ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない

 

営業マンが営業成績を上げるために心理学が必要不可欠となりますが、その中でも営業にとって特に重要となる心理学としてザイオンス効果返応性の法則があります。

 

ザイオンス効果とは、「接触する回数が多いほど好感をもつようになる」という法則です。毎日顔を合わせる人に好意を抱きやすいのは、このような理由があります。

 

営業マンが新しい得意先を開拓するためには、会えば会うほど親しくなるザイオンス効果を利用しなければいけません。

 

そしてもう一つ大切な法則があります。これが、返応性の法則です。返応性は「へんおうせい」や「へんぽうせい」とも呼ばれます。

 

 返応性の法則とは
人は何か与えられると、無意識のうちに「その人に対して返さないといけない」と恩義を感じるようになります。これが、返応性の法則です。

 

私がビジネスを行う上で、最重要視している心理法則がこの返応性の法則です。心理学を学ぶと様々なテクニックを編み出すことができますが、返応性の法則はテクニックではありません。ただ単に「相手に対して与えまくる」という方法です。

 

私はサイト上で多くの情報を公開しています。ほとんどの人はこれが出来ませんが、むしろ私は公開しまくることで質の高いサイトを構築しています。つまり、サイトを訪れてくれた方に対して一方的に情報提供しているのです。

 

また、メルマガ内でも与えまくっています。売り込みばかりするのではなく、有益な情報を与えています。特に薬学系サイトのメルマガが顕著であり、売り込みの要素がほとんどないです。与えることしかしていません。

 

そのため、読者にアンケートを取っても反応率がかなり良いです。たまに、「メルマガを本当に読んでくれているのかな」と思うときもありますが、このようなアンケート企画を行うと毎回安心します。

 

つまり、相手に対して与えまくらなければいけません。そうすることによって、初めて赤の他人があなたのために動いてくれるようになります。

 

親や恋人、親友の頼みでない限り人は動きません。これを動かすためには、相手のメリットを提示するか、先に相手に与えまくるしか方法がありません。

 

全く知らない状態から信頼関係を築くためには、与えることしか考えてはいけません。これはネットビジネスに限らず、あらゆるビジネスでも同じです。営業マンが成績を伸ばす方法も同様です。

 

この方法を取り入れている典型的な企業としてリッツカールトンやディズニーがあります。相手が想像する遥か上の接客をして与えまくることによって、その大きなリターンが返ってくるという戦略を取っています。

 

その結果として、大きな口コミが起こったりリピート客になったりするのです。ここに、返応性の法則の本質が隠されています。

 

 返応性の法則を利用する
ただ、個人や中小企業がこれら大企業のような戦略を取るのは無理です。そのため、ここまでいかないにしても、「どのようにすれば相手が有益だと思ってくれるサービスを提供できるか」を考えることにビジネスの本質があります。

 

個人がネットビジネスを行うとき、私は最初に「放置でも成長し続けてくれるサイト」を立ち上げることを推奨しています。この時に、私は「後のことは考えずに全ての知識を公開してください」とアドバイスします。

 

中には「全部公開しても大丈夫か」と思う人もいますが、問題ありません。全公開の方がより莫大なアクセスを集めることができますし、あなた自身のブランディング化にも繋がります。与えまくることで、ようやく相手はあなたのことを意識し始めるのです。

 

しかも、情報を公開してもほとんどの人はどうせ真似できないです。人によってスタートラインが違うため、真似しようとしても多くの壁が立ちはだかります。

 

例えば、私と同じように「社会的意義の高い専門サイトを構築すれば、多くの人に感謝されながら稼げます」と言ったところで真似できないはずです。そのため、ここでようやくビジネスが発生します。セミナーを開いて直接会う機会を設けても良いですし、個別コンサルを行っても良いです。

 

・どのようなコンセプトで行えば良いか

 

・サイト構築のためのステップ

 

・収益を発生させるポイント

 

これらが分からないはずです。そのため、情報を全て公開した後に分からない人に教えることでビジネス展開していくなど、いくらでも考えることができます。

 

そもそも、公開してすぐに真似されるようなノウハウであれば価値がないです。サイトアフィリエイトではペラページや中身のないサイトを量産する人が大多数ですが、このような事をしているからこれらの人はレベルが低いままなのです。

 

構築すべきは誰からも感謝されるような素晴らしい内容が多く含まれているサイトです。これによって相手に与えまくることができますし、尊敬されて感謝されながら稼ぐことができます。そして、このようなサイトを構築することが最強のSEOです。

 

また、みんなに好かれるサイトを運営することが、返応性の法則を利用した本当のサイトビジネスだと私は考えています。

返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理