっていますそこにビジネス塾などで習った要素を組み込めば、自分独自のオリジナル分野を創出することができます。

 

競合が乱立する狭い分野で勝負するのではなく、そこから一歩踏み出すだけで完全なるライバル不在の状況になります。私が稼げる理由がここにあります。そもそも、私はライバルがたくさんいる分野で勝負をしていないのです。

 

ちなみに、私はポータルサイトビジネスを推奨していますが、この方法であればあらゆる分野で応用することができます。これまでの経験や知識を使い、あなたオリジナルの分野を作り出すことができます。

 

「薬学」という分野で勝負すれば、私と勝負することになるので微妙です。しかし、ビジネスモデルはいくらでもあるため、あなたの知識や経験を元にしてポータルサイトを運営すれば完全なる自分独自の分野になります。

 

私は「この分野で勝負してください」のような事は一切言っていませんが、これにはきちんとした理由がある訳です。ポータルサイトという外枠は同じでも、その中身が異なれば完全なるオリジナルです。

 

これを踏まえた上で、初心者を相手にします。講師から教えてもらった分野をそのまま行えば競合だらけの底辺からスタートしますが、初心者しかいない分野を見つければその瞬間に圧倒的な知識をもった神様として扱われます。

 

別に情報弱者を相手にするのではありません。ビジネスにおいて、知識の少ない人を相手にするのは基本です。医者や弁護士、経営コンサルタントがなぜ高額なお金をもらえるかと言うと、知識のない人にアドバイスをして助けることができるからです。

 

医者は病気の治し方を教え、弁護士は法律に関してアドバイスを行います。経営コンサルタントは金の稼ぎ方を伝授します。私であれば、薬学を教える対象を初心者にしました。ビジネス系サイトも同じように初心者が相手です。

 

これと同じように、馬鹿正直に勝負を挑むのではなくで「ズラす」という事を意識してください。これが初心者が圧倒的な結果を出すための一番の近道になります。

ライバル不在で一人勝ちするための「ズラし」のテクニック

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

ネットビジネスはアフィリエイトが全てではない
ビジネスでは自分が行わない事を選ぶ作業でもある
FAXDMの活用方法
ネットで売れる商品と売れない商品
ビジネスではアイディアは必要ない
将来、何十年にも渡って稼ぎ続けるには
新規顧客は必要ない:顧客リストの重要性
残業するなど、アイディアに時間をかけるほど発想力が弱くなる
リアルビジネスでの付加価値により、最短で現金を生み出す思考法とは
わずかな工夫によってリピート率を大幅に改善する
コアをなくすことで逃げられなくする
ハブを考えて売上を10倍にする方法
無料セミナーから学ぶ本物の営業手法
最強の参入障壁とは何か
会社(組織)によって優秀社員の定義が違う
値下げを行うと倒産への一歩を踏み出す
ニーズとウォンツの違い
ドミナント戦略:同じ地域に多店舗出店する理由
ノウハウではなく、「誰と組むか」がビジネスで最も重要
ゼロベースの人がビジネスを始めるに当たって考えるべき事
インターネットを使い、「販売」と「集客」を融合させるには
ビジネスでシナジー効果を生み出すジョイント思考
相手のメリットを提示してビジネスを加速させる
専門家になれば、あらゆるビジネス分野で勝負できる
高校生でも出来るリスト構築法により、ビジネスを加速させる
誰でもビジネスで稼ぐチャンスがある
広告は短期間に出すと成果が高くなる
資格は必要ない:成果報酬で稼ぐ本物のビジネス
良質の客だけを引き寄せるビジネス手法
ネットビジネスの基本はメルマガではない
パレートの法則を知る:稼ぐために必要な絶対的な思考とは
お金をドブに捨てることができるか:正しい失敗をする
同じ顧客から何回も売上を上げる(リピートさせる)
商品を爆発的に売る手法
「高価格で高付加価値の商品」を欲しがるお客様は必ず存在する
お客様に喜ばれながら電話営業を行う方法