会社勤めのサラリーマンであれば、誰しもが高い給料を望みます。このとき、ただ働いているだけで給料が上がっていくことはありません。戦略的に考えて実行することで、ようやく会社から認められるようになります。

「会社から認められる」というのは、出世することとイコールです。そして変な給与体制でない限り、出世すれば年収が上がります。社内での影響力も大きくなるため、仕事の幅が広がります。

それでは、どのように考えれば最短で出世できるようになるのでしょうか。それは、自分の直属の上司が出世するように、あなたが活躍することです。また、あなたのお客さんが成功することを助けることも重要です。

なぜ、この2つが会社内で活躍するために必要なのでしょうか。サラリーマンが行うべき社内での出世方法について解説していきます。

上司の出世が自分の出世につながる

多くの人は「自分が大きな成果を出せば出世できる」と勘違いしています。できるだけ良い数字を出すなど、好調な成績なら自動的に出世街道を進み給料も上がるという理論です。

ただ間違ってはいないですが、それだけでは不十分です。会社の成績というのは、個人単位ではなく全体で考えなければいけないからです。

定期的に決まったお金(給料)が振り込まれるというサラリーマンであれば、例えば営業職としてどれだけトップの成績を残しても、給料が下がってしまうことがよくあります。個人の成績が良かったとしても、会社全体の利益が大幅に減ってしまえば、給料が上がるどころか減額になってしまうのです。

出世したり給料を上げたりするためには、個人の成績が優れているのは当然です。ただ、それだけでは不十分であり、そこにプラスアルファがなければいけません。

プラスアルファというのは、「自分の上司が出世することを必死で考える」ことです。例えば営業組織に属していて、上司が5名程度のチームを束ねているのであれば、チーム全体が勝つことを考えなければいけません。その上司にとって、5人の部下が成果を出すことこそ使命だからです。

チームが圧倒的な成果を出すことができれば、あなたの上司は出世するようになります。あなたがもっているノウハウを他の人へ移植したり、上司を補佐したりすることで、自分だけでなくチーム全体が勝てるように仕向けていきます。当然、そうなると会社全体の業績もアップします。

上司の出世はあなたへプラスの影響をもたらす

この状態であれば、上司は「あなたの活躍によって自分の成績が上がった」ことを必ず認識するようになります。

そうなれば上司との関係が良好になるだけでなく、その上司が出世して大きな影響力をもったとき、必ずあなたにとってプラスに働きます。良い案件を投げてもらえるかもしれませんし、あなたが出世するように周りに働きかけてくれるかもしれません。

起業家に限らずサラリーマンであっても、ビジネスで大きな成果を出せる人は「自分よりも目上の人に貢献する」ことを実践しています。

ゼロからビジネスを開始する人であっても、自分より上の人に対して無償で貢献できる人は圧倒的に少ないです。実際、サラリーマンでこうした一流の思考ができる人は1%にも満たないです。ただ、この考え方を自分の中に落とし込んで実行できれば、社内での出世くらいは簡単です。

無能な上司を嘆いても何も生まれない

しかし実際のところ、「上司が無能だ」「仕事のできない上司についてしまった」と嘆く人は多いです。ただ、そのような発言をしている以上は、自分が無能であると公言しているのと同じです。上司を変えることができません。この場合、上司が変わらないという事実を認識したうえで、あなたがどのように行動するのかが最も重要になります。

上司が無能だとはいっても、上司にも何かしらの強みや得意分野が必ずあるはずです。それと同時に、不得意な分野もあります。人間である以上は、何でも行えるスーパーマンは存在しません。

そこで、あなたが上司の欠点を補ってあげることで、上司が面倒を見ている部下全員が成果を生み出すように仕向けることはできないでしょうか。これを実行に移すことで、あなたの上司は素晴らしい成果を出すようになります。

こうして上司の成績が上がると、結果としてあなたにスポットライトが当たるようになります。「上司が成果を出せた本当の理由は、あなたの活躍によるものである」と周囲の人や上司本人が認識するようになるからです。また自動的にうわさが広まることで、出世街道を進むようになります。

