商品を売ったりリアル店舗に誘導したりと、動画の活用はビジネスを動かすうえで有効なツールです。ただ、その使い方を誤ると効果が半減してしまいます。

多くの人が行ってしまうのは、メッセージやキーワードを動画内にたくさん入れてしまうことです。これでは軸がぼやけてしまうため、視聴者の記憶に残ることはありません。それでは、どのようなことを意識して映像制作をすればいいのでしょうか。

メッセージは一つに絞る

決められた時間の中で話を進めるとき、多くのことを詰め込んではいけません。あれもこれもと話してしまうと、結局のところ何が言いたかったのか分からなくなってしまいます。例えば、以下のようになります。

朝に起きたときは雨でしたが、通勤途中で日が差して虹を見ることができました。とれもキレイだったので、この晴れやかな気持ちのまま仕事を頑張れそうです。まずは、今日は3件の面談をこなします。

ありがちな内容ですが、「朝に雨だった」「虹を見てキレイだった」「仕事を頑張れそう」「3件の面談をこなす」のうち、何に焦点を当てているのか分かりにくいです。

こうしたスピーチは誰もが一度は聞いたことがあります。それは、始業式などの場で語る校長先生の話です。話が無駄に長く、内容もいろいろと変わっていきます。話の中身が面白くないだけでなく、言いたいことが分からないので理解するのが難しいです。

ただ、学校の校長先生だけでなく、このようなミスは多くの人が犯してしまいがちです。そこで先ほどの例であれば、以下のようにメッセージやキーワードを絞らなければいけません。

通勤途中で幸運にも虹を見て、心が晴れやかになりました。

このように言いたいことを少なくするほど、メッセージが刺さるようになります。基本的には、「メッセージやキーワードが少ない内容であるほど良い」と考えてください。動画を作るときは最初に伝えたいことを明確にして、そこから内容を考えていくのです。

例えばどうしても伝えたいメッセージが3つある場合、映像を3つに分けてください。それぞれ別動画を作ることにより、内容を鋭くしていくのです。

ゴールを明確にして導線を用意する

ビジネス目的の動画であれば、必ずゴールを設定する必要があります。ゴールとは、あなたの売上や利益に貢献する「何か」になります。例えば、作家であれば本を買ってもらうことがゴールであり、店舗運営をしている人ならリアル店舗に足を運んでもらうことがゴールです。

ゴールを定めた後は、視聴者に1つのメッセージを投げかけます。先ほどであれば、「本を買ってもらう」「リアル店舗に来てもらう」というゴールを達成するため、メッセージを伝えるのです。ビジネスでの売上を出すための導線を張る行為であるともいえます。

もちろん、このときは視聴者にとって有益な情報発信を心がける必要があります。ウェブ動画というのは、視聴者にとって楽しみや新たな気付きを与える動画でなければいけません。こうした映像を見せた後に行動を促すメッセージを伝えることで、ようやくビジネスが動きはじめます。

映像制作では、あなたの好きな動画を作ればいいのではありません。ゴールを明確にしてメッセージやキーワードを少なくした動画にします。さらには映像を視聴した後、「この内容は素晴らしい」と思わせる必要があります。こうして視聴者を行動させることで、売上を増大させるように仕向けます。

多くの人はここまで考えてビジネス用の動画を作成しません。ただ、これらを理解した上で実践すれば、すぐにトップ数%の中に入ることができます。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認