cccc6

ウェブサイト運営の強みは全世界を相手にビジネスを行えることにあります。当社のクライアントには、世界中に住んでいる人を対象にサービスを展開している企業もあり、インターネットを活用すればビジネスで場所に関係なく世界規模でのビジネスを動かすことが可能になります。

ただ、実際のビジネスでは狭い商圏を相手にする会社や事業主が多いです。例えばスーパーや美容室、飲食店など、商圏が半径1km以内であることはよくあります。

それでは、こうした地域密着型のリアルビジネスをしている方にとって、インターネットを用いたサイト集客は意味がないのでしょうか。もちろんそうではなく、サイトやブログなどのウェブ媒体を活用すれば、地域密着型ビジネスで大量の集客が可能です。

ビジネス展開している「地名」で集める

もちろん、普通にウェブサイトを活用していた場合、いくらアクセスがあってもそれがお客様の獲得に結び付くことはありません。

少し考えれば分かりますが、例えば東京に住んでいる人が「高級 イタリアン 接待」などで検索してヒットしたとき、北海道の店舗が表示されたとしてもお客様になることはほぼありません。もしお客様になったとしても、旅行のときに立ち寄った一回きりだけになります。

そのため、地域ビジネスを展開している人が日本全国から大量のアクセスを獲得し、集客しようとするのは無意味です。将来、全国展開を狙いたい場合はその準備をしてもいいですが、少なくともすぐに売上増に直結することはありません。

そこで、どうすればいいのかというと、地域名でアクセスを集めることを意識します。例えば、「新宿 高級 イタリアン 接待」などで検索する人は、東京の新宿にある接待用のイタリアンを探していることが分かります。

たとえ他の都道府県に住んでいる人であっても、上記のような検索ワードで調べる人は、東京出張の際の接待に活用したいと考えている可能性が高いです。

このように考えると、地域密着型ビジネスを行っている人にとってのウェブ集客のキモは「地域名で集客する」ことです。このポイントを外した時点でインターネットを活用したウェブ集客を行えなくなるため、絶対に地域名はおさえるようにしてください。

ただ、これはあなた自身がどのようにネット検索をするのかを見極めれば簡単に想像できます。歯科医院や美容室、整骨院、飲食店など、本気で店を予約したいと考えているときは必ず地名をキーワードの中に入れるはずです。

他には、駅名などをキーワードに入れるかもしれません。これと同じように、お客様があなたの店舗やサービスを検索するとき、引っかかるように仕掛けをしておく必要があるのです。

ウェブ集客では、地元のつながりに関係なくお客様を集められる

ただ、中には「自分の業種は地元のつながりが強いため、インターネットから集客できない」と言い張る人がいます。しかしながら、これは単なる固定概念であり、いまの時代でネット集客できない属性はありません。

実際、当社は工事業界や士業(税理士、司法書士など)を含め、地元のつながりが強いといわれる業態であっても、大量の集客に成功しています。もちろん、東京や大阪などの都市部ではなく、地方都市の「明らかに地域内だけで仕事がまわっていると思われそうな場所」でも集客できています。

元受けから仕事を依頼されることでしかビジネスをしたことがない人にとっては、この事実はなかなか想像できないことかもしれません。

ただ、「地元のつながりが強い」「自分の業界はネット集客できない」などの固定概念で自らのビジネスを潰してしまうのは非常にもったいないです。ネット集客をしたことがないにも関わらず、最初から「できるはずがない」と考えているようでは、売上が伸びることはありません。

それでは、どのようにすれば地名で検索エンジンに引っかかるようになるのでしょうか。それは、地域名で特化した有益な記事を書くことだけです。有益なコンテンツを情報発信することが莫大なアクセスを集める原理原則ですが、これを「地域名に関わる有用なコンテンツ」という考え方で情報発信していくのです。

もちろん、全国展開を狙ったウェブサイトに比べると、地域名で検索する人は少なくなるのでアクセスはそこまで多くはなりません。ただ、その地域でのサービスを利用したいと考えている人にとって刺さるコンテンツになるため、成約率はかなり高いです。

