workstation-336369_960_720

ソーシャルメディアやSNSを使ってお客様を集めたい場合、「どのような情報をコンテンツ化して発信するか」が極めて重要になります。もしこのとき、適切なコンテンツを提供できていなければ、お客様を集めるどころか、ほとんど反応を得ることができません。

こうした事態を避けるためには、ソーシャルメディアにおける正しいコンテンツの作り方を理解し、それを実行していく必要があります。さらには、ストーリーや例え話を加えることで読者を惹きつける必要があります。そこで、SNS上でコンテンツを提供して集客を行う際の適切な考え方と手法について解説していきます。

多くの人に向けて作られたコンテンツはつまらない

ソーシャルメディアを使って情報発信を行う人によっては、「たくさんの人に響くような内容にしよう」と考え、無難で当たり障りのないコンテンツを発信しようとしてしまいます。これでは残念ながら、お客様を集めることは難しいです。なぜなら、特徴がないものに対して人は興味を示さないからです。

例えば、あなたの自宅にある冷蔵庫が故障し、その修理をしたいと考えていたとします。このとき、次の2つの電器屋が候補にあがった場合、どちらに冷蔵庫修理を依頼したいでしょうか。

①さまざまな電化製品を幅広く扱う電器屋

②冷蔵庫の扱いに特化し、数多くの冷蔵庫修理の実績を持つプロが経営する電器屋

このケースであれば、料金や距離などの条件が違い過ぎない限り、多くの人が「②の電器屋」を選ぶことと思います。このように、際立った特徴がない無難なものには、ほとんどの人が関心を示さないのです。

そもそも、すべてにおいて平均的な人はいません。人によって、考え方や特徴、趣味、嗜好などがそれぞれ異なります。このような事実から考えても、一般大衆に向けたコンテンツを発信するのは避けるべきだといえます。

1人のターゲットだけに響くようなコンテンツを発信する

SNSを使ってコンテンツ提供する場合、自社のビジネスの対象となるお客様を1人だけイメージし、その人だけに響くようなコンテンツを作ることが大切です。これによって、定めた条件にあてはまるお客様を惹き付けられるようになります。

例えば、あなたがダイエット指導をビジネスとして行っていたとします。そして、ソーシャルメディアを使って、お客様を集めようと考えていたと仮定します。

このとき、「ダイエットに何度も失敗している30代女性」をターゲットとして設定した場合には、「30代女性がリバウンドを起こさない痩せ方」「ダイエットに失敗する30代女性が犯してしまう5つのミス」などの情報を発信します。

また、「運動嫌いな50代女性」をターゲットとする場合には、「50代女性が運動せずに無理なく痩せる方法」「50代女性のダイエットに効果的な食事療法」などのコンテンツを提供していきます。

このような形で、1人のお客様の特徴や考え方などを想像し、その人だけに向けた情報を発信していくようにすることで、ターゲットとするお客様の何人かがコンテンツを読んでくれるようになります。そして、対象となるお客様が次第に集まってくるようになります。

このように、ソーシャルメディアを使ってお客様を集めたい場合、一般大衆に向けたコンテンツを作成してはいけません。そのような当たり障りのないコンテンツは、多くの人にとって響かないからです。これでは当然ながら、お客様をほとんど集めることができません。

そこで、たった1人のターゲットを想像し、その人に向けたコンテンツを作るようにします。これによって、特定の人に強く突き刺さるような、面白いコンテンツが仕上げられるようになります。そして、このようなコンテンツをひたすら拡散していくことで、その内容に響くお客様を大量に集められるようになります。

コンテンツにストーリーや例え話を加え、文章を読ませる

さらに、ソーシャルメディアやSNSを使って文字情報を発信する場合、文章の構成が重要になります。このとき、文章の組み立て方がうまくいっていないと、SNS利用者が途中で読むのをやめてしまう恐れがあります。

それではSNS上で文字コンテンツを提供する場合、どのような構成にすれば読んでもらえるのでしょうか。これには、ストーリーの要素を加えたり例え話をうまく活用したりする方法があります。

SNSのコンテンツにストーリーの要素を加える

私たち人間がつい食いついて読んでしまう文章として、ストーリー(物語)があげられます。実際に幼少期の頃は、多くの人が昔話などのいろいろな物語に触れていたと思います。そして、ソーシャルメディアのコンテンツにストーリーの要素を適切に組み込むことで、多くのSNS利用者に読んでもらえるようになります。

例えば、SNS上でダイエットに関するコンテンツを作る場合には、自分がダイエットを実践したときの体験談や得た知識などを、ストーリーの形で語るようにします。具体的な例を示すと、以下のような文章になります。

過去、私には肥満で悩んでいた時期がありました。このときは何とかして痩せたいと思い、食事の量を全体的に大きく減らすことにチャレンジしたときがあります。すると、体重は確かに落ちていったのですが、過度に食事を減らし過ぎたせいか、集中力が持たなくなったり、体がだるくなったりすることが度々ありました。

そこで、肉や魚などのタンパク質をしっかりと摂り、野菜をたくさん食べるようにしました。その一方で、白米などの糖質は引き続き控えるようにしました。すると、体の不調から解放され、以前よりも集中力が続くようになりました。そして、この食事に切り替えた後も、体重は増えることなく減り続けています。

ダイエットでは食事そのものを全体的に減らすよりも、食事の内容に気をつけることが大切です。具体的に言うと、糖質の摂取量は減らしつつ、タンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどは、十分に摂る必要があります。

このようなストーリー性があるコンテンツに仕上げることで、ダイエットに興味があるSNS利用者を惹き付けられるようになります。そして、途中で離脱されることなく文章を読んでもらえるようになります。

このように、ソーシャルメディアで文字情報を発信する場合には、ストーリーの要素を加えることが大切です。そうすることで、多くの人に読まれるコンテンツに仕上げることができます。

例え話や具体例を活用し、読み手に分かりやすくする

SNS上でどれだけ有益な情報を提供しているつもりであっても、それがSNS利用者に伝わらなければ意味がありません。そこで、読み手にとって分かりやすい文章を作成する必要があります。さらに言うと、初心者でも理解できるような構成でコンテンツを仕上げなければなりません。

他人に物事を伝えるのがうまい人は、例え話や具体例を頻繁に活用します。そこで、ソーシャルメディアで文字コンテンツを発信する際には、例え話や具体例を積極的に使うようにします。これを行うことで、多くのSNS利用客にコンテンツを読み続けてもらえるようになります。

例えば、ダイエットでの食生活に関するコンテンツを作ろうとしていたとします。この場合であれば、例え話として「筋肉の材料となるタンパク質を避け、糖質が多い食生活を続けたらどうなるでしょうか?

この場合、体重が減っても筋肉が少ないため、穀物(高糖質)を与えられることで育ったフォアグラと同じように、太りやすくリバウンドしやすい体質になります」といった文章を作成します。

また、「糖質が控えめで、タンパク質が多い食材」の具体例として、鶏のささ身やチーズなどを紹介します。そのほかにも、「ダイエット中に避けた方が良い食材」の具体例として、菓子パンやジュースなどを挙げるようにします。

このような形で、ソーシャルメディアのコンテンツ内に、例え話や具体例を盛り込むことで、多くの人に読まれるコンテンツに改善することができます。これによって、あなたのコンテンツの良い評判が広がり、より多くの人の目に触れるようになることが期待できます。

このように、SNS利用者にコンテンツを読ませたい場合には、ストーリーの要素を組み込むことが大切です。もしくは、例え話や具体例を述べても良いです。こうすることで、より多くの人をコンテンツに惹き付けられるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認