a3

世の中には、利益の追求だけを考える企業が多いです。確かに、企業経営をする以上は利益を出すことは重要であるものの、それだけにフォーカスするのではいけません。そこに必ず「お客様」の存在がないといけません。

ただ、実際のところ大企業や一流店舗であっても、お客様不在のまま利益を追求することが後を絶ちません。

例えば、過去にはザ・リッツ・カールトンや帝国ホテル、ヒルトン東京という超一流ホテルであっても、食品偽装問題で大きく報道されたことがあるくらいです。こうした企業であっても、お客様の存在を忘れることがあるのです。

利益の本質を学ぶ必要がある

ビジネスを展開する上では、最初に利益の本質とは何かについて学ばなければいけません。つまり利益の本質というのは、「お客様が喜んでくれた額」であるといえます。

例えば高級フレンチであれば、女性をデートに誘うとき男性が活用するかもしれません。このとき、良い雰囲気や男性が用意したサプライズで女性が満足してくれれば、男性にとっては次のデートの約束に繋げることができ、最高の内容になります。このときお店というのは、料理というよりも「非現実を楽しめる一瞬」を売っているといえます。

こうした感動を与えることで、お店はその対価を受け取ります。このときの対価が「お金」という形で返ってくるだけのことなのです。

悪だくみによる利益創出は長期的に損をする

一方で「お金という利益」を簡単に増大できる方法があります。例えばそれは、外国産の安い原料を仕入れ、国産の高級素材だとウソをついてお客様に出すという方法です。こうすれば、原価が下がるので利益額は簡単に本来の倍以上になります。

しかし、そのような手法に手を染めると、必ず後でその不正が表に出てしまいます。理由は単純であり、内部告発があるからです。どれだけ上から圧力がかかっていたとしても、道徳や法令に反することをすると必ず内部から反発がでます。これがある臨界点に達すると、周囲に悪いうわさが広まるようになるのです。

信頼を構築するのは難しいですが、悪いうわさは瞬時に広まり簡単に消えることはありません。一瞬でも悪いことを考えて実行に移した企業の多くが数年で潰れたり、業績を著しく悪化させたりするのは、こうした理由があるからなのです。

別にこれは産地偽装だけではありません。従業員の労働環境が劣悪なため、それが表に出ることで企業イメージが悪化して経営に苦しんでいる企業はたくさんあります。

利益を押し上げる方法として、他にも「人件費を安く抑える」という方法があります。ただ、それによって事業拡大した企業は安い人件費によって成り立つビジネスモデルを組んでいます。そのため、企業規模が大きくなって劣悪な内部環境が明らかになると、急に客離れが進んでお金に苦労するようになるのです。

ビジネスは目に見えない細部に宿る

企業にとって、利益を追求することは重要です。ただ、その利益が「どのように生み出されたのか」はもっと重要です。お客様へ提供する質を落とすことで利益を増大させたのであれば、後で必ずお客様からの信用を失います。その結果、ビジネスが破たんしていきます。

他にも、従業員の人件費を抑えることで実現した利益なのであれば、それも同様に悪いうわさが広まるようになります。従業員のモチベーションも落ちるため、生産性が上がらなくなります。これはサービスの質が落ちることを意味するため、あるときを境にして客離れが一気に加速します。

これらの要因が重なると、それまで事業が好調だったとしても資金繰りが急速に悪化して倒産への一歩を踏み出すようになります。このように考えると、「利益の生み出し方」がいかに重要であるかを理解することができます。

誠実さがビジネスに不可欠

ビジネスで成功し続ける人の共通点は「どれだけ誠実であるか」にあります。利益の追求というのは、「感動させた人の数を増やしたことによる利益」によっての実現でなければ意味がありません。この意味を理解して、誠実に接することのできる人だけがビジネスで永久に活躍できるといえます。

本当に重要な部分というのは、「お客様の目に見えない部分」に存在します。「飲食店による産地偽装問題」「従業員のコストカット」「工事会社による手抜き工事」「建築家やデザイナーによるパクリ問題」など、行おうと思えばお客様の目が届かない部分で、いくらでも不正行為ができてしまいます。

どれも利益を簡単に増大させることは可能ですが、こうした目に見えない細部にこそ、あなたがビジネスを行うときの本質が見えます。

したがって、そうした内部の気づきにくい部分に対して、「どれだけ誠実なこだわりをもっているのか」によって、あなたのビジネスに対する姿勢がわかります。また、10年後も活躍できるかどうかについても、そのような「細部にわたる誠実なこだわり」によって、ある程度までは見分けることができます。

お客様・取引先・自社の全員が得をするビジネス以外は無意味

このように、誠実なこだわりはビジネスにおいて重要です。それ加えて、全員が得をするビジネスの実践もまた大切になります。

事業を展開するとき、必ず他の人が関わってきます。関わる人は商品を仕入れる取引先であったり、実際に商品やサービスを利用してもらうお客様であったりします。

こうしたビジネスを開始するとき、世の中を見渡すと「誰かが損をするサービス」を展開している企業が多いことに気づかされます。

ただ、そのようなビジネスを展開している以上、大きな発展はありません。最初は順調であったとしても、いつかは崩れていきます。そうではなく、「関わる全員が得をするビジネス」を最初に考えなければいけません。

