aaa4

同じように努力したとしても、どのようなことに注力するかによってその後の成果は大きく変わってきます。大きな結果をだすとき、必ず重要事項に対して力を使わなければいけません。その他の事柄については、無視する思考が必要です。

なぜ、こうした考え方を実行できる人が成功できるのでしょうか。これには、パレートの法則という有名な概念で説明されています。パレートの法則は「80:20の法則」と呼ばれることもあります。

特に企業経営を行うとなると、成果を出す重要事項について注力しなければいけません。ただ、会社組織では重要事項が状況によって変わるため、何が重要なのかあを見極めながら判断する必要があります。

成果に直結する重要事項は全体の2割で決まる

世の中はすべて80:20の割合で動いています。例えば、離婚件数の80%うち、一回でも離婚を経験したことのある20%の人が占めていることを知っているでしょうか。つまり、同じ人が何度も結婚と離婚を繰り返しているため、結果として離婚件数が増えているのです。

考えてみれば当たり前ですが、人間的に優れている男女が結婚して本当の意味で幸せになれば、離婚する必要がありません。一方、何度も離婚する人であるほど、なぜか同じ過ちを繰り返します。

これは、ビジネスの場面でも同じです。コンビニなど店舗に並んでいる何万点もの商品のうち、わずか20%の商品が全体の80%の売り上げを作り出しています。つまり、売れ筋商品が利益を作り出しているのであり、残りの商品はただ鎮座しているだけにすぎません。

このように、20%というわずかな事象が全体の大きな成果を生み出しているという経験則がパレートの法則です。

この法則を発見したのは、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートです。彼はイタリアでの土地を調べたところ、2割の国民が全体の8割の土地を所有していることを報告しました。これは、2割の人が全体の8割の富をもっていることと同じ意味です。

そこで、パレートの法則を活用すれば、短い時間で大きな成果を出すことができます。生み出している仕事の成果のうち80%は、20%の労力によって生み出されているからです。

重要事項を考え、それだけを実行するべき

まず、あなたが行っている1日の行動を羅列していきましょう。また、1年後に生み出す成果を見通して、何をすべきかを書き出してみましょう。おそらく、何十個もの項目が並ぶことになるはずです。

その中から、「重要だと思わない8割の項目」を削除してください。そうすれば2割が残ります。あなたが行うべきは、このときに残った2割の事柄に対して注力することにあります。そうすれば、将来はより大きな成果を生み出せるようになります。

20%の重要事象に労力を使わなければ、成功するスピードは格段に遅くなります。

何かを行うことは、「しないことを決めること」である

ビジネスや富に限らず、パレートの法則はあらゆることで共通です。例えば勉強(学校のテスト)であれば、2割の大切なことをマスターするだけで、残り8割の問題を解けるようになります。スポーツであれば、重要な2割のトレーニングに打ち込むことで、8割の成果を出せるようになります。

成果というのは、このようにして創出するのです。

そして、このように行うことを決めて実行すれば、行動している時間は他のことができなくなります。つまり、何かを行うということは、「しないことを決める」ことだといえます。

やるべきことを決め、行わないことを排除していけば、成果は違ってきます。周りを見渡せば、いくら努力しても結果につながらない人がいると思います。これは、間違った努力をしており、重要事項を認識していないために起こります。

効率よく成功するためには、正しい努力が必要

一方、あまり努力しているように見えなくても、大きな成果を出す人がいます。これは、自分の得意分野を認識したうえで、注力すべきことを理解して行動した結果だといえます。

何かを行う上で、時間管理はとても重要です。それは、過ごすべき時間を意識するだけで、その後に待っている未来がかなり違ってくるからです。

これまで「活用すべき時間」について意識していなかった場合、どのようなものが20%の重要事項に当たるのかを考えながら行動してみてください。それだけで、将来の生み出せる8割の成果が違うものになってくるはずです。

企業の最重要事項は、会社の状況や経営者の環境で変わる

経営者や役員などに限らず、サラリーマンを含めて重要事項に注力しなければ効果的に成果を出せません。

ただ、人によって最も優先すべき事項は異なります。何に対して時間と労力を費やすかによって、その後の成果に大きな差が生まれるようになります。

それでは、企業にとっての最重要事項はいったい何なのでしょうか。実は、企業が優先すべきことは会社が置かれている状況や経営者の環境によって変わります。答えがないため、その場に応じて判断をしなければいけません。

営業マンなど、サラリーマンでは優先事項が決まっている

新規開拓や商品販売など、営業マンにとっての最重要事項は何かわかるでしょうか。実は、営業の優先事項は一つしかありません。それは、「アポ取り」です。

アポイントを取って商談しなければ、営業マンは商品を販売することができません。また、顧客と信頼関係を築くこともできません。そういう意味では、アポ取りをしなければ営業は何も始まりません。

実際、トップ営業マンであるほど、スケジュール帳を見ればアポイントの予約がギッシリと詰まっています。正月やお盆に関係なく、アポをたくさん入れています。もちろん、単にアポを入れるだけではいけませんが、多くの見込み客と会って商談するほうが圧倒的に数値に結びつきやすいといえます。

経営者(社長や役員)の優先事項は変化する

それに対して、企業経営者にとっての優先事項は何でしょうか。これは先ほど述べた通り、そのときの環境や状況によって変わります。営業マンのように、重要事項が一つではないのです。

起業したばかりの会社であれば、取引先やお客様との関係づくりが最も重要な課題になります。組織化を強固にしたい場合、採用が重要課題になります。売上が伸び悩んでいる場合、商品開発や集客を最も優先すべきかもしれません。

このように、置かれている状況が変われば、企業が行うべきことも変化するのです。そのため、会社経営者はその場に応じた適切な判断が求められます。

中小企業の運命は経営者によって決まる

こうした経営判断をミスしてしまうと、会社は傾きます。大企業では経営者が無能であっても多少は持ちこたえることができるものの、中小企業では経営者によってすべてが決まります。

経営不振に陥っている会社は多いですが、これは経営者がその場に応じた適切な判断をしていないことが原因です。本当に重要な最重要事項が見えていないのです。

特に多いのは、「何もしない」ことです。現状に甘んじて、特に対策を取ろうとしないのです。これは、「まったく行動しない」という判断を下したことになります。こうしてやるべきことを放置した結果、立ち直すことができずにつぶれていくのです。

例えば、当社では「自動でお客様が集まる仕組み」や「圧倒的に儲かるビジネスモデルの構築」などを組み立て、利益を増大させる支援をしています。ただ、実際にビジネスモデルを組んで指示を出しても、実際に行動する企業は1割にも満たないです。行動すれば、確実に稼げるとわかっているにも関わらずです。

こうした現状をみると、成長し続ける企業がほとんどいない理由を納得することができます。経営者が「行動しない」という判断をずっとしているため、結局のところ何も変わらないのです。変わりたいと言いながら、行動が伴っていないのです。

一方、行動することができる企業であれば、間違いなく大きな成果を出しています。「言っていること」と「行動」が合わさるため、1年後には莫大な利益が生まれるようになります。

企業にとって重要なのは、「最重要事項を見極めること」に加えて、「実際に行動すること」です。この2つがカチッと組み合わさることで、ビジネスで成果を出せるようになります。優先すべきことは状況に応じて変わるため、その都度ごとに適切な判断をくだし、行動していく必要があります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録