4be832c69e14ac72b530be17d749557c_s

ビジネスを行う上で、ソーシャルメディア(SNS)は非常に有効なツールの一つです。ソーシャルメディアを活用すれば、多くの人に自社の商品やサービスを知らせることができたり、集客につなげたりできるようになります。

ただ、このときは有益な情報を提供することが大前提です。SNS上で売り込みをしても嫌われるだけなので、良い情報を提供するようにしましょう。

このとき、読みやすい文章を心掛けなければいけません。質の高い内容と共に、見た目も意識することで「読みやすい文章」を構築するようにするのです。ここでは、そのために必要なライティング術について解説していきます。

SNSの文章作成では、適度な改行を加えて見やすくする

ソーシャルメディアやSNSを活用する人によっては、長い文章を一切改行せずに投稿しているケースがあります。

趣味でSNSを活用しているのであれば、それでも問題ないかもしれません。しかし、ビジネスとしてソーシャルメディアを活用するのであれば、他の人が読むときのことを考えて、適切な改行を意識する必要があります。

適切な行数で改行する

ソーシャルメディアで文字情報を発信する場合、文章を適度な行数で改行することが重要です。これを怠ってしまうと、文字がぎっしりと集まっていることで、読者に圧迫感を生じさせてしまいます。さらに、読んでいる途中でどこを読んでいるのかが分かりづらくなり、読む気を無くさせてしまいます。

これでは、SNS利用者にコンテンツを読んでもらうことが難しいです。仮に、記事を読み始めてくれたとしても、途中で読むのをやめて離脱されてしまう可能性が高いです。

こうした事態を避けるためには、文章の適度なところで改行していく必要があります。具体的に言うと、基本的には2~3行に一度は文を改行するようにします。そして、内容の関係上やむを得ない場合であっても、4行までにとどめるようにします。このような改行を行うことで、SNS利用者がコンテンツを読んでくれる可能性が高まります。

具体的な改行方法の例

例えば、以下のような文章は、読み手に大きな負担をかけてしまいます。

これからビジネスを始めたい場合、すでに世の中で圧倒的な利益が出ている市場を最初から狙う必要があります。そして、このような市場のことは、レッドオーシャンと呼ばれます。ただし、レッドオーシャンの市場で競合と同じ攻め方でビジネスを行っても、当然ながら勝つことはできません。そこで、レッドオーシャンの市場に参入しつつも、ライバルがやっていないことで勝負する必要があります。要するに、競合他社が行っているビジネスの内容自体は同じであるものの、異なる見せ方でビジネスを行うようにするのです。このような方法で勝負をすることにより、既に多数の競合が存在するレッドオーシャンであっても、ビジネスを進めていくことができます。さらに言えば、ライバル不在の状態ができ、自社だけが利益を出し続けられるようになります。

そこで、上記の文章に適切な改行を加えます。すると、以下のようなコンテンツになります。

これからビジネスを始めたい場合、すでに世の中で圧倒的な利益が出ている市場を最初から狙う必要があります。そして、このような市場のことは、レッドオーシャンと呼ばれます。

ただし、レッドオーシャンの市場で競合と同じ攻め方でビジネスを行っても、当然ながら勝つことはできません。そこで、レッドオーシャンの市場に参入しつつも、ライバルがやっていないことで勝負する必要があります。要するに、競合他社が行っているビジネスの内容自体は同じであるものの、異なる見せ方でビジネスを行うようにするのです。

このような方法で勝負をすることにより、既に多数の競合が存在するレッドオーシャンであっても、ビジネスを進めていくことができます。さらに言えば、ライバル不在の状態ができ、自社だけが利益を出し続けられるようになります。

このような形で文章に改行を加えることで、読みやすさが大きく向上します。具体的に言うと、文字と文字との間に適度に空白ができることで文字の圧迫感が弱められ、読むときに抵抗を感じにくくなります。さらに、「読んでいる途中で読んでいる場所が分からなくなる事態」を避けられるようになります。

このように、SNSで文字のコンテンツを作成する場合には、主に2~3行までで改行するようにすることが重要です。そして、内容の関係上、改行しない方が好ましい場合であっても4行以内に留めることが大切です。このような改行を行うことで、多くの人に読んでもらえるようなコンテンツに仕上げることができるようになります。

SNSのライティングでは、一文の長さと専門用語に注意する

他にも、ソーシャルメディアで分かりやすい文章を書くポイントとして、「一文を短くする」ことと「専門用語の使用を減らす」ことがあげられます。

なぜ、これら2つの要素が重要になるのかについて、さらに掘り下げて解説していきます。

SNSの文章作成では、一文をなるべく短くする

ソーシャルメディアで記事などの文字コンテンツを作成する場合、一つの文をできるだけ短く区切ることが重要です。これによって読みやすさが向上し、結果的にわかりやすい文章に仕上げられます。