誰かが泣くビジネス

ビジネスを実施することで、損をする人が増えるビジネスは意外と多いです。例えば、広告代理店です。飲食店などリアル店舗を運営している会社や事業主に対して、広告を出させることで集客を手伝うサービスが広告代理店の仕事です。

ただ、実際に行ってみれば分かりますが、広告を出したところでほとんど反応がないケースがほとんどです。この理由は単純であり、多くの広告代理店は「高い広告料を出させること」だけにフォーカスしているからです。

実際に「広告による成果を出させる」ことはどうでもよく、集客できなかった場合は「もっと大きな広告枠に出さないといけません」のようなことを平気で言い放ちます。

また、サイト作成業者も同じようなことがいえます。彼らはキレイなサイトを構築できるものの、集客できるサイトの作り方が分かりません。そのため、数百万円などのサイト作成代を支払わせておき、実際はアクセスが集まらない無意味なサイトを仕上げます。これらは、お客様を泣かせているケースだといえます。

他にも、取引先に値下げ圧力をかけることで、取引先の利益がまったく出ないように調節している会社もたくさんあります。このように、自社の利益を追求するためにお客様や取引先が損をしているビジネスは多いです。ここに、ビジネスを行うときのねじれを生じるようになります。

本来、ビジネスで利益を出すためには、全員が得をしなければいけません。このような事業展開を考えて実行できる人だけが、何十年後もビジネスで活躍することができます。

関わる全員が得をするビジネスとは何か

例えば、当サイトは代表が薬剤師であったので、「薬学サイトの運営」から当社のビジネスがスタートしています。代表が大学二年生のとき、授業で教授たちの言っていることがまったく分からず講義内容についていけなかった経験から、「自分のような理解力のない人間でも分かる中級レベルの教科書が欲しい」と考え、そこから薬学サイトをスタートさせました。

そうすると、たまたま人気サイトになって莫大なアクセスが集まり、そこに広告を貼ったら当時のサラリーマン収入の何倍にもなったため、それをきっかけとして独立したというわけです。

薬学サイト自体はすべて無料で閲覧できます。そのため、全国の薬学生やMR(製薬企業の営業)、医療従事者から「これだけ分かりやすいサイトを作ってくれてありがとうございます」と感謝メールが毎日届きます。

薬学サイトに広告を出している企業としては、そこに広告を出すことで売上が増大していきます。実際、薬剤師や薬学生を相手にビジネスをしている会社からは、「もっと広告を出したいが枠はないか」という相談を頻繁に受けます。

当社としては、こうした感謝の言葉を増やすために有益な情報発信をするほど、広告収入が増えていくようになります。

関わる人全員が喜ぶビジネスを考えるべき

このように考えると、「薬について学びたい一般人・薬学生・医療従事者」「広告を出してくれている企業」「サイト運営者である当社」の全員が得をしているといえます。ここに、誰も損をする人はいません。これこそが、本当のビジネスだといえます。

当社がコンサルティングを行うとき、必ず全員が得をする社会貢献性の高いビジネスだけを提案します。

例えば、当社がアドバイスした会社の中で「工事のマッチングビジネス」があります。エクステリア工事(外構工事)のマッチングビジネスであり、庭や玄関などの工事をメインにしたビジネスを提案しました。

エクステリア工事でのマッチングビジネスでは、「エクステリア工事を依頼したいお客様」を集めるための集客サイトを最初に構築します。その後、お客様から問い合わせがあった場合、要望を聞いたあとに「実際に工事を行う地元の優良工務店を紹介する」ようにしています。

このとき、工務店に対しては紹介料(仲介料)をもらうようにします。例えば100万円の工事を紹介したとき、紹介料が15%の場合は15万円(100万円 × 15% = 15万円)になります。

なぜ、お客様が仲介サイト(エクステリア工事のマッチングサイト)に問い合わせをするのかというと、どこに優良工務店が存在しているのか分からないからです。

例えば一軒家を建てるとき、一般的には大手住宅会社に問い合わせをします。しかし、家の庭や玄関、カーポートなどの工事をするときは地元の工務店にお願いすることになります。そうしたとき、地元の優良工務店を知っている人はほとんどいません。

お客様としては、当然ながら手抜き工事をしてもらいたくありません。そのため、仲介サイトに問い合わせをして、結果として優良工務店を紹介してもらえば、お客様は非常に喜びます。

また、優良工務店にしてもお客様を獲得したいと考えているため、お客様を紹介することで感謝されます。また、仲介サイトを構築した側としても、工務店から紹介料をもらえるのでうれしいです。

こうしたビジネスモデルであると、誰も損をしません。それどころか、ビジネスに関わった人全員を幸せにすることができます。

本来、ビジネスはこのようにしなければいけません。誰かが泣くビジネスというのは、ビジネスモデルとして不十分です。ビジネスを実践することで感謝されるからこそ、事業を展開する意味があるのです。

ここまでを踏まえたうえで、あなたが行っているビジネスの形態はどのようなものでしょうか。もし、誰かが泣くようなビジネスを実践しているのであれば、そのビジネス内容を見直す必要があります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認