東大や京大などを出てエリートコースを歩んでいる人であっても、ビジネスで成功できない人はたくさんいます。そのような人の共通点として、話をしていても知性をまったく感じないことがあります。

なぜ、最高学府を卒業しているにも関わらず、知性を感じないのでしょうか。この答えは簡単であり、彼らの話していることは「他人から得た情報」を話しているだけだからです。ここに、高学歴の人であっても、ビジネスで成功できない理由が隠されています。

「知識」と「知性」は全くの別物である

難関大学に合格するためには、なくてはならないものがあります。それは、「知識」です。どれだけの知識量をもっているかどうかが重要なのです。

英語であれば、単語や文法などを覚えた量に比例して点数を稼ぐことができます。数学も同様であり、どれだけ解き方のパターンを理解しているかによって点数が変わります。要は、それまでの暗記量が評価されるものが大学の試験といえます。

そのためなのか、世の中は難関大学に受かった人であるほど、何でも問題を解決できるように思われます。しかし、実際は異なります。彼らは知識をもっているものの、それを組み合わせて自分の答えを出せるとは限らないのです。

多くの本を読み、たくさんの知識をつけた物知りな人であっても、知性を感じないことがあるのはこのためです。むしろ、知識をひけらかすだけの人では嫌われる可能性が高いです。

一方、学んだ知識を自分の中に落とし込み、実際に行動した人の話には重みがあります。理論上は正しかったとしても、実際は違うことが多々あるからです。そこから学んだものは「知恵」に変わります。知恵は経験からしか学べないのです。これが、知性に繋がります。

多くの知識をもっているというのは、書物などの媒体を通して、他人から得た情報を話しているに過ぎません。そこに独自の経験や意見がないため、机上の空論だけの薄っぺらい内容しか伝えられないのです。

「知識」を学び、「知恵」を得たと勘違いする

世の中では、知識を学ぶことで知恵を得たと勘違いする人は多いです。本を読んで知識を得ただけで、その物事を完全に理解したと思ってしまうのです。

例えば、ビジネスを学ぶときに「何かノウハウはないか?」と思って探そうとする人はたくさんいます。そこで本を読んだりセミナーに出たりしますが、ビジネスの本質というのはかなり少ないものです。そのため、無駄に知識量の多い人であるほど、講師の話を聞いたときに「その内容は既に知っている」と思ってしまいます。

ただ、知識だけが多い人の共通点として、行動が伴っていないことが挙げられます。経験が圧倒的に足りていないため、知識としてしか理解できておらず、その応用法が見えていません。

これは、スポーツで考えれば分かりやすいです。どれだけ野球が上手くなるための理論を学んだとしても、それだけでバッティングや投球が上達するわけではありません。そこから練習を重ねていくと、「このときは肩をこう使うのか」「足の踏込を深くするといいのか」と自分で考える必要があります。

この過程が重要なのであり、経験を積んで自ら改善点や応用法に気が付き、体に覚えさせなければ本当の意味で「会得した」とは言えません。

しかし、ビジネスになると、この当たり前の考え方ができない人であふれかえります。知識だけを学んだところで無意味です。そこから圧倒的な行動を行い、経験を積んで知識を知恵に変えた人でなければ、ビジネスでの成功はありません。

そういう意味では、MBAや中小企業診断士などの資格を取ったとしても、ビジネススキルは一つも上達しません。理論を学んだとしても、それをどのように活かすのか分からないからです。知識を学ぶことで、知恵を得たと幻想してはいけません。

忍耐力のある人だけが成功できる

ただし、高学歴である人ほど成功者が多いのも事実です。この理由も単純であり、偏差値の高い大学に入学しようと思うほど、それなりの努力と行動、そして忍耐が必要だからです。

わずかな努力で大学に入学できるとは誰も思っていません。それなりの努力をするため、学歴の低い人に比べて高学歴な人の方が努力できる可能性が高いです。それだけ経験を積んで成長できるため、ここに高学歴であるほど成功者が多い理由が隠されています。

ただし、書物から学べる「知識」と経験からしか学べない「知恵」を混同している人では、残念ながら成功はできません。学歴に関係なく、成功できるかどうかは「行動できるかどうか」という一点だけにかかっています。

逆に言えば、たとえ高卒であってもビジネスで成功することは可能です。実際、私の知り合いには、高卒だがそこら辺の東大生よりも圧倒的に優秀な人を何人も知っています。数は少ないにしても、経験から膨大な知恵を得ている高卒の人は存在するものです。

ビジネスに学歴は関係ありません。ただ、前述の通り、高学歴な人であるほど努力できる可能性は高いです。

このように、「知識と知性(知恵)の違い」を理解するだけでも、ビジネスで成功できる人の違いを理解できます。高学歴でも成功できず、仕事もできない人がいる理由も説明できます。知識と知恵を錯覚しているようでは、成功できるはずがありません。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認