office-170638_640

世の中には、マーケティングに関係するさまざまなビジネス書で溢れかえっています。そのため、マーケティング手法を学ぶための情報を集めるのに苦労することはほぼありません。言葉を裏返せば、集客に関する情報が多い分だけ、どれが効果的な手法なのかをしっかり選別する必要があると考えられます。

マーケティング手法を大きく分類すると、最新の流行のテクニックと昔からある不変的な手法とに分けることができます。そして、新しいマーケティングの方法だけでなく、昔からあるマーケティング手法を自身のビジネスに活用することで、大きな成果を出せるようになります。

そこで、新しい手法に加えて、昔から存在する不変的なマーケティング手法を取り入れることの重要性について解説していきます。流行や季節に左右されないビジネスを考え、マーケットを拡大させることが大きな成果につながります。

先人たちの不変的なマーケティング手法を用いる意義とは

冒頭で述べた通り、世の中に存在するマーケティング手法を大きく分けると、海外などで流行している最先端の方法と、昔から存在する不変的な手法とに分類することができます。そして、多くのマーケッターやビジネスマンは、最近のマーケティング手法に目が行きがちです。

確かに、流行のテクニックによる効果的な手法を取り入れることで、ビジネスで大きな成果を出すことが可能です。そして、実際に結果を出せること自体は良いことです。しかし、昔から存在する不変的な手法と比べると、「お客様との信頼を築く」ことなど、どうしても勝てない部分があります。

そのため、最新のマーケティング手法ばかりを意識するのではなく、先人たちが築き上げてきたマーケティング手法にも目を向け、それを自分のビジネスに活かすことが大切です。

手間がかかるからこそ、ライバルが少なくなる

しかし、マーケッターやビジネスマンによっては、昔から存在する変わらないマーケティング手法を敬遠してしまいます。なぜなら、古くからあるマーケティング手法は、確かに効果が高いものの、とても手間がかかるものであるからです。

例えば、「お客様に対して誠実に対応し、最大限に満足してもらうことで、そのお客様を介して友人を紹介してもらう」などは最も古典的で威力が大きいです。ただ、実際に行うのは大変です。そのため、より簡単に売り上げを伸ばす方法ばかりに注目しがちになってしまいます。

しかし、手間がかかるということは、それだけその手法を実践するライバルが減るということになります。要するに、手間がかかること自体が参入障壁になるのです。もし、同業他社がやりたがらない手法を使うことで大きな成果を出すことができれば、自身の業界の1位を獲得することも十分に可能になります。

流行のテクニックを取り入れる場合の注意点

世の中には、数多くのマーケティング手法が存在します。これらのうち、最先端の流行のマーケティングテクニックを自身のビジネスに取り入れる場合、1つ大きな注意点があります。それは、「その手法に効果があるかを知った上で活用する」ことです。

そもそも、「流行の手法」自体、実績とネームバリューのある大手企業や力のあるビジネスマンが作り上げています。つまり、流行のマーケティング手法は、特定の企業やビジネスマンが集客などのマーケティングのために考案されたものの可能性が高いといえます。

このような意図があって作られたマーケティング手法を取り入れた場合、残念ながらビジネスでの大きな成果は望めません。そのため、最新のマーケティング手法を安易に取り入れるのは危険であるといえます。

普遍的な手法を取り入れると早く成果が出る

また、新しい流行のマーケティング手法の多くは、昔からある不変的な方法の表現を少し変えたようなものばかりです。そのため、人によっては最先端のマーケティングを「複雑でわかりにくい」と感じてしまい、その本質を理解できない恐れがあります。

このようなことを考えると、先人たちに培われてきたマーケティング手法を扱う方が、流行のテクニックに惑わされるよりも、結果的にすばやく成果を出せることに気が付きます。そのため、実際にビジネスで売り上げを伸ばしたい場合には、昔からある不変的なマーケティング手法を熟知し、それを自社のビジネスに活用することが大切です。

