インターネットビジネスで成功するためには、ユーザーにとって有益なコンテンツを書くことが大切になります。有益な情報を載せたコンテンツを大量に作成して、はじめてあなたのブログやウェブサイトにアクセスが集まるようになるためです。

そして、有益なコンテンツを書くためには、コンテンツに関する情報収集を徹底することが必要不可欠です。良質の情報を元に作成して、はじめて有益なコンテンツとなります。

そのため、ブログやウェブサイト運営を成功させるためには、情報収集能力を高めることが必要不可欠だといえます。

そこで今回は、「ブログやウェブサイトのコンテンツ作成に必要な情報収集テクニック」について解説します。

本から情報を得る

有益なコンテンツを書くために、情報収集は必要不可欠になります。どれだけあなたが知識をもっている分野の記事を書くときであっても、人間の記憶はあいまいであるためです。

また、わかりやすいコンテンツを作成するためにも、あなた自身がコンテンツの内容を深く理解しておく必要があります。あなた自身が理解していない状態では、わかりやすい表現で文章を書くことができません。あいまいな知識でコンテンツを書き始めると、専門用語を使ったり、大雑把な説明で済ませたりしてしまうのです。

こうしたことからも、コンテンツを書き始める前には情報収集が欠かせないといえます。このとき、ほとんどの人が利用しているのが、「本」「雑誌」からの情報収集です。

情報の鮮度と信頼度を考える

ブログやウェブサイトに掲載するコンテンツに関する情報を集めるときには、情報の「鮮度」「信頼度」を考慮することが重要です。情報源によって、鮮度と信頼度が大きく異なります。

例えば、インターネットやテレビ、ラジオ、新聞、週刊誌などは、最新の情報が掲載されています。そのため、鮮度が高い情報だといえます。その一方で単行本などの情報は数ヶ月かけて作成するため、どれだけ最新の本であっても数ヶ月前の情報しか載っていません。

ただ、情報は鮮度だけでなく信頼度も考慮する必要があります。信頼度とは、「掲載されている情報がどれだけ正しいのか?」ということです。

情報の信頼度になると、インターネットやテレビ、週刊誌などは低いといえます。それに対して本は、鮮度は低いものの、信頼度は高いです。本を出版するときには、専門家の監修が入ったり、プロによる編集が行われたりするためです。そのため、あまりにも信頼度が低い情報は、そもそも本になりません。

このように、コンテンツ作成のための情報を集めるときには、情報の鮮度と信頼度について考えるようにしましょう。

コンテンツは鮮度より信頼度を重視する

それでは、ブログやウェブサイトのコンテンツを作成するときには、鮮度と信頼度のどちらを優先すべきでしょうか。

ブログやウェブサイトの目的によっても異なりますが、放置で稼ぎ続けるポータルサイトを作成するのであれば、間違いなく信頼度が高い情報を集めるべきです。鮮度が高い情報であっても、数年後には鮮度が落ち、価値のない情報に変わっている可能性が高いためです。

例えば、ダイエットのコンテンツを作成するとします。そのとき、最近流行している「○○ダイエット」についての情報をインターネットで得たとします。

こうした流行のダイエット方法に関するコンテンツは、世の中で流行っている間はアクセスが集まる可能性が高いです。そのため、いわゆる「時流ネタを活用して大量のアクセスを集めたい」と考えているのであれば、流行のダイエット方法について書いても良いでしょう。

検索の需要があるため、トレンド(流行)の情報に関するコンテンツを作成すると、必然的にアクセス数が増えるのです。

しかし、想像してみるとわかると思いますが、こうした流行りモノの需要は数ヶ月もすれば無くなります。つまり、長期的にアクセスを集めることができないのです。

放置で稼ぎ続けるポータルサイトを作りたいのであれば、長期間アクセスを集めるコンテンツを作成しなければいけません。そのため、鮮度が高い情報ではなく信頼度が高い情報を元にコンテンツを書くことが重要だといえます。

