たとえそれが副業であったとしても、お金を稼ぐことは「起業すること」と同じです。ゼロの状態からお金を稼がなくてはいけません。このようにいうとを難しいと感じている人は多いですが、実際は簡単です。ビジネスは複雑に考えるほど破たんしやすくなります。

ただ、簡単とはいっても「理論が簡単」だということです。ビジネスモデル自体は単純でなければいけませんが、それを行うためにはもの凄い努力が必要です。

そうはいっても、起業して成功する方法は世の中に全公開されています。私のビジネス系サイト(当サイト)にすべて書いていますし、書店に行ってもあらゆる本に成功方法が書かれています。

ただ、どれだけ勉強して成功する方法を学んだとしても、本当に成功する人は圧倒的に少ないです。これはなぜなのでしょうか。

「知識」を得てすべてを悟ったと勘違いする人は多い

学歴社会の良くない点として、「知識をたくさんもっている人であるほど評価される」ことがあります。現状では、既に答えが用意されており、その答えをどれだけ正確に解けるかが評価されます。

英語であれば、できるだけ多く単語を暗記して文法を学び、正解を導き出せるほど点数は高くなります。数学も同様であり、解き方を暗記すれば数学の点数は上がります。そのため、ある問題を設定したとき、既に頭の中にある「知識」から、素早く、正確に、速く答えを出せる人が優秀だとされます。

どれだけ知識をもっているかによって評価されるため、世間でいう頭の良い人であるほど、知識をもつだけですべてを悟ったと思ってしまいます。

ただ、これは勘違いでしかありません。

他に事例で例えれば分かりやすいですが、ここでは料理を題材にします。当たり前ですが、どれだけ材料や調理の仕方などを記憶したとしても、料理の腕は上がりません。料理の仕方を知識としてもっていたとしても、実際に手を動かさなければ料理は上達しません。

スポーツも同様であり、どれだけスポーツの理論を学んだとしても、それだけでは意味がありません。毎日の練習を積み重ねなければ上達しません。

ビジネスでも、これと同じことがいえます。大量の書籍を学んで理解したと勘違いする人は多いですが、それだけでは何も理解していません。本の著者が何年も積んできた経験を活字から学んだとしても、「どう活用すれば良いか」までは分からないのです。

本来、本の内容を自分の中に落とし込み、書かれていることを実行に移さなければいけません。これが経験になり、小さな成功体験を積み重ねていけば、それがやがてノウハウになります。こうして、知識が「知恵」へと変わります。

学校では、既に決まっている答えを導き出そうとします。だからこそ、知識だけが問われます。一方、実社会では答えの分からないものに対して、試行錯誤を繰り返しながら正解を導き出さなければいけません。この場合は、知恵が必要です。

ビジネスにおいて知識はそこまで重要ではなく、知恵が求められます。答えが用意されていない状態から、考えながら実行しなければ成功することはありません。ここに、単に知識のある人がビジネスで成功できない答えがあります。

ノウハウコレクターから脱しなければいけない

経験はないものの、多くの知識だけがある人をビジネスの世界ではノウハウコレクターと呼びます。そのような人は、何か素晴らしいノウハウはないかと探し回ります。しかし、そのような方法はありません。

しかも、何かノウハウを講師から学んだとき、ノウハウコレクターであるほど「それは既に知っている内容だ!」と思います。知識としてもっている内容を聞いたときに不満をもらすのです。

ただ、知識を学んだだけで、知恵まで会得したと錯覚してはいけません。そこには経験が伴っていないため、実際には何も知っていないのと同じです。

このような人たちには、圧倒的な成果を出したプロたちが何年もかかって築き上げたものを、「わずか数日で会得して、自分も同じような結果を出したい」という安易な考えが根底に横たわっています。何年も耐え抜いて努力し、経験を積むという気持ちが抜け落ちているのです。

大学受験やスポーツでは圧倒的な努力をしなければいけないと理解している人であっても、なぜかビジネスでは甘えが出ます。とても不思議ですが、経験を積まずに知識を得るだけで満足してしまう人が大多数です。

「知識と知恵の混同」や「数日でノウハウを会得したいという思考」に陥ったとき、すべてが機能不全に陥ります。ただし、起業を目指す99%以上の人がこの病気に罹っているため、なかなか成功は難しいです。

知識を得るためには、素早く、そして効率よく学ぶための方法が存在します。本を読み、それをすべて暗記すれば良いのです。しかし、知恵を得るためには経験を積むしかなく、非効率な行動を選ばなければいけません。

知識は「既にある問い」に対する答えを導き出すのに有効です。一方、知恵は「答えのない問い」に対して、手探りの状態で探すための能力を指します。これらの違いを認識したとき、なぜノウハウコレクターではダメなのか理解できるはずです。

知識だけをもっている人では、起業してビジネスを始めたとしても必ず失敗します。そこに経験が伴っていないからです。ここから、なぜ成功する方法が世の中に全公開されているにも関わらず、多くの人は成功できないのかも分かるでしょう。

あなたが行うべきことは、本から学んだ知識なのか、経験から学んだ知恵なのかを区別することです。知識を得たことで、知恵まで理解したという錯覚しないようにするのです。そこから、答えのない問いに対して試行錯誤しながら検証していき、さらに経験を積めば成功への階段を着実に登れるようになります。

なお、ビジネスでは本を読んだりセミナーに出たりして勉強することは必須です。そこで学んだつもりになるのではなく、行動して知恵を増やすよう努力してください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認