人は類似点があると好感を持ちやすくなります。敏腕の営業が初対面の人と話すときに必ず共通点を見つけようとするには理由があり、それは何とかして「あなたと私は同じですよ」という事を印象付けさせることにあります。

このように、相手との共通点を何とかして探すことで好感を得ようとするのは「好意の原理」において基本となります。

そして、これは「相手の真似をすること」にも当てはまります。

真似をすることで好感を得る

「相手の真似をする」とは言っても、当然ですが相手を馬鹿にしたような真似をするのではありません。自然な形で真似をします。

例えば、アメリカなどの欧米諸国ではチップの習慣があります。ウェイターは何とかしてチップを多く貰おうとしますが、この時に相手が言ったことをそのまま復唱するだけで支払われるチップが70%も多くなることが分かっています。

レストランで注文を受けるとき、「はい」とだけ言う人が多いです。この時、好感を上げるためには、「相手が言ったことをその場で一字一句同じように言い返す」だけで良いです。相手の言葉を言い換えるのではなく、そのまま言い返すのです。

ここには「好意の原理」が大きく働いています。

前述のとおり、人は自分と似た人を好む傾向があります。これは生まれ持った人間の性質です。そのため、相手が行ったことを忠実に再現するだけで好感を得ることができます。今回の場合、それが「相手の言った事をそのままオウム返しにする」ことに当たります。

好感を得る電話対応を行うためには

このように考えれば、電話対応の時にどのような返答をすれば良いか分かると思います。それは、「はい」と返事することや相手の言い換えをするのではなく、相手が言った事をそのまま繰り返せば良いだけです。

私が会社の従業員だった頃も全く同じようにしていました。

薬剤師として私は働いていましたが、そこで多くの電話をとります。その時に、相手が言った事を忠実に再現して繰り返していました。

特にクレームの時には今回の「真似によって好感を得る方法」は最大限の威力を発揮します。ただうなずいているだけでは不十分ですが、何度も相手の言うことを繰り返している内に勝手に落ち着いてくれます。

ただし、当然ながら正確に応えるために疑問点があれば聞き返しますし、ただ単に相槌を打つだけの時もあります。こればかりは臨機応変にしなければいけません。

この時に一番多用していたのが「相手が言った事をそのまま繰り返す」というテクニックだったという事です。

模倣は説得のテクニックとして基本であり、相手に不愉快な思いをさせることなく、これだけ簡単に好感を得られる方法はありません。

なお、このように真似をすることで好感を得るのは「言葉による模倣」だけではありません。例えば、商談の場で相手と同じ姿勢を取ることによっても、好感度アップすることが分かっています。

要は、模倣による好感の原理を理解すれば何にでも応用できるということです。

これを踏まえた上で、ファミレスや飲み屋などの飲食店に行って商品を注文してみてください。大手チェーンであれば、大抵の場合で注文をその場で繰り返してくれます。バイトであっても、同じように注文内容を読み上げます。

これは注文内容の再確認という意味もありますが、その場で繰り返すことによってより好感を持ってもらう意味もあります。こう考えると、多くの企業が気付かれないように策略を練っていることが分かるのではないでしょうか。

なお、今回の話はあらゆる場面で応用できます。営業マンであれば、相手がどのようなメールを送ってくるのか観察してください。改行の位置や文章の終わり方など、人によって独自のクセがあるはずです。それらを完全に真似してみてください。

メールに限らず、電話や商談をするときでも同じです。できるだけ相手をよく観察し、真似するのです。これを人によって使い分ければ、相手はあなたに対して好感を抱きやすくなるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認