ビジネスでいえば、これは口コミが起こる仕組みと同じです。お客さんを感動させることで勝手に口コミが生まれるのと同じように、会社の中で口コミを広げるのです。こうした努力を重ね、上司の力を活用することが最短での出世につながります。

お客さんに関心をもつことが感動につながる

ここでさらに、あなたのお客さんについても最大限の関心を寄せるようにしましょう。上司とお客さんを勝たせることができれば、簡単に出世できるようになります。

実際のところ従業員が主体的に動き、本当の意味でお客さんのことを考えるようになれば、そこに感動が生まれます。ホスピタリティ(心からのおもてなし)の高い企業であるほど、こうしたお客さんの感動を常に意識しています。

それでは、どのようにすればお客さんの感動を生み出すことができるのでしょうか。それは、相手の心にあるセンターピンを意識できるかどうかにあります。これに気づいて実行することが、ホスピタリティを実践に移すうえで最も重要な考えになります。

心のセンターピンとは何か

ボーリングでストライクを取るためには、絶対に外してはいけないポイントがあります。それは、「必ずセンターピンを倒す」ことです。センターピンを外してしまえば、どのようなことがあってもストライクを取ることはできません。

これは、ビジネスでも同じです。単に商品開発をしたりサービスを提供したりするだけでは不十分です。お客さんが本当に望むものを提供することで、感謝されるように意識しなければいけません。多くの人はここを意識していないため、単に仕事をこなしているケースが大多数です。

例えば、医者の仕事は何でしょうか。もちろん、病気を治すことです。

ただ、医者には傲慢な人が多く「自分の技術だけで病気を治している」と考えている人が中にはいます。当然ながら、病気を治すうえでその人の技術や知識が大切なのは言うまでもありません。しかしながら、もっと重要なことがあります。それは、どれだけ患者さんと一緒に頑張っていけるかという心遣いです。

ある一定水準の知識や技術レベルを満たしてさえいれば、患者さんにとって医者のもっている高度な手技はあまり重要でないケースが多いです。それよりも、医者からの「自分と一緒に頑張りましょう」という言葉が、患者さんにとって一番の特効薬であることはよくあります。

患者さんにとってのセンターピンは、医者からの温かい言葉なのです。

本当に重要なことは他の場所にある

他の例として、テレビを海外で販売する場面を考えます。このとき、「最高の画素数を実現しています」「品質の高い音を聞けます」などの機能面を訴えようとする企業が大多数です。ただ、本当にお客さんはそのようなことを求めているのでしょうか。

例えばイスラム圏の人にとって、最も重要なポイントは何であるか分かるでしょうか。それは、1日に5回あるお祈りの時間です。

日本企業が海外向けテレビで機能面について一生懸命に訴えてかけているなか、韓国メーカーは「特定の時間になったとき、必ず礼拝の時間にあわせてコーランが流れる」という設定をしました。その結果、韓国メーカーのテレビがイスラム圏で爆発的に売れるようになりました。

宗教上の理由から、イスラム教の人たちにとってのテレビのセンターピンは「どの時間であっても、確実に礼拝できるように知らせてくれるシステム」だったのです。

このように、ただ高度な技術による商品を開発したとしても響くことはありません。本当の感動というのは、相手が望むものを提供したときに生まれるのです。

心のセンターピンの探し方

それでは、どのようにすればセンターピンに当たったかどうか分かるようになるのでしょうか。これは、お客さんの反応から見極めることができます。

単なる感謝では不十分であり、手紙をもらったり口コミによる紹介をもらったりするなど、サービスを受けた後にお客さんが自主的に何かしらの行動をするほどの感動を提供しなければいけません。

ただ、そもそもどのようにすれば心のセンターピンを見つけることができるのでしょうか。この答えは単純であるものの、かなり難しいです。それは、「本気で相手に関心をもつこと」にあります。

相手が望んでいるものを常に考えるようにしましょう。お客さんが心の底から欲しており、困っているものを意識するように注力するのです。無関心が最大の敵であり、相手と向き合うことでようやく心のセンターピンを発見できるようになります。そうしてセンターピンを発見したうえで行動すれば、大きな感動を与えることができます。

