新たな事業を行うとき、何かしら失敗やミスをします。これは、ビジネスの天才であっても同様です。数多くの失敗を重ねることで軌道修正を行い、成功をつかみ取っています。

ビジネスを行うときは失敗を恐れないようにすることが重要です。しかし、本やセミナーなどでいくら「失敗を恐れるな」といわれたとしても、やはり怖いものは怖いです。そのため、重要な場面になるとどうしても恐縮してしまいます。

ただ、これらは少し考え方を変えるだけで簡単に克服できます。そこで、成功者が行っている「失敗やミスを恐れない思考法」について解説していきます。

失敗・ミスの線引きをどこに置くか

ほとんどの人は、何かを実行するときに「成功」か「失敗」の2つで考えてしまいます。ここに、心が折れてしまう原因が隠されています。本来、この2つによって線引きをしてはいけません。

例えば、英語の試験を受ける場面を考えてみましょう。英検やTOEICなどのテストを受けて、思い通りの結果を得られなかったらどうでしょうか。多分、今回の試験は失敗だったと考えるでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか。そもそも、本来の目的は英検に受かったりTOEICで高得点を取ったりすることではないはずです。英語力を磨くことで、活躍の幅を増やすことが真の目的です。

そういう意味では、テストの結果はあまり大きな意味をもちません。それよりも、試験で間違えた個所と模範解答を照らし合わせることにより、勘違いしていた箇所を修正していくことの方が重要です。むしろ、多くの間違いをしてミスを見つけた方が、将来にとって好都合です。

これは、スポーツでも同じです。試合を行うとき、「勝ち」「負け」という線引きで考えるから心が沈んでいきます。それでは負けが悪いかというと、必ずしもそうではありません。

自分よりも強い相手に挑むと、高確率で負けます。しかし、このときに自分の反省点が見つかるため、より実力を向上させることができます。スポーツでは、練習で負けることが分かっている相手に挑むことで、さらに上を目指していきます。

試合に負けることは問題ではありません。先ほどのスポーツの例でいえば、「強い相手に挑戦して実力を上げる」か「挑戦せずに現状維持する」の選択で考えなければいけません。

ビジネスでの失敗やミスを転換する

それでは、これをビジネスで考えてみましょう。例えば、営業で商談している場面を考えます。お客様が商品を購入してくれるかどうかの重要な場面です。

このとき、商品を買ってくれることを「勝ち」、商品を買ってくれないことを「負け」だと多くの人が考えます。ただ、たとえその場で商談が流れてしまったとしても、そのお客様と商談したことをきっかけにして、継続的な付き合いをすればいいのです。そうすれば、半年後に他の契約をしてくれるかもしれません。

また、自分を信頼してくれるお客様であれば、積極的に周りへ口コミしてくれる確率が高くなります。そうすれば、多くのお客様が勝手に流れ込んでくるようになります。

この場合は、「お客様と良好な関係を築く」ことが目的になっています。決して、「その場で商品を売り込むことに成功するかどうか」では線引きをしていません。

「勝ち・負け」や「成功・失敗」で線引きをすると、どうしても目先の利益を追うようになります。ただ、これを将来的な目線に切り替え、長期的なスパンでとらえると、失敗やミスが関係なくなってきます。

・英語試験でミスを見つけて修正するほど、将来の成長につながる

・スポーツで強い相手に挑んで負けるほど、実力向上のキッカケをつかめる

・営業の商談が流れても、良好な関係作りのチャンスとなる

上記のような考えは、すべて長期的な考えに基づいて行われています。実力の低い人ほど短期的な思考をしますが、世の中で成功者といわれている人であるほど長期的な思考を行うことができます。

これができると、多少の失敗やミスはどうでもよくなります。それよりも、失敗やミスが「将来に大きく成長するチャンスになる」と考えることの方が重要です。

もちろん、「失敗してもいい」と開き直るのではありません。英語試験に合格し、スポーツで相手に勝ち、営業で商談を決めるほうが素晴らしいに決まっています。そうはいっても、どこに線引きをするかによってこれからの未来が変わるのは間違いないです。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認