こうしたことからも、あなたが放置で稼ぎ続けるサイトを作りたいのであれば、インターネットや雑誌、新聞などの鮮度が高い情報ではなく、本など信頼度が高い情報を集めるようにしましょう。

情報収集を目的とした本の読み方

情報収集を目的に本を利用する際には、できる限り効率的に本を読むことが大切です。あまりにも情報収集に時間をかけ過ぎていては、肝心のコンテンツ作成が進まないためです。

それでは、本を読むときには、どのようなことを意識すれば効率的に情報を得られるのでしょうか。

以下に、情報収集を目的とした読書のポイントを記します。

インタビュー記事を先に読む

本の中にインタビューや対談が載っている場合には、まずはインタビューや対談を先に読むようにしましょう。書き言葉で書かれている文章よりも、インタビューなどの話し言葉で書かれている文章の方がわかりやすいためです

相手がいない書き言葉になると、どうしても著者の視点で文章を書いてしまいがちになります。その結果、難しい言葉を多用してしまったり、わかりにくい説明がされていたりする場合が多いのです。

その一方でインタビューや対談は、インタビュアーという相手に向かって話をしています。そのため、著者もインタビュアーの表情や反応を見ながら、相手が理解できるように工夫して話をします。また、インタビュアーが理解できないときには、その場でインタビュアーが質問して著者に答えてもらうことができます。

つまり、インタビューや対談の文章はユーザー目線で書かれているおり、ユーザーにとって読みやすいのです。

こうしたことからも、まずはインタビューや対談を読むことがポイントだといえます。

簡単な本から読む

コンテンツを作成する前には、少なくともコンテンツに関する分野の本を5~10冊は読むようにしましょう。一つの本からだけでは、情報量が不足するだけでなく、偏った情報しか得られない可能性があるためです。

ただ、読む本を選ぶときには、「簡単な本 → 難しい本」という順番を守ることが重要になります。

中には、情報収集のときに「できるだけ濃いコンテンツを書こう」と意識して、最初から難しい本を読もうとする人が存在します。つまり、いきなり専門書から読もうとするのです。

しかし、自分が専門的に学んでいない分野の専門書は、間違いなく読みにくいと感じることになります。その結果、読むのに時間がかかったり、途中で諦めたりすることになるのです。そうなると、なかなかコンテンツ作成に移れなくなってしまいます。

そうしたことを避けるためにも、まずは入門書として「一般向けの本」「新書」「ムック」などを読むようにしましょう。コンテンツの分野に関する理解が深まってきたら、徐々に専門的な本を読めば良いです。

本を雑に扱うべき

あなたは購入した本を丁寧に扱っているでしょうか。良い本を見つけて購入すると、大事に扱いたいと思う人は多いはずです。例えば、「マーカーで線を引きたくない」「付箋をつけたくない」「ブックカバーを付けておきたい」といった気持ちです。

確かに、本を丁寧に扱ってキレイな状態で保管したい気持ちは理解できます。ただ、情報収集を目的に購入した本は、雑に扱うことをお勧めします。丁寧に扱うことは時間の無駄になるためです。

例えば、アンダーラインを引きたくないという理由で、他のノートやメモ帳に情報を書き写す人がいます。しかし、ノートやメモに写した情報は、再び見られることなく捨てられる場合がほとんどです。そのため、新たにノートやメモ帳にメモした時間が無駄になるのです。

またブックカバーを付けていると表紙が見えないため、必要なときに本を取り出しにくくなります。いちいちブックカバーを外さないとタイトルがわからないため、時間がかかるのです。

こうしたことを避けるためにも、情報収集のために購入した本は、最初から雑に扱うつもりで利用しましょう。

体験談を載せる

ここまで述べたように、本はコンテンツを作成するための情報収集源として利用価値が高いといえます。ただ、人気のブログやウェブサイトを作成するためには、本の情報だけでは不十分です。本に書かれている情報は、誰にでも手に入る情報であるためです。