例えば、次のような文章は、多くの人にとって「読みづらい上にわかりづらい」と感じさせてしまいます。

ソーシャルメディア(SNS)では、有益な情報をSNS利用者に対して発信していくことが重要であり、これができていなければ、SNSを使って集客につなげることはできませんし、せっかくの努力が無意味になってしまう可能性が高いため、SNSでは人にとってメリットがある情報をひたすら提供していくことが大切です。

極端な例になってしまいましたが、このように適度な部分で文を区切らないと、非常に読みにくい文章になります。そしてこのことが、文章の内容を分かりづらくしてしまい、多くの人から「読みたくない」と思われてしまうのです。こうした事態を避けるためには、一文をなるべく短めにしておく必要があります。

先ほどの例であれば、以下のように適度に文を区切るようにします。

ソーシャルメディア(SNS)では、有益な情報をSNS利用者に対して発信していくことが重要です。これができていなければ、SNSを使って集客につなげることはできません。これでは、せっかくの努力が無意味になってしまう可能性が高いです。そのためSNSでは、人にとってメリットがある情報をひたすら提供していくことが大切です。

このように、同じ内容の文章であっても、文を細かく切ることによって読みやすいものに仕上げられます。これによって、文章の内容が分かりやすくなり、他人に読まれやすいコンテンツになります。

専門用語はできるだけ使わないようにする

世の中に存在する業界の間では、さまざまな専門用語が使われています。このとき、同業者とのやり取りの際には、専門用語を多用したとしても問題ありません。なぜなら、お互いにその専門用語の意味を把握できているからです。

その一方で、業界人でないSNS利用者に対して、専門用語だらけの情報コンテンツを提供すると、一体どうなるでしょうか。この場合、多くの人が「何が書いてあるのか全然わからない」と思われます。その結果、せっかく作ったコンテンツがほとんどの人に読まれなくなってしまいます。

さらにこのとき、SNS利用者によっては、「自分の知識をひけらかしに来たのか」と考えます。そして、誹謗中傷のコメントなどであなたを攻撃してくるかもしれません。もしこのときに、ソーシャルメディアが炎上してしまった場合、ビジネス活動が非常にやりづらくなってしまう恐れがあります。

こうした事態を避けるためには、業界内だけで通じるような専門用語を多用しないように配慮する必要があります。これによって、作成するコンテンツを分かりやすいものに仕上げることができます。

また場合によっては、専門用語を使わざるを得ない場面があるかもしれません。そういった場合には、専門用語の右側にその意味を括弧書きするようにしましょう。例えば、キャッチコピーという言葉に説明を付け加える場合には、「キャッチコピー(消費者の注意を惹き付ける売り文句)」のようにします。

この方法であれば、たとえ専門用語を使ったとしても、SNS利用者に「分かりにくい」と思われずにすみます。そして、多くの人に内容が伝わる「分かりやすい文章」に仕上げることができます。

このように、SNSのライティングでは、できるだけ一文を短く区切ることが大切です。そして、専門用語はなるべく使うのを避けるようにする必要があります。これによって、コンテンツを分かりやすいものに仕上げられ、結果的に多くの人に読んでもらえるようになります。

漢字の使い過ぎを避け、適度にひらがなを加える

さらに、SNS上で文字情報を発信する場合、漢字の出現頻度に注意する必要があります。具体的に言うと、漢字に変換できるところをひたすら漢字にするのではなく、適度にひらがなのまま残しておくことが大切です。

例えば、以下のような文章は、漢字が多すぎだといえます。

私達は、様々な仕事を通して技術を磨いてきた為、色々な作業が出来ます。

このように、漢字の出現頻度が多いと、その分だけ読み手に圧迫感を与えてしまいます。これには、多くの漢字の画数がひらがなよりも多いことが関係しています。

そこで、漢字の使用頻度を減らす必要があります。先ほどの文であれば、以下のように修正します。

私たちは、さまざまな仕事を通して技術を磨いてきたため、いろいろな作業ができます。

このように、漢字の出現頻度を減らすことで、文字の圧迫感がかなり弱まります。そして、文章自体が読みやすくなります。

人によっては、「漢字を使った方が賢くみられるのではないか?」と思うかもしれません。しかし、SNS利用者にとって、情報発信者が賢いかどうかはどうでもいいことです。そして、SNSを使う人の多くは、「情報収集」そのものや「他人との交流」を目的としています。

それにもかかわらず、漢字だらけの読みづらいコンテンツを提供してしまうと、多くの人に「この人(会社)の書く記事は読みづらいから読まないようにしよう」と思われます。その結果、SNS利用者をお客様として集めることができなくなってしまいます。