商圏を拡大し、全国展開する方法

このように考えれば、ウェブサイトを活用すれば自分の店に多くのお客様を自動集客できるツールを完成させることができます。ただ、ビジネスを行う上でこうした状況ではまだ不完全です。

実際のところ、いまだにリアルでの活動だけでビジネスを頑張ろうとしている会社は多いです。

事業を行う以上は、いまの現状に満足するのではなく成果を大きく伸ばしていかなければいけません。ビジネスを行うときに「いまの状態のままでいいや!」と思うのであれば、いますぐビジネスをやめた方がいいです。

ビジネスではわずかな環境の変化で稼げなくなりますし、そのような考え方であるならサラリーマンをしている方が安定しているからです。

例えば、昔からの道路沿いに飲食店を経営していて順調であったとしても、新たなバイパス道路が作られるだけで翌月の売上が半分以下になることがあります。ビジネスでは、こうした環境に耐えるための準備を常にしておかなければいけません。そのため、リスク分散や事業拡大などを行い続ける必要があるのです。

ここまでを認識したうえで、現状に満足せずにあなたはどのような対策を行い、事業の拡大を図っているでしょうか。リアルビジネスで成功した人は、リアル媒体だけを考える傾向が強いです。ただ、リアルでの活動だけでは成長が圧倒的に遅いです。

ネットを活用すれば、ビジネスが容易になる

インターネットが普及する1990年より前であれば、会社が上場するまでに何十年もの時間が必要になるのが当たり前でした。

しかし現在では、インターネットを活用した会社の中には、わずか数年でトップ企業として成長を遂げた会社がいくつも存在します。普通では考えられなかったことですが、インターネットによってこれらが可能になりました。

この事実を認識すれば、いかにインターネットを用いたビジネスをしないことが大きな機会損失になっているのかを理解できます。サイトやブログ、SNSを有効に活用するだけで、あなたのビジネスを一瞬で拡大させ、会社に大きな利益をもたらすことができるようになるのです。

ネット集客によって商圏を拡大し、日本全国に展開する

ウェブサイトを活用すると、何がいいのでしょうか。それは、日本だけでなく、全世界が商圏になるということです。つまり、店舗運営などの地域密着型のビジネスをしている人であっても、適切にネット集客を行えば商品が爆発的に売れていくようになります。

多くの人は、前述の通り店舗を構えて半径1kmほどの商圏でビジネスをしています。ただ、これではお客様が店舗に入ってくるのを待たなければいけませんし、売上が天候などに大きく左右されます。そして、地域密着型なのでビジネス対象となるお客様の数がかなり少ないです。

そこで、インターネットを活用して全国へ商品販売することを考えます。例えば、地元で人気のパン屋を経営しているのであれば、長期間保存できるようなパンを開発して、インターネット上で販売するようにします。

そのために必要なウェブサイトやブログを構築することでウェブ上から集客し、商品が売れていくような仕組みを戦略的に考えていくのです。

狭い地域内だけでビジネスを完結させてはいけない

このような考え方ができるようになれば、半径1kmの商圏がいっきに日本全国へと広がります。また、方法によっては海外展開も可能になるため、ビジネスを行うことによる利益は一気に拡大するようになります。

ここまでの仕組みを作れば、たとえバイパス道路ができて店舗への客数が激減したとしても、全国規模でネット集客を行っている場合は経営難に陥ることはありません。こうしたリスク分散を行い、利益の拡大を狙うことがビジネスをする上で重要になります。

たとえ地域密着型のリアルビジネスをしている人であったとしても、インターネットを活用すれば商圏が格段に広くなります。店舗運営など、わずか半径1kmの商圏で事業展開するのではなく、サイト運営などによって適切にビジネスを開始するのです。

こうして全国展開していけば、売上や利益の増大によって大きく稼げるようになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認