ユーザーが読んで「面白い」と感じるのは、いわゆる「一次情報」と呼ばれるものになります。一次情報とは、著者自身が体験して得た情報です。

コンテンツを書くときに、一次情報を元にした文章ほど、より細かい情報を記載することができます。

例えば、本だけを元にした文章では、以下のようになります。

ダイエットを成功させるためには、食事を意識することが大切になります。食事で摂取したカロリーと消費したカロリーの総和によって、体重の増減が決まるためです。

例えば、1日2000キロカロリーを摂取した日と1日1500キロカロリーを摂取した日を比較すると、カロリーの総和は後者の方が-500キロカロリーになります。そのため、1日の摂取カロリーは2000キロカロリーよりも1500キロカロリーに抑えた方が、体重が1日に500キロカロリー分ずつ減っていくのです。

以上の例文でも、具体例を示しているため、理解はしやすい文章になっています。ただ、以下のように著者の体験談を載せると、さらにユーザーを引き付ける文章になるのです。

ダイエットを成功させるためには、食事を意識することが大切になります。食事で摂取したカロリーと消費したカロリーの総和によって、体重の増減が決まるためです。

例えば私であれば、朝食にお米を食べないようにすることで、1日の摂取カロリーを約200キロカロリー減らしました。そうすると、みるみるうちに体重が落ちていき、1ヵ月後には4キロも減量していたのです。

このように、著者の体験談であれば「朝にお米を食べない」「1ヶ月で4キロやせた」など、かなり詳細な情報を書くことができます。ユーザーはより細かい情報が記載されているコンテンツの方が、信頼できる情報源だと判断するのです。またユーザーは、自分と同じような境遇にある人(上記の例でいうとダイエットを実践している人)の体験談は、興味をもって読みます。

こうしたことからも、コンテンツの情報源にはできる限り一次情報を利用するようにしましょう。

取材する

ただ、体験談を載せるといっても、あなた自身が体験したことがある情報は限られています。そこで有効なのが、経験したことがある人に対する取材です。

あなた自身が体験したことないものであっても、体験者から話を聞くことで、より一次情報に近い情報を元にコンテンツを作成できるようになります。

取材に必要な道具

取材をするときには、事前に準備しておくべき道具があります。しっかりと準備を整えて取材に望むかどうかが、取材によってどれだけ有益な情報を得られるかを左右します。

具体的には、取材の前には最低でも以下の道具を揃えるようにしてください。

・ボールペン:黒字のペンを3本、色つきのペンを2本程度

・ノート:小さいものではなく、A4以上の大きさのノート

・メモ帳:ノートとは別に手軽に書き込めるメモ帳

・レコーダー:取材中に聞き逃したときに、あとから聞き直せるように録音する

・電池:取材中にレコーダーの電池が切れたときのため

・取材に関する資料:取材時に必要な資料

取材をする前には、以上の6つは用意するようにしましょう。

取材時のポイント

取材をする相手が親族や昔からの知人であれば、ほとんど問題なく取材を実施することができると思います。ただ、状況によっては全く面識がない人にインタビューをしなければいけない場合もあります。

例えば、私は薬剤師の転職サイトを運営しており、転職サイトを運営している会社を取材しました。当然、転職サイトを運営している会社とは面識もない中で取材を依頼しました。

上の画像は、そのときの様子を記した記事の一部です。

このように、面識のない人に対して取材をする場合もあります。こうしたときには、取材前や取材中に意識すべきポイントがいくつかあります。以下に、取材時のポイントについて記します。

依頼は文面で行う

面識のない人に取材をお願いするときには、本来は「手紙」で行うべきです。ただ、相手がパソコンを使っており、メールアドレスをもっているのであれば、メールでの依頼でも問題ないでしょう。またFAXがある場合には、FAXを活用しても良いです。

