会計上は黒字であっても、会社が倒産してしまうことがあります。これを、黒字倒産と呼びます。
黒字なのに会社が倒産してしまうのは奇妙のようにも思えますが、お金が流れる仕組みを少しでも学べば「なぜ黒字倒産が起こるのか」を理解することができます

黒字倒産が起こる理由

ビジネスを始めようとする場合、信頼がないのでメーカーから商品を仕入れる場合は必ず先払いになります。しかし、たとえ商品を売ったとしてもクレジット決済などでは入金が後になります。

つまり、入金が遅いために手元に資金がないです。それにも関わらず、商品を仕入れるためにメーカーには先払いでお金を払わなければいけません。

この状態が、いわゆる「資金繰りが厳しい」という状況です。

企業が倒産するのは赤字だからではありません。何年も赤字を出し続けていても、生き残っている企業はいくらでもあります。

しかし、いくら黒字の企業でも資金繰りが悪ければ倒産してしまいます。つまり、利益を出した金額ではなく「現時点で手元にお金がどれだけ残っているか」が倒産するかどうかの分かれ目となります。

このような黒字倒産が起こる最も多い例としては、「手形の不渡り」があります。手形とは、例えば「『3ヵ月後に必ず100万支払います』という約束をした紙」と認識できれば問題ありません。

ここでの手形とは、相手に支払いを約束する支払手形となります。このような約束をしているにも関わらず、手元に資金がなければ手形に書かれている約束を果たすことができません。

例えば、100万の商品を仕入れて300万で売ったとします。すると、会計上では200万の黒字となります。

しかし、この時に売り上げた300万はすぐにあなたの元に入金されません。1ヵ月後かもしれませんし、2ヵ月後かもしれません。

さらに言えば、売り上げた300万が本当に約束された日に入金されるかどうかも分かりません。相手企業が「少し待ってください」と言うかもしれません。

この間、あなたの元にはメーカーから支払いの請求書がどんどん届くようになります。手元にお金が全くないにも関わらず、「お金を支払ってください」と催促されます。

もしこの時、支払手形をメーカーなどに発行しており、例えば「○月○日までに100万円支払います」という約束をしていたとすれば、この約束を期日までに果たすことができません。

支払手形に書かれた約束が果たせなかった場合、これをいわゆる「不渡り」と表現します。不渡りを起こすとあらゆる銀行からの取引が停止され、これによって会社の倒産となります。

たとえ黒字であってもお金が入金されず、手元にお金がないために資金ショートすることで不渡りを起こしてしまうのです。これが原因となって、黒字でも会社が潰れていくのです。

お金の流れをキャッシュフローと表現しますが、早い話「お金がどれだけ自分の手元に残っているか」を考えることがキャッシュフローで重要となります。

ネットビジネスではどうか

インターネットを使ったビジネスではこれらの問題がほとんどありません。無理をして過剰な広告費を出さない限り、破綻することはないです。

人件費はゼロで在庫もありません。店舗代もかからず、集客や商品を売ることだけを考えれば良いです。

これがネットビジネスを始める上で金銭的リスクがない理由となります。コストがかからないので、普通では考えられないような高利益率でもあります。

勝負するのはあなたの頭だけであるため、破綻するリスクが極めて少ないビジネスがネットビジネスです。

ビジネスで在庫をなくす方法

それでは、そもそも在庫をもたないようにすることは可能なのでしょうか。同じネットビジネスの中でも、ECサイトの運営では在庫が必要になります。このとき、「方法によっては在庫を持たなければ良いのではないか」と考えることができます。

そこで、ECサイト運営を行う上で在庫を持たなくても良いモデルをいくつか紹介します。

受注販売

通常であれば、既に在庫を抱えている上で商品を発送します。つまり、以下のような流れとなっています。

・商品を仕入れる → 注文を受ける → 商品の発送

そこで、この順番を入れ替えます。具体的には、次のようにします。

・注文を受ける→ 商品を仕入れる → 商品の発送

このように、お客様から注文を受けた後にメーカーへ商品の発注をして取り寄せます。これを受注販売と言います。

これによって、商品が返品されない限り在庫の売れ残りがゼロになります。

ただし、デメリットとしては「商品の出荷に時間がかかる」という事があります。これを難しい言葉で「リードタイムが長くなる」と表現します。

もし他のECサイトも同じような商品を並べているのであれば、競合優位性がなくなってしまいます。つまり、商品が売れなくなります。

確かに在庫問題がなくなって資金ショートを引き起こす可能性を大幅に減らすことはできますが、全く儲からないECサイトが完成してしまいます。

委託販売、消化仕入

他にも、在庫をなくす方法として委託販売というものがあります。委託販売ではメーカーから商品を預かり、売れ残ったら預かった商品を返品することができます。これは大型書店などが行っている方法です。

他にも、「商品が売れたら仕入れる」という消化仕入もあります。

委託販売と消化仕入は若干意味が異なりますが、「相手の商品を預かり、売れた場合だけこちら側の売上にする」という意味ではどちらも同じです。

ただし、これはかなりの強気の戦略であるため、個人でビジネスを行う場合は不可能に近いです。メーカー側にリスクを転化させる方法であるため、メーカーはなかなかこの方法を認めてはくれません。

これらの方法は大型書店だからできるのです。

BTO(受注生産方式)

売れた後に商品を作る方法を受注生産方式と言います。実際に売れた後に商品を取り寄せる受注販売と方式が似ています。

ただし、この受注生産方式では商品の受注を受けた後に生産できるシステムがないといけません。大企業が行う方法であり、個人では難しいです。

やはりECサイトで在庫を回避するのは難しい

これらの事を考慮すると、やはり物販を行うECサイトで在庫問題を回避するのはとても難しいです。

それでもECサイトを立ち上げたいのであれば、それでも良いです。実際に、ECサイトで莫大な利益を上げて成功している人はたくさんいます。

ただし、ECサイトの末路はほとんどの場合で倒産となります。

ECサイトで在庫を持たなくても良い唯一の方法

ECサイトでもこれらの在庫問題を全て解決できる唯一の方法があります。それは、「ECサイトで電子媒体(デジタルコンテンツ)を売る」という方法です。

つまり、ECサイトに商品を並べ、自動ダウンロードさせるのです。この時のデジタルコンテンツとしては以下のようなものがあります。

・テキスト
・音声
・画像
・動画

この中で、私がこれまでに売ったことのないのは画像だけです。

画像は「綺麗な風景」や「ウェブデザイナーが作成した画像」などになるため、個人で行うには少しハードルが高いです。

しかし、テキストや音声、動画であれば誰でも作成することができます。これによって、商品の量産を行うことができます。

さらに言えば、自分が商品を作るので個人がメーカーになれます。ネットを使うので、自分で販売して納品し、集金までを自動化させることができます。

リアルビジネスで商品を作り出し、集客から販売まで行うのは超大型の企業でないと難しいです。ユニクロなどがこれに該当します。

ただし、ネットビジネスではむしろこの考えが当たり前となります。

このように、情報としてデジタルコンテンツをECサイトで売るのであれば問題ありません。情報と言う無形のものを売ることにより、在庫なしで超高利益率を叩き出すECサイトになります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録