aaaa3

情報サイトを運営したりSNSを活用した情報発信によるビジネスをしたりするとき、「これを行った瞬間にビジネスが破たんする」というものがあります。それは、コピペです。誰かが書いた文章をコピーして、それをそのまま自分の媒体へペーストして情報発信するのです。

ただ、これをすれば情報発信している媒体の信頼度が大幅に落ちてしまいます。もしコピペしていることが発見されたら、サイト内にある他の文章でもコピペをしているのではと思われてしまうからです。

ただ、当社は情報サイトを活用したビジネスモデルの策定や集客支援を行っていますが、彼らが情報発信をするときに一度でもコピペをしてしまう人が半分以上も出てきます。

実際のところ、多くの人が何気なしにコピペをしてしまうのです。そのため、「コピペを自分でも行ってしまう可能性が高い」ことを認識したうえで、コピペに対する正しい知識をもつ必要があります。

本や雑誌、ウェブサイトからのコピペは禁止

ウェブサイトに記載してある文章というのは、簡単にコピペできてしまいます。わずか数秒の作業で文章を完成できるため、モラルのない人はこれを行ってしまいます。

例えば、当社が運営している情報サイトは、有用なオリジナルコンテンツで埋められているためか、あらゆる媒体でコピペされています。「引用」として分かるように記載しているのなら問題ありませんが、あたかも自分が考えた文章であるかのように偽っていることも頻繁に発生しています。当然ながら、これは著作権違反になるのでよくありません。

ただ、ウェブサイトからコピペをしなかったとしても、他の媒体から文章を盗んでしてしまう人は多いです。「コピペをしてはいけない」と考えている人であっても、ついコピペをしてしまうのです。その媒体とは、本や雑誌です。

本や雑誌に書かれていることに関して、文章をそのままウェブ上に記載してしまう人は意外と多いです。実際、当社がコピペを指摘した人の中で理由を聞いてみたところ、本や雑誌からのコピペが圧倒的に多かったです。ウェブ媒体からのコピペはダメだと分かっていたとしても、なぜか本や雑誌であればコピペしてしまう人がたくさん現れます。

ただ、本・雑誌から文章を真似して記載しても、コピペしたと簡単にバレてしまいます。理由は単純であり、他の誰かが既にウェブ上に本や雑誌に書かれていることをコピペしているからです。

つまり、出版物として世の中に出回っている文章というのは、必ずウェブ上にも存在すると考えるようにしてください。そのため、コピペチェックツールなどで検索したとき、たとえ参考にしたものが本や雑誌であったとしても、チェックが入ってしまうのです。

コピペの定義を知る

それでは、どこまでがコピペなのでしょうか。コピペについては、オリジナル文章であれば基本的に問題ありません。

「話の核」「述べたいこと」「話題」については、内容が似てしまうのは仕方のないことです。まったく知識ゼロの状態から情報を生み出せる人はいません。必ず、自身の経験や第三者から聞いたことを参考にしなければいけません。

そのため、「二つの文章を比べたとき、結局のところ言っていることは同じであるが、書かれてある文章や表現方法、挙げている例が違う」という状態であれば問題ありません。

一方、コピペ文章であれば両者を比較したとき、小学生であっても「似ている」とわかるほどのものを指します。「最後の文末表現が異なるだけ」「句読点の位置が微妙に違う」「中身の単語を少し入れ替えているだけ」など、わずかな変化しかありません。

これを防ぐため、本や雑誌などから情報を仕入れた後、それらの本・雑誌を机の横に置いて「中身をまったく見ないで書く」ようにしてみてください。そうすれば、必ず表現方法が変わるはずです。少なくとも、接続詞を含めて一字一句同じにはならないはずです。このようにして、オリジナル文章を構築していきます。

コピペというのは、意外と簡単に分かってしまいます。世の中には、コピペチェックツールという便利なものが低価格で出回っているからです。

こうしたツールを活用すると、チェックに引っかかる人は前述の通りかなり多いです。ウェブサイトからはダメだと認識していても、本や雑誌からのコピペをうっかりしてしまうのです。