そして、文面には「なぜその人に話を聞きたいのか?」「何について聞きたいのか?」「何のために聞きたいのか?(掲載媒体が決まっているのであれば、それを明記する)」の3点を必ず記すようにしてください。

さらに文章の最後には「取り急ぎメールにて大変失礼しました」と一言添えると良いです。

取材を依頼する際には、以上の点に気をつけて文面で行うようにしましょう。

事前に質問を準備しておく

メールやFAXなどで取材のアポイントが取れた後には、取材時に行う質問事項をまとめる必要があります。取材当日にスムーズにインタビューを行えるようにするためです。

そのためにも、取材に関する資料に目を通しておくようにしましょう。資料を読み直すことで、取材のときに行うべき質問が見えてきます。また知識を整理して取材に望めば、取材相手との会話もスムーズになります。

こうしたことからも、取材に行く前には、しっかりと質問を準備しておくことが大切です。

遠慮しない

取材をする際に、取材相手に対して遠慮する人は多いです。「このような質問をしたら不快になるのではないか?」といった心配をするのです。

例えば、家族などのプライベートや金銭面に関する話を意図的に避ける人はたくさんいます。

確かにあまりに失礼な配慮のない質問は、相手を怒らせることにつながりかねません。ただ、インタビューをするときには、基本的に遠慮せずに質問することが大切です。あなたが遠慮していると、相手も遠慮してしまい、詳細な情報を話してくれなくなる可能性があります

このように、取材をするときには相手に対して「配慮はしつつ、遠慮はしない」ようにしましょう。

取材相手から信頼を得るポイント

取材を行う場合、1回限りで付き合いが終わるケースは多いです。ただ、中には何度も話を聞かせてもらうようになる人もいます。そうした際には、取材相手との信頼関係を作ることが非常に重要です。また、たとえ1回限りの取材であっても、相手に「また会ってもいい」と感じてもらえるように接することが大切になります。

そのためには、取材相手から信頼を得ることが必須です。もちろん、相手から信頼されることは簡単なことではありません。ただ、以下の5点を意識するだけでも、取材相手からの信頼が得られやすくなります。

相手の顔と名前、関連情報を覚えておく

人間には、「自分に興味を持ってくれている人に対して好意を抱きやすい」という特徴があります。そのため、相手の名前を間違わないようにすることは基本です。名前を間違うということは、それだけで「自分のことを知らない、関心がない」と捉えられてしまい、相手からの信頼度は一気に下がります

さらに、取材相手に関連する情報も合わせて覚えておくようにしましょう。

関連情報を覚えておくことで、自然と会話は弾むようになります。例えば、相手の趣味や経歴などを把握して会話に盛り込むだけで、相手は「よく調べている」「自分に興味をもっている」と感じるようになるのです。

このように、取材相手からの信頼を得るためにも、相手の顔と名前、関連情報は把握しておくようにしましょう。

他人の批判をしない

取材中には、取材相手と会話が盛り上がって、ついつい他人の悪口を言ってしまいがちです。特に、これまで取材させてもらった人で対応が悪かった人などの批判を話してしまう人は多くいます。

ただ、そうした他人の批判は、取材相手には話さないようにしましょう。他人の批判をすると、相手は「他では自分のことも批判するのではないか?」と不信感をもつようになります。

そうしたことを避けるためにも、他人の批判は行わないように注意してください。

取材後に早急に礼状を出す

取材を終えた後は、できるだけ早急に礼状を出すようにしましょう。礼状は、依頼するときと同じようにメールやFAXでも良いです。ただ、可能であれば手紙を利用することがベストです。

メールやFAXであれば取材の翌日、手紙であれば当日か翌日には出すようにしましょう。

掲載URLを送る

取材で得た情報を使ってコンテンツを作成した後には、必ず取材相手に掲載されたURLを送るようにしてください。また、もし本や電子書籍などで情報を利用した場合には、本や電子書籍を送る必要があります。