もちろん、「センターピンを発見した」とあなたが思ったとしても、外れることのほうが多いです。

それでも、常にお客さんが心の底から望むものを発見しようという心構えがあれば、あるときから常にお客さんへ感動を提供できるようになります。こうなると、勝手に口コミが起こるようになり、感謝されながらビジネスを行えるようになります。

こうしてお客さんのことを考え、さらには上司の出世まで考慮するようになれば、あなたは超優秀です。そうした人であるほど活躍の場が与えられ、影響力も大きくなります。社内でも社外でも、手助けしてくれる人は多くなります。

他人への最大限の貢献と応援は、自らを最短で成功させる

このように述べてきましたが、「自分自身を最短最速で成功させる方法は何か」を理解することができたでしょうか。

もっと端的にいうと、最短で成功する方法は「自分の周囲にいる他の人を成功させる」ことなのです。他人に対して最大限の貢献をすることで、結果として自分が成功していくのです。ただ、理論自体は単純であるものの、この方法を実際に行動に移すとなると、多くの人が実行できないという現実があります。

よくあるのは「成功したい」と言葉でいいながら、人に与えず自分のことしか考えていない人がほとんどであるという事実です。こうした事例は多いですが、そうした「搾取」の心構えでいると事業が軌道に乗ることはありません。他人への最大限の貢献こそが、本当の意味での成功につながります。

貢献が自らのステージを引き上げる

まだ実績のない段階の人であっても、リーダーとして他の人を引き上げる立場にある人であっても、何も考えずに他人へ貢献することが成功への近道になります。貢献できる人であれば、例外なく自らのステージを引き上げることが可能です。

例えば、最も早く社内で出世する方法は前述の通り、「自分の上司を出世させる」ことです。上司が有能・無能に関係なく、積極的にサポートするのです。そうしてチーム全体の成績を上げ、上司を出世させるのです。そうすれば上司は大きな権力をもち、結果的にあなたを引き上げてくれるようになります。

同じように、マネージャー職としてリーダー的な立場にある人であっても、部下を成功させることが自らの成功になります。部下に成績を出させ、大きな結果を得ることは自分の成果につながります。こうして、自分のステージを上げていきます。

これはスポーツの世界でも同様です。例えば、箱根駅伝で優勝した大学の中で、最も良い会社に就職する人は誰だか知っているでしょうか。これは、部長でなければエースでもありません。それは、部活を陰でずっと支えてきたマネージャーの女の子です。

部活のマネージャーは、自分自身が表舞台のステージに立つことはありません。ただ、コーチと打ち合わせをしたり、他の部員の世話をすべて引き受けたりして、それを実行に移します。要は、部活のマネージャーは「他の部員を成功させることだけを考える存在」だといえます。

そうして支えていき、実際に日本一になった部活のマネージャーというのは、どの企業にとっても欲しい人材だったのです。

他人を成功に導くことができる人であるほど、周りの人は放っておきません。他人を成功させると、自動的に自らのステージが上がるようになっているのです。

貢献こそが自分の価値を高める

自らを最短最速で成功させる方法というのは、実はかなりシンプルな考えの上に成り立っています。まずは、「周囲の人を成功に導くには、どのように行動すればいいのか」を本気で考えましょう。

サラリーマンとして働くとき、社内で出世する方法は非常に簡単です。それは、上司やお客さんに対して最大限の貢献を行えるかどうかだけです。これを行動に移すだけで、自ずから評価されるようになります。

会社経営など自らビジネスを動かすときに比べて、会社員は既に売る商品や看板があります。社内リソースもあり、後はどれだけ周囲に貢献できるかを考えるだけだといえます。

もちろん応援する相手は選ぶ必要があるものの、本当の意味で周囲の人を成功に導くことができれば、1年後にはまったく違う世界をあなた自身が見られるようになっています。これを理解したうえで、上司やお客さんなど他人を成功させることだけを考えて行動に移すようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認