金持ちになるための条件は一つしかありません。これは、「金持ち父さん貧乏父さん」という本に明確に書かれています。

それは、「資産」を持っているかどうかです。資産を持つことができれば、誰でも金持ちになれます。ただし、世の中の多くの人が資産の定義を勘違いしています。

また、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ人であっても、ほとんどの人がその内容を勘違いをしています。多分、「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ人の中で「あの本は不動産投資について書いた内容だ」と多くの人が思ったはずです。

このように勘違いをしている人が多い領域なので、きちんと説明をしていこうと思います。まずは、動画でその内容を確認してください。

資産とは何か

「あなたにとって資産は何ですか」と聞くと、多くの人は車や家を資産だと答えます。しかし実際は逆であり、車や家は負債になります。これら負債を持っているほど、あなたは貧乏になっていきます。

「金持ち父さん貧乏父さん」の中では、とても分かりやすい言葉で「資産」と「負債」の違いについて説明しています。この本の中では次のように定義付けられています。

・資産:あなたのポケットにお金を入れてくれるもの

・負債:あなたのポケットからお金を取っていくもの

例えば車を一台持っているだけで、保険代や重量税、ガソリン代と多くのお金が勝手に消えていきます。家にしても同じです。大きな家を持つほど、その分だけ税金が取られていきます。

つまり、これら車や家は何もしないでもあなたのポケットからお金を奪っていく負債になります。多くの人が資産だと勘違いしている物のほとんどが実は負債です。まずはこれを認識しなければいけません。

ただしこれは考え方にもよります。あなたが家を持っていてそこに住んでいるとすれば、その家は税金としてあなたからお金を奪っていく負債になります。

そこで、この家を借家として他人に貸すようにします。たとえ税金としてお金を取られたとしても、その家賃収入で黒字にすることができれば、その家は何もしなくてもあなたのポケットにお金を入れてくれる資産となります。

この例から分かる通り、どのように活用するかによって資産にも負債にもなります。お金持ちになるためにはこの資産を増やす必要があります。

あなたにとっての資産は何か

「金持ち父さん貧乏父さん」の中には、不動産を持つことによって資産を増やす方法が書かれています。これを受けて、多くの人は不動産投資について書かれている本だと思ってしまいます。

しかし、実際のところそうではありません。それは本に書かれている表面上の言葉をなぞっただけであり、その裏にある本質を理解しなければいけません。

この本では不動産や株として資産を持つことが良いとされています。しかし、私は不動産に興味がありませんし、株を持ちたいとも思いません。

重要なのは、「ポケットにお金を入れてくれるものであれば何でも資産になる」という考えができるかどうかです。

例えば、私の場合はサイトが資産になります。私は強力なサイトをいくつも保有していますが、どのサイトも何もしなくても私に収益をもたらしてくれます。つまり、放置で収益が発生するのであれば何でも資産になります。

この資産が人によってブログかもしれませんし、メルマガかもしれません。少し上級者になれば、会社を自動で収益をもたらしてくれる資産にしている人もいます。これが本当の意味での資産です。

負債への支出を減らす

これを理解した上で、「あなたがどのような資産を作ることができるのか」を考える必要があります。リアルビジネスで資産を作るのは難しいですが、ネットでは簡単です。私のように個人でも巨大な資産を作ることができます。

しかし、多くの人は負債にお金を支払うのが大好きです。持っているだけでお金が減っていく車を買いたがりますし、何年もローンを組んで家を購入したがります。だからこそ、ほとんどの人はお金がないと嘆いています。

お金を支払うべき対象を間違っているので、お金のない人がほとんどです。本当にお金に困らない生活をしたいのであれば、資産を作るためにお金を支払わないといけません。

「消費」と「投資」の違いを理解する

このように金持ちになるためには、まず初めに「資産」と「負債」の違いを理解する必要があります。お金がないと嘆いているほとんどの人は負債を手に入れるために大金を支払います。一方、金持ちは「いかに資産を増やすことができるか」だけを考えます。

