世の中には、黒字倒産という言葉があります。会社が黒字であるにも関わらず、倒産してしまうのが黒字倒産です。なぜ、黒字であるにも関わらず会社が潰れてしまうのでしょうか。これを理解するためには、「会社が倒産する条件」を最初に学ぶ必要があります。

その後、「どのような場合で黒字倒産が起こるのか」を理解すれば、現金の回収がどれだけ重要なのか分かるようになります。

黒字倒産の仕組み

利益が出ているにもかかわらず、会社が破産してしまうのは不思議な気がします。ただ、現実に黒字倒産をする企業はたくさんあります。

そもそも、赤字や黒字は倒産に関係ありません。黒字でも倒産する会社があれば、毎年赤字でも何とか凌いでいる会社もあります。この違いは何かというと、「会社の中に現金があるかどうか」です。

いくら売上や利益が出ていたとしても、現金を回収できていないことはよくあります。多くの企業はツケで商売するからです。商品を売ったとしても、それは「お金を受け取れる権利が発生した」というだけであり、相手先が支払ってくれなければ現金は入ってきません。

例えば、あなたが現金100万円をもっていたとします。ここから、90万円を使って商品を仕入れ、200万円で売ったとします。このときの利益は「200万円(売値) - 90万円(仕入れ値) = 110万円」です。ただ、商品を送ったとしても、実際の入金が数か月後であればどうでしょうか。

後で200万円の入金が約束されているにしても、手元には「100万円(元々のお金) - 90万円(商品の仕入れに使ったお金) = 10万円」しかありません。200万円が入ってくるまで、10万円で家賃や経費の支払いなどを工面する必要があります。

このとき、「急に銀行からお金の返済を要求された」「相手先から、1年後でいいと言われていた請求書の支払いを明日中にして欲しいといわれた」などの非常事態が起こると、会社は倒産します。「お金の支払いが滞る=会社の倒産」を意味するからです。

このように、たとえ利益が出ていたとしても、社内に現金がなくてお金を支払えなくなれば、会社は潰れてしまいます。これが、黒字倒産が起こる仕組みです。

赤字だから倒産するのではなく、お金の支払い能力がなくなるから会社は倒産するのです。社長の財布からまかなうことができれば倒産を免れますが、それでも限界はあります。次に、黒字倒産が起こるケースをみていきます。

大量の売掛金がある場合

企業間での商売はツケ払いが基本です。企業が商品を売り上げたとき、ツケにしておいて後でお金を回収するのです。このとき、「ツケておいたお金」のことを売掛金といいます。売掛金は「後でお金を受け取ることのできる権利」ともいえます。

先に示した例では、90万円の商品を200万円で売っていました。このときは「200万円の売掛金が発生した」となります。言い換えれば、「後で200万円を受け取る権利が発生した」といえます。ただし、売掛金によって売上を計上したとしても、入金はまだまだ先です。

お金が入ってきていないため、その間は何とかしてやり繰りしなければいけません。つまり、売掛金が多いとその分だけ資金不足に陥ります。このときに銀行への返済や急なお金の請求をされたとき、支払い能力がないと会社の命はそこで終わります。

大量の棚卸資産がある場合

他にも、大量の棚卸資産が存在するケースでも黒字倒産が起こります。棚卸資産とは、簡単に考えると「在庫」のことだと思ってください。商品がないとビジネスができないため、売るための商品や材料をストックしておく必要があります。これが在庫です。

在庫を仕入れると、その分だけ相手先への現金の支払い義務が発生します。これについては、問題ないはずです。ただ、売上を計上するときに問題が発生します。

売上として数字を上げるためには、実際に商品が売れなければいけません。このときの利益は「売上-売上原価(商品の仕入れ値)=利益」で算出します。

商品が売れたときに売上が発生するのと同じように、売上原価も商品(在庫)が売れたときに発生します。商品(在庫)が売れると、それだけ売上原価は増えていきます。逆に言えば、「商品(在庫)が売れ残るほど売上原価が少なくなる」ことを意味します。

売上原価は「期首棚卸資産(最初にあった在庫)+当期仕入高(1年で売った在庫)-期末棚卸資産(売れ残った在庫)」で計算します。

この式から見て分かる通り、期末棚卸資産(売れ残った在庫)が多ければ多いほど、売上原価の数値が少なくなります。つまり、見た目上の利益額は多くなります。

利益額は多くても、在庫がお金になるのは「実際に商品(在庫)が売れて入金されたとき」だけです。しかし、在庫が多いほど利益額が増えるという矛盾が起こるため、黒字であるにも関わらずお金がないという状況に陥ります。

