ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

選択肢が多くなると人は買わなくなる

 

商品が売れていって上手く軌道に乗ると、多くの人は様々な商品を作ろうとします。例えばアイスクリーム屋やケーキ屋を行うにしても、たくさんの種類に手を出そうとします。

 

このようにすると、大抵は失敗します。種類が多いと人間は選ばなくなります。選ばないと言うことは、つまり「商品を買わない」という行動につながります。

 

その結果、売上が下がっていきます。経営者はこの理由が分からずうろたえて、「お客様のニーズを満たす商品がないからだ」と考えてまた商品の種類を増やします。そして、また売上が下がって最終的には潰れていきます。

 

 商品の種類は少ない方が良い
心理学と言っても、実はそこまで難しい学問ではありません。ごく当たり前の事を言っている学問であり、これは自分自身の生活を思い返せば答えが見えてきます。

 

例えば、家のテーブルが古いので買い替えたいとします。そこで店に行きますが、多くの種類のテーブルがあります。その中で、どのテーブルを選べば良いのか基準が分からないはずです。

 

大きさも違えば色も違います。値段も大きく異なります。一体何が違うのか分かりません。店員さんでもいれば良いですが、店員がいなければ聞くこともできません。

 

その結果、多くの人はどうするかと言うと「買わない」という行動に走ります。商品が多すぎて何を選べば良いのか分からないため、「商品を買う」という事を行わないのです。

 

それでは、もし2種類しかなかったらどうでしょうか。例えば、次のような説明書きがされていたとします。

 

A:シンプルなデザインだが、何十年も長持ちするファミリー向けテーブル

 

B:少し高いが、高級感溢れる質感のシニア向けテーブル

 

このように種類を少なくして商品コンセプトを出すことで、お客様は迷わずにテーブルを選んでくれます。つまり、商品を購入してくれます。

 

重要なのは、「できるだけお客様の頭で考えさせない」ということです。

 

人は自分の頭で判断するのを嫌います。そのため、できるだけ簡単な選択肢の方が好まれます。そして、この考えはどのビジネスでも応用できます。

 

某牛丼チェーンは牛丼しか出しません。しかし、これで良いのです。ここにカレーやラーメンまで出し始めると、話がおかしなことになってきます。どのメニューが良いかお客様が決めないといけないため、お客様の足が次第に遠のいていきます。

 

ちなみに、定食屋の人気メニューが「日替り定食」である理由はここにあります。新規客であればメニューの中から食事を選ぶかもしれませんが、何回もリピートする人は選ぶのが面倒になって日替り定食になります。

 

 どのビジネスでも種類は少ないほうが良い
サイト内で商品を売っている企業も多いですが、多くの企業はトップページに多くの商品を並べています。これでは売れるわけがありません。それだけたくさん商品があれば、サイトを訪れたお客様は何を選べば良いのか分からなくなってしまいます。

 

そこで、メッセージを少なくする必要があります。基本的には一つのメッセージにします。

 

つまり「このサイトではあれもこれも売っています」といろんな商品をアピールするのではありません。「このサイトに訪れた際は、ぜひこの商品一つだけで良いので購入してください」と見せなければいけません。

 

ネットを使って商品販売を行う場合、「ワンサイト、ワンメッセージ」という言葉があります。つまり、一つのサイトでの目的を一つにしなければいけません。

 

その目的がある特定の商品を買わせることかもしれませんし、資料請求をさせることかもしれません。お試しセットを購入させることかもしれません。いずれにしても、メッセージを絞るほど反応率が高まります。

 

この時にメッセージが2つや3つであると、お客様は「どちらの商品を買おうか」と迷ってしまいます。これより種類が多くなると、より最悪です。基本的にお客様を迷わしてはいけません。お客様を迷わせるほど、商品が買われなくなります。

 

そして、これはリアルビジネスでも同じです。大企業をはじめとして名前が知られている企業が出す広告は別として、ネームバリューも信頼もない中小企業が出す広告はどれも「この商品を注文してください」と一つのメッセージしかないことが分かります。

 

たまに聞いたこともない企業なのに一つの広告でいくつも商品を紹介している場合もありますが、それはビジネスの本質を理解していない悪い例なので真似しないでください。

 

何度も言いますが、商品の種類は少ないほど良いです。なぜなら、お客様が迷うことなく商品を選んでくれるからです。たとえ種類が多かったとしても、お客様への見せ方を工夫しなければいけません。

 

牛丼屋では牛丼しか出してはいけません。牛丼屋でカレーやラーメンが出始めると、お客様が離れていきます。

 

また、ケーキ屋を開くにしてもあらゆる種類を集めてはいけません。それよりも、ケーキの中でも一つの分野に特化し、さらに「これっ!!」という目玉商品を作った方が成功します。これを理解してビジネス展開しないといけません。

 

多くの人は少し成功すると、種類を増やそうとします。その結果、倒産への一歩を踏み出し始めるのです。

 

そして前述の通り、これがネットになるとより顕著になります。ネットでは一つのサイトで一つの商品が基本です。もし二つの商品を並べて、「お好きな方をどうぞ」と提示されれば買わない人が激増してしまいます。

 

そのため、いくらたくさんの商品を扱っていたとしても、グッと我慢して一つの商品だけを全面に推し進めなければいけません。

 

ビジネスでは他の人が行うことと逆の事をしなければいけません。多くの人は「お客様のニーズに答えよう」と考えて商品の種類を増やします。この考えが間違いなのですが、この気持ちを抑える必要があるのです。

 

メッセージはできるだけ少なくし、種類を増やすのではなくて「いかに少ない種類の中で目玉商品を押し出すことができるか」を考えるビジネスが正解です。

選択肢が多くなると人は買わなくなる

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理