情報を提供してもらった人に対して、完成したコンテンツを送ることは常識です。間違った情報を載せていないか確認してもらうだけでなく、「取材のおかげでこんなに良いコンテンツができました」という報告にもなります。

こうしたことからも、取材で得た情報を元にしたコンテンツが完成した後には、必ず取材相手に完成したコンテンツを送るようにしましょう。

相手に役立つ情報を惜しみなく伝える

取材後であっても、取材した相手にとって役立つ情報を手に入れたときには、惜しみなくその情報を伝えるようにしましょう。

例えば、取材中に取材相手からダイエット方法について悩んでいることを聞いたとします。具体的には、取材内容とは全く関係のない話ですが、取材中に「運動しても痩せない」という悩みを打ち明けられたケースがあったとします。

そして、取材後にあなたがダイエットに関する良い情報を得たのであれば、取材相手に伝えるようにするのです。人は、自分に対して有益な情報を与えてくれる人を自然と信用するようになります。

そのため、取材相手に役立つ情報を手に入れたときには、こまめに伝えるようにしましょう。

電話、メールで取材する

取材をしたい相手が海外に在住していたり、会う時間を作ってもらうことができなかったりした場合には、電話やメールで取材することになります。電話やメールで取材するときには、直接取材するときとは違う点に注意しなければいけません。

電話やメールでの取材で一番気をつけなければいけないことは、「本人確認」です。「わざわざ違う人に答えさせないだろう」と考える人は多いはずです。しかし実際には、取材した相手が違って、不正確な情報を得ることもあるのです。

そうしたことを避けるためにも、本人確認を徹底することが大切になります。

例えば、事前に暗号を伝えておいて当日に確認したり、本人しかわからないような情報を何気なく質問したりして、答えることができるかを確かめます。やり方はさまざまですが、とにかく電話やメールでの取材では、本人確認を徹底すべきです。

また電話の際は、情報を聞き間違う場合があります。そのため、取材後にメールなどで取材して得た情報を相手に確認してもらうようにしましょう。

電話やメールで取材をするときには、以上の点に注意してください。

取材中、取材後におけるポイント

対面で取材をするときには、いくつかポイントを押さえておくことが大切になります。わざわざ時間を取って取材を受けてくれた相手に対して失礼にならないようにするためです。

また、取材時や取材後の行動が、あなたのコンテンツの質にも大きく影響するのです。

取材時の姿勢

取材時に最も注意すべきことは「話の聞き方」だといえます。あなたの「話を聞く姿勢」が、取材相手に与える影響を大きく変えるためです。

例えば、取材時は基本的に「自分は話を聞く立場である」ことを守るようにしましょう。人は、自分に興味・関心を示す人に対して好感をもちます。そのため、インタビュー時には常に「あなた(取材相手)の話を聞きたい」という姿勢を意識することが大切です。つまり、「聞き上手」になるのです。

中には、インタビューの途中で自分のことばかりを話し始めてしまう人もいます。しかし、基本的に取材中は余計な意見や感想を述べる必要はありません。人は、話を途中でさえぎられることを嫌うためです。

もちろん、相手が寡黙である場合には、こちらから積極的に話しかけなければいけないケースもあります。ただ、それでも相手がしゃべりやすい話題を投げかけるように工夫して、あくまで「相手に話をさせる」という姿勢でインタビューすることが大切です

聞き上手になるポイント

聞き上手になるためには、いくつかポイントがあります。もちろん、自然体での聞き上手であることが最も好ましいです。ただ、話を聞くテクニックを意識して活用した方が良いでしょう。

例えば、インタビュー時の「あいづち」は、少し大げさなくらいにすると良いです。あいづちは、相手に対して「あなたの話を興味深く聞いています」と知らせることになります。そのため、あいづちを打つだけで、相手は「私の話に興味をもってくれている」と感じるようになるのです。

その他にも、「相手が身を乗り出してきたときには、自分も身を乗り出す」「冗談を言ったときには、満面の笑みで応える」といった姿勢は、相手に対して好感を与えることになります。

