ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る

 

人気商品の場合、かなりの時間を待たされることがあります。インターネットで検索すると、たまに「この商品は3ヶ月待ちです」と書かれていることがあります。

 

普通の人であれば、そんなに人気商品なのかと思うことでしょう。しかし、ビジネスを仕掛ける立場になれば、この店の店主が何を考えているのか、その裏を読み解くことができます。そもそも、「なぜ3ヶ月待ちの商品を置いているのか」ということです。

 

 在庫問題による機会損失の発生
不思議ではないでしょうか。本当に3ヶ月待ちの商品なのであれば、大量生産すればいいだけです。大量の注文が入ってうれしい悲鳴をあげているのであれば、大量に作り置きしておけば問題を解決できます。バイトをその分だけたくさん雇えばいいのです。

 

表現は良くありませんが、正社員と違ってバイトは簡単にクビにすることができます。もし商品の需要が落ちていけば、それに伴ってバイトを解雇していけばよいです。

 

お客様にとって、商品はできるだけ早く欲しいものです。3ヶ月も待つのであれば、「やっぱりいいや」と思う人がたくさん出てきます。これが、本当は売れるはずだった商品が売れないという「機会損失」につながります。

 

ビジネスにとって在庫は悪ですが、在庫不足による機会損失も悪です。本当に人気商品なのであれば、大量生産して売りまくろうと考えるのが普通の感覚です。

 

ここまでを踏まえたうえで、なぜ3ヶ月待ちの商品を置いているのでしょうか。もちろん、これには理由があります。

 

 希少性によって店舗を良く見せる
1日の生産数をわずかにし、そこに大量の注文が入るようになれば3ヶ月待ちの商品くらいすぐにできます。ではここで、店舗を訪問したり、サイトを訪れたりしたときに「3ヶ月待ちの商品」という言葉と共に商品が目に飛び込んでくれば、あなたはどのように思うでしょうか。

 

多分、ほとんどの人は「そこまでの人気商品があるのなら、他の商品も良いのだろう」と思うことでしょう。なんだか、その店にある商品が全て良い物であるかのような錯覚に陥ってしまいます。

 

「みんなが3ヶ月待ってでも欲しい商品を置いている」と考えるようになるのです。心理学でいえば、多くの人の行動に引っ張られる「社会的証明の原理」が働いています。

 

つまり、3ヶ月待ちの限定商品は「無理やり人気商品を作る」という戦略で行っているため、特に利益を出さなくても問題ありません。このような人気商品は大量生産をあえて行わず、数を限定しているため、効率が悪く収益という面では良くありません。

 

その代わり、人気商品を見せることで店舗全体の印象を良くし、他の商品を売ることで利益を出せば問題ありません。3ヶ月待ちの商品はその店舗の引き立て役としての役割を担っているということです。

 

だからこそ、何ヶ月も待たなければならない商品に対して、バイトを新たに雇って大量生産したらいけないのです。待たないと手に入らない商品を敢えて作り、これを大々的に宣伝することに大きな意味があるのです。

 

これが、店舗によっては「長い待ち時間を要する商品を置いている理由」です。限定商品を有効活用しているのです。

 

ビジネスは全て共通しています。

 

・ラーメン店がなぜ店を狭くしているのか

 

・ネット店舗はなぜ特典をつけてまで口コミを書かせるのか

 

・なぜ、わざわざ3ヶ月待ちの商品を置いて宣伝しているのか

 

この理由はどれも同じです。人気ラーメン店であっても、店舗面積を大きくすれば客数は激減します。店内を狭くし、そこに行列を作ることに大きな意味があるのです。

 

ネット店舗にしても、良い口コミを集めるほど他の見込み客の目にとまるようになり、商品が売れやすくなります。手法は異なりますが、ビジネスで必要となる考え方は全て同じなのです。

 

このような事であっても、ビジネスで重要な「仕掛ける側の視点」を学べば、完全に読み解くことができるようになるはずです。

3ヶ月待ちの商品を作る本当の意味:製品の期待度を高めて売る

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

「影響力の武器」から学ぶ心理学
固定的動作パターン(高級商品で勝負するためには)
固定的動作パターン(理由をつけて頼むことで行動させる)
コントラストの原理:商品を安く見せる方法
上位商品を出す本当の意味とは:極端の回避性(松竹梅の法則)
選択肢が多くなると人は買わなくなる
先に弱点を見せ、相手から大きな信頼を得る
ポイントを素早く溜めさせ、売上を上げる方法
特典の価値を上げるために
創造的な考えをチーム内に生み出す方法:反対意見を取り入れる
返応性の法則とは:与えられると返さなければいけない
返応性の法則を利用する方法:先に与えて反応率を上げる
自分よりも上のレベルの人と親しくなる唯一の方法
拒否された後に譲歩(ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック)
一貫性の法則:積極的なコミットメント
クロスセルと一貫性の法則
フット・イン・ザ・ドア・テクニック
コレクター精神:欠けていると気になって集めてしまう
「社会的証明の原理」によるメッセージ
社会的証明の原理を利用して人を動かす
ラベリング・テクニック:言葉で人を変える方法
集団的無知による社会的証明の原理
オークションに出品する時の値段設定:安くするか高くするか
名札を付けて鏡を置けば正しい人間になる法則
ザイオンス効果:会う回数が多いほど親しくなる
類似性:似ていると好感を持ちやすくなる
サプライズによって顧客満足度を上げる:キャンディーの価値
真似をすることで好感を得るためには
想像のしやすさが好意の度合いを分ける
バーナム効果:誰でも占い師になれる理由とは
人は権威によって動かされる:機長症候群
権威付けの証明:他の人に説明してもらう
連合の法則:虎の威を借りて自分を良く見せる方法
希少性(限定性)の原理:人を行動させるには
得られる物よりも、失う恐怖の方が大きい:損失回避性
値上げは悪い、失うのは最悪:希少性の原理