見た目の利益額に捉われていると、会社内に現金がない状態に気が付きにくいです。そのため、過剰在庫(大量の棚卸資産)は避けなければいけません。

このように、売掛金の増加(入金のタイミングのズレ)や大量の棚卸資産(在庫が増えることで見かけ上の利益が増える)などによって黒字倒産が起こります。他にも黒字倒産の理由はありますが、この2つを理解していればひとまずは問題ありません。

ビジネスで在庫をなくす方法

それでは、そもそも在庫をもたないようにすることは可能なのでしょうか。同じネットビジネスの中でも、ECサイトの運営では在庫が必要になります。このとき、「方法によっては在庫を持たなければ良いのではないか」と考えることができます。

そこで、ECサイト運営を行う上で在庫を持たなくても良いモデルをいくつか紹介します。

受注販売

通常であれば、既に在庫を抱えている上で商品を発送します。つまり、以下のような流れとなっています。

・商品を仕入れる → 注文を受ける → 商品の発送

そこで、この順番を入れ替えます。具体的には、次のようにします。

・注文を受ける→ 商品を仕入れる → 商品の発送

このように、お客様から注文を受けた後にメーカーへ商品の発注をして取り寄せます。これを受注販売と言います。

これによって、商品が返品されない限り在庫の売れ残りがゼロになります。

ただし、デメリットとしては「商品の出荷に時間がかかる」という事があります。これを難しい言葉で「リードタイムが長くなる」と表現します。

もし他のECサイトも同じような商品を並べているのであれば、競合優位性がなくなってしまいます。つまり、商品が売れなくなります。

確かに在庫問題がなくなって資金ショートを引き起こす可能性を大幅に減らすことはできますが、全く儲からないECサイトが完成してしまいます。

委託販売、消化仕入

他にも、在庫をなくす方法として委託販売というものがあります。委託販売ではメーカーから商品を預かり、売れ残ったら預かった商品を返品することができます。これは大型書店などが行っている方法です。

他にも、「商品が売れたら仕入れる」という消化仕入もあります。

委託販売と消化仕入は若干意味が異なりますが、「相手の商品を預かり、売れた場合だけこちら側の売上にする」という意味ではどちらも同じです。

ただし、これはかなりの強気の戦略であるため、個人でビジネスを行う場合は不可能に近いです。メーカー側にリスクを転化させる方法であるため、メーカーはなかなかこの方法を認めてはくれません。

これらの方法は大型書店だからできるのです。

BTO(受注生産方式)

売れた後に商品を作る方法を受注生産方式と言います。実際に売れた後に商品を取り寄せる受注販売と方式が似ています。

ただし、この受注生産方式では商品の受注を受けた後に生産できるシステムがないといけません。大企業が行う方法であり、個人では難しいです。

やはりECサイトで在庫を回避するのは難しい

これらの事を考慮すると、やはり物販を行うECサイトで在庫問題を回避するのはとても難しいです。

それでもECサイトを立ち上げたいのであれば、それでも良いです。実際に、ECサイトで莫大な利益を上げて成功している人はたくさんいます。

ただし、ECサイトの末路はほとんどの場合で倒産となります。

ECサイトで在庫を持たなくても良い唯一の方法

ECサイトでもこれらの在庫問題を全て解決できる唯一の方法があります。それは、「ECサイトで電子媒体(デジタルコンテンツ)を売る」という方法です。

つまり、ECサイトに商品を並べ、自動ダウンロードさせるのです。この時のデジタルコンテンツとしては以下のようなものがあります。

・テキスト
・音声
・画像
・動画

この中で、私がこれまでに売ったことのないのは画像だけです。

画像は「綺麗な風景」や「ウェブデザイナーが作成した画像」などになるため、個人で行うには少しハードルが高いです。

しかし、テキストや音声、動画であれば誰でも作成することができます。これによって、商品の量産を行うことができます。

さらに言えば、自分が商品を作るので個人がメーカーになれます。ネットを使うので、自分で販売して納品し、集金までを自動化させることができます。

リアルビジネスで商品を作り出し、集客から販売まで行うのは超大型の企業でないと難しいです。ユニクロなどがこれに該当します。

ただし、ネットビジネスではむしろこの考えが当たり前となります。

このように、情報としてデジタルコンテンツをECサイトで売るのであれば問題ありません。情報と言う無形のものを売ることにより、在庫なしで超高利益率を叩き出すECサイトになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認