この事実を認識したうえで、「絶対」にコピペだけはしないように心掛けてください。これを行った瞬間に、情報サイトの信頼性が大幅に失われて取り返しがつかなくなります。

コピペチェックツールの活用で記事外注時の不正を防ぐ

なお、サイト運営などによって既にある程度の実績を出している人であるなら、記事の外注を考えるようになります。有益なコンテンツを作成してくれるライターを外注で雇うことにより、自社媒体の拡大を目指すのです。

このとき、あなたはコピペをしなかったとしても、ライターによってはコピペ記事を納品することがあります。そのため、必ずコピペチェックをするようにしてください。実際のところ、「コピペをしてはいけない」という認識のあるライターであっても、外注して提出された文章は高確率でコピペが発見されるからです。

まず、大前提として「サイトやブログなどのウェブ媒体を運営する場合、あなた自身がある程度は文章の内容について理解できるようにしておかなければいけない」ということがあります。そうでなければ、記事を外注して提出された内容の「良い・悪い」を判断できないからです。

ゴミ記事を作成しても意味がないため、記事の質を見極められるようにならなければいけません。

外注時にはコピペチェックツールが必須

そして、提出された文章は必ずコピペチェックツールを通すようにしましょう。前述の通り、高確率でコピペ個所が見つかるからです。当社はサイト運営を基盤としたコンサルティング会社であるため、記事外注のほかにも起業家や中小企業の指導を行っています。このとき、提出された記事をコピペチェックツールにかけると、半分以上の人でコピペ個所が見つかります。

もちろん、毎回コピペが発見されるわけではなく、10記事に1回ほどコピペ判定されるなど、コピペチェックが入る人は同じ過ちを2~3回は繰り返すと考えてください。

それでは、なぜこうした事態が起こるのでしょうか。最も多い事例としては「本や雑誌の文章をそのまま記載した」ということがあげられます。ネット上に載っている文章のコピペはダメだと分かっていても、なぜか本や雑誌であると人はコピペしてしまうのです。

ただ、本や雑誌として既に公になっている文章というのは、多くの人が無意識にネット上にコピペしていると考えてください。そのため、たとえ本・雑誌の内容であったとしても、その文章をそのまま載せるとコピペチェックツールに引っかかるのです。

本や雑誌に載ってある情報は参考程度に留めなければいけません。そのまま文章をコピー&ペーストするのではなく、自分の知識や独自の経験を活かした内容で勝負する必要があります。

あなたもコピペをする可能性が高い

そして、コピペを発見した場合は必ず指摘してやり直させるようにしてください。コピペを指摘したとき、1回で直る人がいれば、前述の通りコピペを3回以上繰り返す人もいます。著作権に対する意識レベルは人によって異なるため、修正されるまで指摘し続けるようにしましょう。

ビジネスを行う以上、著作権に引っかからないようにする必要があります。あなたが無名のときは問題ないですが、ビジネスで成果を出していったあとで著作権について指摘されるのはかなり致命的です。これを避けるため、特に記事外注を開始した最初のころは、すべての記事に対してコピペチェックを施す必要があります。

また、ここまでを理解したうえで、これからサイトやブログの運営を始めようと思っているのであれば、あなた自身もコピペを行ってしまう可能性があることを自覚しなければいけません。

実際、当社のクライアントは全員がコピペをしてはいけないと認識しているものの、多くの場合でコピペチェックツールに引っかかるため、そのたびに指摘・修正させています。

そういう意味では、あなた自身が作成した文章に対してコピペチェックツールを活用することも有効です。これであれば、オリジナル記事であることを客観的に見直すことができます。

このように、情報サイトを運営する場合はコピペに対して慎重にならなければいけません。特に記事の外注時には、必ずコピペチェックを行うようにしましょう。そうして不正を防ぎ、質の高いコンテンツを作成していくことが、インターネットを活用したビジネスで大きく稼ぐ際の重要なポイントとなります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録