これを理解した上で、次に「消費」と「投資」の違いについても理解しなければいけません。

消費と投資の違いについて

多くの人は消費が大好きです。だからこそ、いつまで経ってもお金のない生活が待っています。

「消費」とは、お金を使ってその後は何も生み出さない行為を指します。例えば、ブランド物が好きな女性がいますが、このブランド物のバッグを買う行為は消費です。

ブランド物を他人に見せびらかすことによって自己満足を満たすことができますが、そのような満足感を得たところで一円の得にもなりません。

別にこのような高額の物に限らず、他人の悪口だけを言うような飲み会や旅行の費用などは全て消費です。これらにお金を支払っても何もお金を生み出すことはありません。しかし、お金のないほとんどの人は消費が大好きです。

それに対して、支払ったお金を何倍にもする行為が投資です。私は車を持っていませんし、消費に対してはほとんどお金を使いません。むしろ、貧乏学生と同じような生活水準です。しかし、投資に対してはもの凄い大金をつぎ込みます。

例えば、私がネットだけで月収100万を越えるようになった以前に支払ったお金の中で、一番高かった買い物が300万円です。

値段は関係ない

多くの人は私が車でも購入したのだろうと思いますが全く違います。実は形があるものではありません。この300万円はコンサルティングを受けるための費用です。

私がビジネスを始めたばかりでビジネススキルがゼロだった時、これではいかんと思ってあるセミナーに出ました。この時のセミナー費用が5万円です。当時は地方の僻地に住んでいたので、交通費を入れたら10万円を軽く越します。

そのセミナーに出席した中で、バックエンドとしてセミナー講師から「私とジョイントしませんか?」というオファーがありました。この値段が300万です。

このお金を支払って本来は50万もする合宿に参加させてもらい、コンサルティングを受けながら自分のビジネススキルを磨いていって、一切の言い訳をせずにただひたすら努力してきました。

その結果として、コンサルティングを受けた3ヵ月後に月収が100万を越しました。

しかも、いわゆる「アフィリエイトで稼ぐ」のような誰でも考えられるようなレベルの低い次元ではないため、たとえビジネスモデルを話してもだれも真似することができません。

多くの人は300万のコンサル費用と聞くと「高い!!」と思います。しかし、そのような考えだからいつまで経っても貧乏なままで稼げません。

私は300万を高いとは思いませんでした。むしろ、300万を支払うことで「それから一生稼ぎ続けるだけの頭脳を20代のうちから手に入れることができる」と考えました。そして行動した結果、月収100万を越しました。

月収100万とは言っても、ネットビジネスをしている多くの人は単発での月収100万です。来月には収入がほとんどない人が多いです。

それに対して、私の場合は月収100万どころか、時間が経つにつれて収入が増え続けるシステムを組んでいます。そのため、確かに大変ではありますが一度システムを組んでしまえば後は楽をすることができます。

このように、金持ちになるためには「投資」の感覚を必ず身に付ける必要があります。支払ったお金以上の価値が後で返ってくるのであれば、積極的に投資しなければいけません。これは、経営者が必ず必要とする思考です。

投資を積極的に行うべき

300万円の車は高いです。私も高いと思います。なぜなら、300万円の車を買うのは単なる消費だからです。この車を買ったところで、一円にもならないどころか税金などで何もしなくてもお金が奪われていきます。

しかし、300万のコンサルを受けてそれが将来の何千万になるのであれば安いです。このように、投資を行う上で値段が高い安いの議論は意味がありません。それ以上のリターンが返ってくるのであれば、積極的に投資を行うべきです。

ビジネスでは必ず投資が必要になります。まずはこの感覚を身に付けてビジネスにチャレンジしてください。

別に300万円も出す必要はありませんが、私はこのような知識や経験を得た上で当サイトに全てを載せています。これを理解した上で、まずはサイト上に載せてある全ての情報に目を通してください。

そうしなければ、そもそもビジネスを始めても成功する確率は極めて低くなってしまいます。

元本保証型のビジネスは存在するのか

私が大幅に稼げるようになった原点として、300万支払ったコンサルティングがあります。確かに高かったですが、その代わりとして一生お金に困らないだけの頭脳を手に入れることができました。