そのため、SNSを活用して集客を行いたいのであれば、SNS利用者の目線に立って、読みやすいコンテンツを作成する必要があります。

難しい漢字の使用は控える

世の中には、鬱(うつ)や薔薇(ばら)などのように、読み仮名がないと読めない難解な漢字があります。そして、ソーシャルメディアのコンテンツ作成時に、このような難しい漢字をたくさん入れると、読みづらい記事が完成されてしまいます。

この場合、多くのSNS利用者から、「難しい漢字が多くて読みづらいから、読むのをやめておこう」と思われてしまいます。そして、コンテンツを読んでいる途中で離脱されてしまいます。

こうした事態を避けるためには、たとえ自分が知っている漢字であったとしても、難解な漢字を使うのは控えた方が賢明です。

例えば、憂鬱(ゆううつ)という言葉をコンテンツで使いたい場合には、「鬱(うつ)」をひらがなに変換し、「憂うつ」という形にしておきましょう。また、記事内に薔薇という言葉を使いたいのであれば、漢字で書くのは避けて、カタカナ表記で「バラ」とするのが良いでしょう。

このような形で、難解な漢字の使用を避けてコンテンツを作成することで、SNS利用者にスムーズに読んでもらえるようになります。

このように、SNS上で文字コンテンツを発信する場合には、漢字の頻度を少なめにする必要があります。さらに、難しい漢字は使わないように注意することが大切です。このような方針で文章を作成することで、読みやすいコンテンツを作成できるようになります。

SNSでのライティングの速度を高める方法を理解する

こうしてSNSで注意すべきライティングのポイントを理解した後は、記事の作成速度を速めることを考えましょう。

ビジネスとしてソーシャルメディアやSNSに記事を投稿する場合、本業の合間にコンテンツ作成を行うことになります。そのため、記事作成に長い時間をかけ過ぎてしまうと、本来やらなければならない仕事に支障をきたす恐れがあります。

これでは、どれだけ良いコンテンツを仕上げられたとしても、ビジネスで良い結果を出すのが難しくなります。

ネタ収集を先にすませてから、記事を作成する

ソーシャルメディア用の記事を作成する人によっては、書いている途中でネタ探しをする人がいるかと思います。実際のところ、それではライティング速度が大きく低下してしまいます。そこで、コンテンツを書く前の段階で、あらかじめネタをストックしておく必要があります。

例えば、あなたが化粧品を販売するビジネスを行っていたと仮定します。そして、本業の化粧品販売の合間に、SNS用のコンテンツを作成するとします。

この場合であれば、「皮膚を健康に保つ方法」「化粧水の適切な使い方」などの化粧品に関連する情報をあらかじめ調べておきます。そうした上で、ストックしておいたネタを基にコンテンツを作成していきます。そして、記事を作成している間は、一切ネタ集めを行わないようにします。

ネタ収集を先にすませておいてからコンテンツ作成に取り掛かることで、ネタを集めながら記事を作っていたときよりも短い時間でコンテンツを仕上げられるようになります。この方法であれば、本業の合間の短い時間であっても、十分に記事を作ることができます。

ライティング中はコンテンツを仕上げることだけに集中する

ソーシャルメディア用の記事を書いている人のなかには、「本業の状況など、他のことが気になって仕方がない」という方がいるかもしれません。確かに、経営者やビジネスマンとして事業を動かす以上、自社の状態を常に把握しておく必要があります。

そうはいっても、コンテンツを作成する際には、高い集中力がどうしても必要になってきます。そして、集中できなくなればなるほど、記事作成にさらに長い時間がかかってしまいます。そこで、コンテンツを作成する短い時間の間は、できるだけライティングに意識を集中させる必要があります。

つまり、記事を書くときになった場合には、現在の本業の状況など「ライティングに関係ないこと」は一度忘れます。そうして、集めておいたネタを基にして、一心不乱にコンテンツを作成するのです。

分からないことがあれば調べるべき

また、記事を作成する途中で、「これはどういう意味だったかな」「ここからどういう風に書いていこうかな」など、ライティング中に疑問や迷いが生じることはよくあります。

さすがにこのような場合であれば、調べた情報や集めた資料に一度目を通さなければなりません。そしてこのときには、できるだけ短い時間で頭の中の整理を行い、すぐにコンテンツ作成に復帰することが大切です。

このように、ソーシャルメディアに投稿するコンテンツを作る場合には、あらかじめ記事用のネタを大量にストックしておく必要があります。そして、集めておいた情報をもとにコンテンツのライティングを行うことで、ネタを探しながら記事を仕上げるときよりも少ない時間でコンテンツを作れるようになります。

また、記事の作成に取り掛かる場合には、たとえ本業でどれほど気になることがあったとしても、一度すべて忘れ去る必要があります。

このような姿勢でコンテンツ作成に取り組むことで、本業について考えながら記事を作るときよりも、短い時間でコンテンツを仕上げられるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認