どれだけきれいごとを並べたとしても、あなたの心の奥底に眠る根本思想まではごまかすことができません。しかも、会話であっても文章であっても、聞き手(読者)はあなたの根本思想を鋭く読み取ります。

自分の中に眠る根本思想を理解すれば、本当に重要なものが見えてきます。ここでは根本思想の概念を学び、そこから実生活でどのように役立てていくのかについて解説します。

一言で要約すれば根本思想が見えてくる

奥底で眠っている想いを理解することは難しいです。ただ、ある方法に従って考えれば、根本思考が見えてきます。それは、「一言で要約する」ことです。

例えば、友達と会話している場面を考えましょう。

A:
最近、彼女ができてさ。だけど、1時間おきにメールがくるんだよ。それに返信しないと怒られるし、毎週遊びに行かないといけない。それもいいけど、本当はもっと男友達と気楽に遊べる時間が欲しいのだけど……。

B:
束縛されたくないんだね。

Bが放った言葉が、Aが考えている根本思想です。Aは「束縛」という言葉を使っていません。ただ、それを一言で要約すると「束縛されたくない」という一文が思いつきます。Aが考えている根本思想をBが言い表した形になっています。

文章添削などによって「分かりやすい書き方」の指導を行うとき、通常は「主張を明確にし、そこから理由などを付け加えて……」などを行っていきます。

しかし、根本思想のように一文で要約すると、すべてがダイレクトに伝わるので添削の必要が無くなってしまいます。根本思想を理解して伝えるだけで、相手はすべてを悟ってくれるのです。どれだけ洗練された文章であっても、根本思想には勝てないのです。

何ページにもわたるラブレターを書いたとしても、そこに眠る根本思想は「あなたが好きです」ということです。その物事を表している根幹を支えるものが根本思想なのです。

正直という戦略

根本思想を変えることはできないため、何事にも正直になるという戦略はとても有効です。自分は気が付かなくても、前述の通り相手はあなたの根本思想を感じ取ります。例えば、就活中の学生を考えてみましょう。

履歴書やエントリーシートで多少のウソをついても問題ないと考える学生は多いですが、あまり良い戦略とはいえません。英語をまったく話せないにも関わらず、面接時に「外国人と普通に会話ができます」と言ったところで、それ以上つっこまれたら上手く答えられません。

ウソで塗り固めてもいいですが、必ずボロがでます。

これが本当に寝る間も惜しんで勉強にはげみ、自力でTOEIC900点以上を取った人であればどうでしょうか。そこに達するまでの戦略や勉強法、その後に目指すべきことなどを熱意をもって語ることができます。虚像で固めた人では、本物の人に勝つことはできません。

そういう意味では、偽りの内容を文章によって相手に伝えることは簡単なことではありません。文脈からあなたに知識のないことやウソが露呈されてしまうので、ごまかすことが難しいのです。

そこで「正直という戦略」を取ります。あなたの根本思想に沿って正直に書き出していけば、比較的楽に人を動かす文章を書けるようになります。実際、私がサイト運営を行うときの根本思想(理念)は「有益な情報の提供」ですが、これに忠実に行っています。

例えば、当サイト(ビジネス系サイト)は「金の稼ぎ方」や「ビジネスの本質」などを語っています。しかし、よくあるサイトのように「簡単に稼げます」「誰でも一瞬で現金を手にできます」とは一言もいっていません。

それどころか、「ビジネスで重要なのは努力です」「年単位の時間をかける必要があります」「楽に稼ぎたい人は帰ってください」と平気で言っています。

また、ビジネス系サイトを運営していると「本当にあなたの方法で成功できますか?」というレベルの低い質問を受けることは多いです。そのようなとき、私は「そのような考えでは成功は無理ですので、ビジネスは諦めてサラリーマンとして頑張ってください」とアドバイスします。

ビジネスでは圧倒的な努力が必要なため、その人の「心の持ちよう」だけで成功できるかどうかが見えてきます。むしろ、私のアドバイスによって「楽に稼げる」と言うような人から騙されなくなるため、厳しいようですが私はそちらの方が良いと考えています。

私は思ったことを正直に伝えるため、ブレることはありません。根本思想と一致した正直な想いが「本物の意見」です。これを認識すれば、あなたの目指すべきものが見えてきます。

心理学やコピーライティング、マーケティングなどを学ぶことにより、多少は人を動かせるようになります。ただそれでも、心の奥底に眠る根本思想に勝てるものは存在しません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録