ただこの時に稼げない人の多くが抱く疑問として、「それだけのお金を支払って、本当に稼げるようになるのか」ということがあります。

稼げない人の条件

結論から言えば、きちんとした先生に習って実行すれば必ず稼げるようになります。ただし条件があります。それは、本人がどんな時も言い訳をせずに、遊びに行かず寝る間も惜しんで努力した場合です。

実際、私がそうです。決して言い訳はせずに、上手くいかないのは全て自分の責任と考えて行動し続けました

確かに私が月収100万を越えるようになるまでに支払った一番高い買い物は300万円のコンサル費用ですが、本当に300万を支払ってもそれ以上稼げるようになるかは誰も分かりません。

当たり前ですが、例えどれだけ良いコンサルティングを受けたとしても、それに満足して何も行動しなければ稼げるようにはなりません。

稼ぐようになるのは自分自身であり、「お金を払ったから稼げるようにしてくれ」という他力本願な思考ではいつまで経っても稼げるようにはなりません。何としてでも教えてもらった事を自分なりに応用しながら稼げるようになる必要があるのです。

元本保証型のビジネスは存在しない

この世に元本保証型のビジネスはありません。確かに投資の感覚がなければビジネスを行う資格はないですが、投資したお金が必ず戻ってくることもありません。

重要なのは、「投資したお金を何としてでも将来の何百倍にする」という事を頭の中に叩き込んで行動することにあります。これができないといけません。

そもそも、もし元本保証型のビジネスがこの世に存在するのであれば、それこそ私は誰にも教えずに自分だけ甘い汁を吸っています。ただし、周りを見てもそのようなビジネスをしている人がいない以上、元本保証のビジネスを望むのは諦めた方が良いです。

これを理解した上で、多くの人が大好きな「消費」ではなく、「投資」を積極的に行っていく必要があります。

私はサイト作成ソフトを購入していますが、この数万円のサイト作成ソフトを利用することで将来の何十万になると思って買いました。実際には、何十万どころか何百万にも化けています。

他にも教材を買うこともありますが、この教材の知識を元にして教材代の何倍もの現金を生み出しています。これが投資の考えです。

他人が自分を稼がせてくれるのではなく、何とかして自分の力で支払ったお金の何倍ものリターンを得るように努力するのです。これを理解しなければ、いつまで経っても元本保証型のビジネスを求めて稼げないままで終わってしまいます。

なぜ投資をしないのか

例えば、一万円の教材代を高いと思うでしょうか。もし本当に私が言っている事を理解しているのであれば違うかもしれませんが、ほとんどの人は高いと言います。しかし、そのような人に限ってなぜか「消費」が大好きです。

本気で頑張れば将来の何百倍になるであろう教材代は支払えないにも関わらず、キャバクラなど綺麗なお姉さんに支払うお金はいくらでもある男性は多いです。ブランド物に大金を支払う女性も同じです。

ここまでいかないにしても、飲み会が大好きな人であれば「飲み放題3000円」の安い居酒屋でも3回行けばほぼ一万円になります。一万円の教材を上手く活用すれば将来の何百万に化ける可能性がありますが、飲み会に行っても一円の得にもなりません。

その飲み会が「ビジネスで今後何百万を動かすようになるであろう話し合いの場」であれば良いですが、ほとんどがそうでないと思います。

多くの人は消費に対して喜んでお金を支払いますが、なぜか投資に対してはお金を使うのを渋ります。だから一生貧乏のままで、お金を毎月貰うためだけに会社に通う生活を続けます。

まずは投資の感覚を身に付けないといけませんし、投資を行った上で自分の力で何百倍ものリターンが返ってくるように努力しなければいけません。

元本保証型のビジネスは存在しないので、まずはこれを理解した上で「世の中にいる99%の稼げない人の思考」から脱却し、消費ではなくて投資が行えるようにマインドを変えていってください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録