このように、取材時は少しオーバーリアクションの姿勢を意識した方が、相手に対して良い印象を与えることになるのです。

インタビュー序盤の注意点

取材相手が緊張している場合には、インタビューの序盤になかなか話が盛り上がらないことが多いです。そうしたときには、取材する側が工夫して相手の緊張を解かなければいけません。

例えば、インタビューの最初はいきなり質問をするのではなく、当たり障りのない話題から入ります。具体的には、「最近は暑くなりましたね」「今日は良い天気ですね」「この辺りは自然が多くて良いですね」など、誰でも返しやすい世間話をします。

また、インタビューとは関係のない話を行った後に質問をする際にも、最初は相手が答えやすい事柄から聞き始めます。いきなり核心的な質問をすると、相手が引いてしまう可能性があるためです。

イメージとしては、相手とキャッチボールをする感覚をもつと良いです。最初は、肩慣らしのために近くの距離で軽くキャッチボールをするように、相手が答えやすい話題を中心に話をもっていきます。そして、相手がインタビューに慣れてきたら、徐々にキャッチボールの距離を遠くしていくように、確信的な内容に迫っていくのです。

このようにインタビューの序盤では、相手の緊張を和らげて、話をしやすい雰囲気を作っていくことが重要になります。

ノートの取り方

インタビュー中は、ノートを取ることが基本です。レコーダーによる録音に加えてメモを取ることで、取材中にあなたが感じたことや、重要なポイントを整理することができます。また、メモを熱心に取りながら話を聞く姿勢は、取材相手に対して好印象を与えることになります。

ただ、メモを取るときにもいくつか意識すべきポイントがあります。

例えば、取材相手の中にはインタビュアーがメモ帳を取り出してメモを取り始めると、身構える人もいます。そのため、メモを取り始めるタイミングを考慮しなければいけません。簡単にいうと、その場の雰囲気を崩さないようなタイミングでメモ帳を取り出すように意識します

いってしまえば、相手が「いつメモ帳を取り出したの?」と感じるくらいのタイミングでメモ帳を取り出すのです。

また、メモを取るときの姿勢にも注意しなければいけません。あまりにメモすることに集中していると、相手は「話を聞いていない」と感じてしまいます。そうしたことを避けるためにも、相手の様子を伺いながらメモするように意識しましょう。メモをしながら視線やあいづちを上手く使うことで、相手に不快感を与えずにメモを取ることができます。

こうしたことからも、メモ帳を出すタイミングやメモの取り方も工夫することが大切です。

取材終了後の行動

取材によって情報を得るとき、取材中も大切ですが、それ以上に取材後の行動が重要になります。具体的には、取材によって得た情報の「ウラ取り」が欠かせません。いくら体験談といっても、情報が不正確なことがあれば、取材相手が大げさに話した場合もあるためです。

そのため、取材した後には得た情報に対する「ウラ取り」をすることが必要不可欠になります。つまり、情報の真相を確認するのです。ウラ取りをする方法は、いくつかあります。

例えば、第三者に対して「○○という話を伺ったのですが……」という風に、取材で得た情報を投げかけます。その投げかけを複数人に行い、みんなが肯定的な反応を示せば、情報の正確性は高いといえます。その一方で、否定的な反応をする人が多い場合、取材で得た情報の正確性を疑う必要があるのです。

このように、取材で得た情報はその真相を確認するようにしましょう。

今回述べたように、コンテンツ作成の情報収集には、主に「本を読む」「取材をする」という2つの方法があります。人気のコンテンツを書くためには、「どちらも欠かせないのが実際である」といえます。

ただ、本にしても取材にしても、情報を得る際にはいくつかポイントを押さえておくことが大切になります。

以上に挙げたポイントを意識して情報収集を行い、効果的かつ良質な情報を手に入れるようにしましょう。それが、人気のコンテンツを作成するための第一歩になります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録