ネットビジネスにもせどりや輸入転売、SEOと多くの種類があります。その中でも、ネットビジネスと言えばアフィリエイトが最も有名です。

ただし、ネットビジネスはアフィリエイトが全てとは思わないで下さい。世の中には多くの販売手法があります。

多くの売り方がある

ネットビジネスではインターネットによる集客や販売に目が行きがちになります。しかし、アフィリエイトなどネット販売だけが全てではありません。

世の中には多くの販売手法があり、これらの性質を理解した上でインターネットを活用するのであれば問題ないです。しかし、ネットビジネスをしているからと言って、ネット販売だけにこだわっていてはいけません。

確かにネットビジネスはあらゆる業界の中でも最高レベルに稼げます。利益率が異常に高いですし、金銭的リスクも少ないです。

しかも、集客から販売、納品までを全て自動化することができます。このような意味で言えば、ネットビジネスは最強です。

ただし、それでも限界はあります。例えば、ネットだけで10万円を越えるような商品を売るのはとても難しいです。

それではどうしなければいけないかと言うと、ネットとリアルでの営業を組み合わせる必要があります。ネットビジネスをしている人は、どちらかと言うとネットだけで完結しようとします。これではまずいのです。

それに対し、リアルビジネスをしている人はネットに疎いです。そこで、ネットとリアルで行われる販売手法を組み合わせることで最強の販売手法を構築することができます。

例えば、「集客は24時間365日働いてくれるインターネットに行ってもらい、商品販売はクロージング力の高い電話営業や対面販売を行う」などがあります。むしろ、高額商品はこのようにしなければなかなか売れません。

例えば、お客様へのアプローチ方法や販売手法としては次のようなものがあります。

インターネット メール DM
FAXDM 電話営業 紹介
セミナ 法人営業 対面営業

たとえネットビジネスといっても、これらの手法を組み合わすことができれば最強のビジネスモデルが出来上がります。

ネットだけがすべてではない

ネットだけで完結していると、全てが丸裸の状態です。少し知識のある人が見ると、サイト上に載せられている情報やメルマガの内容を読み解くことでそのビジネスモデルが分かってしまいます。

しかし、電話営業を含めてリアルの世界と組み合わせることで、その会社の内部がブラックボックス化します。ネット上に情報が出ないため、誰も真似することができません。これをいわゆるノウハウと呼びます。

例えば、お客様の頭の中を調べるためにリサーチを行う場合、必ず電話相談やコンサルティングなどの作業が伴います。これを行わなければ、良い商品や特典を作ることができません。

また、企業とコンサルティング契約を結ぶ時にメールだけのやり取りで完結することはまずありません。対面での話し合いや電話でのやり取りが必ず発生するようになります。

つまり、「たとえネットビジネスを行っている」とは言っても、本当に稼ぎたいのであればリアルビジネスで行っているような基本的スキルも必要になります。

サイト運営では営業力は必要ない

ただし、もの凄い営業成績を出しているようなスキルがないといけないかと言うと、必ずしもそうではありません。

私はもともと薬剤師ですし、営業経験はありません。確かに電話対応などの基本的なスキルは身につけていますが、どれも世間一般的なレベルです。それでも、ビジネスの基本さえ理解していれば稼ぐことができます。

要は、ネットビジネスと言っても「より稼ぎたいのであればインターネットだけで完結するのではなく、リアルビジネスで当たり前のように行われている手法も取り入れなければいけない」という事になります。

そもそも、世の中にあるビジネスの99%以上がリアルビジネスです。これを理解した上で、なぜこれだけインターネットが発達している中でもリアルビジネスを行っている人がほとんどなのかを考える必要があります。

この本質を理解してネットビジネスに活かすことができれば、あなたが行っているビジネスを飛躍的に加速させることができます。

また、その逆にリアルビジネスを行っている人がインターネットの要素を取り入れることによっても売上を上げることは簡単にできます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認