このように、マーケティング手法をビジネスに取り入れる場合、昔から存在する不変的なものを優先的に学んで実践に用いることが重要です。その一方で、最先端の流行の手法については、その方法が本当に効果大であると判断できない限りは、活用しない方が良いといえます。

このような形でマーケティングを行うことによって、ライバルが入り込めない参入障壁を作りつつ大きな成果を出せるようになります。

消費のニーズがマーケット成長に関わる

ここまでを理解したうえで、マーケットを拡大させることを考えるとよりビジネスが飛躍していくようになります。

それでは、どのようなときマーケットが拡大するようになるのでしょうか。それは、消費ニーズが広がっていくときだけに起こります。ビジネスの考え方自体は非常にシンプルです。難しく考えるほどビジネスで失敗するため、できるだけ単純に物事を考える必要があります。

そこで、マーケットを成長させて大きな市場で勝負するためには、「消費ニーズをどれだけ拡大させるか」だけを考えれば問題ありません。こうした考え方はあなたのビジネスを加速させるだけでなく、どのようにすれば地方創生まで実現できるのかまで応用可能となります。

どの季節でも売れる商品を作成する

商品によっては、季節によって売り上げが大きく異なります。最も分かりやすいのは、ウィンタースポーツです。スキーやスノーボードなどは、冬の時期でしか稼ぐことができません。しかも、こうしたビジネスは天候に左右されますし、夏になると暇になるので、これだけでビジネスを動かすのは賢い選択とはいえません。

そうではなく、ビジネスを行う以上はどの季節であっても通用する内容にしなければいけません。例えば観光であれば、春夏秋冬で商品を作る必要があります。また、時期によって動くマーケットも把握しなければいけません。

例えば、4~6月は父親を除いた家族での旅行者が多くなります。この時期は人事異動などにより、父親は忙しいです。ただ、子供は新学期が始まったばかりであり、気温も上がって旅行日和になるので祖父祖母を含めた旅が多くなるのです。他には、8~9月は学生の旅行が多くなります。大学が夏休みということも関係しているため、女子旅や学生がターゲットになるのです。

こうしたことを考え、市場が欲しているものを確認しながら商品を開発していきます。どの季節にも対応できる商品やサービスを提供するのは、ビジネスにおいて基本だといえます。

ただ、これだけでは不十分であり、マーケットは成長していきません。あなたが行うビジネスを拡大させるためには、消費のニーズを増大させるために頭を使う必要があります。

消費のニーズを広げる

ビジネスでは、「消費のニーズ」がそこになければマーケットは成長しません。もっとわかりやすく言えば、必要とする人がいなければあなたのビジネスが拡大することはありません。

経済は流通で成り立っています。そのため、人がいてお金を使ってくれなければビジネスを行うことができません。いくら素晴らしい商品を開発したとしても、それを活用してくれる人がいなければ意味がないのです。そこで、消費をする人間の数を増やさなければいけません。人が増えれば、勝手にビジネスが伸びていきます。

ここまでを理解すれば、地方の活力を高める方法は「人を増やす」ことしかあり得ないことが分かります。つまり、地方再生のキモは「消費を増やしてマーケットを拡大させる」ことにあるのです。

ビジネスではすべて人が関わっている

ただ、日本の人口が減少している現実を見たとき、取るべき方法は2つしかありません。1つは、何とかして出生率を上げて人口を増やす方法です。ただ、この方法が至難であることは誰でも想像できます。

そこで、もう1つの方法があります。それは、他から人を呼ぶという方法です。

もちろん、これは日本国内だけに留まりません。海外から人を呼んでも問題ありません。日本には、独自の文化があります。そこで、その文化を海外に向けて発信することで、外国人客を大量に呼び込むという方法であっても消費のニーズを拡大させることができます。

海外からたくさんの人を呼べば、それだけで消費のマーケットを自ら創出することができるのです。

今回は、マーケットの成長や地方創生に関する一例を述べましたが、「マーケットを拡大させる唯一の方法は、消費する人を増やすことである」という本質を見極める必要があります。そうすれば、いくらでも対応策を練ることができます。マーケットを創出する方法というのは、他から人を呼び寄せることにあるのです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認