コピーライティング能力を上げるための方法としては、基本的な事柄を押さえた上で大量の文章を書くこと以外にありません。

上手く行かない人の典型例として、「アウトプットが圧倒的に足りていない」という事があります。つまり、行動が出来ていないのです。

勉強しているだけで能力が勝手に向上していくことはありえません。スポーツを想像すれば分かりますが、知識だけを付けても上手くなりません。スポーツが上手くなるには人一倍の努力が必ず必要になります。これはコピーライティングも同じであり、文章を書くことでアウトプットし続けないといけません。

文章を書くための媒体をもつ

ネットビジネスで稼いでいる人の共通点として、文章能力に長けていることがあります。これには例外がありません。

そのためにはコピーライティング能力を上げる必要がありますし、文章を書くための媒体をもつ必要があります。この媒体は人によって違います。ブログかもしれませんし、メルマガかもしれません。

私の場合であれば、最初の媒体として「サイト」から始めました。サイトの良いところは「放置でアクセスが増えていく」という点にあります。ブログは更新し続けないとアクセスが急速に減っていきますし、メルマガも発行し続けなければ忘れ去られてしまいます。

私が最初にサイト運営を選択した理由がここにあり、「定期的に更新し続けないといけない」という強迫観念を取り除きたかったためです。ただし、そうは言っても大量の文章をサイト上に書き続けました。その結果として今の私があります。

何はともあれ、まずは自分の情報を発信する媒体がないと話が前に進みません。他人が読んでくれる、あなた独自の情報を溜め込んだ巨大な池を作成しなければいけません。そうでなければ、他人はあなたの存在に気が付いてくれません。

私の場合はこれがサイトだったというだけです。

写経を行う

私がなぜ他の人よりも稼ぐ能力があるかと言うと、理由は簡単です。それは、他の人と反対のことを行っているからです。

ネットビジネスを始める時、多くの人が「できるだけ早く、そして簡単に」と思っています。実際に稼いでいる人も「毎日1時間の作業をするだけで」という実態とは大きく異なる見せ方をしているのが悪いのですが、ほとんどの人がこれを真に受けて「最小の努力で稼げるようになりたい」という思考に陥ります。

それでは私はどうかと言うと、もの凄い勉強と努力、そして行動を行っています。しかも、ネットビジネスだけでなく、リアルビジネスからもさまざまな学びを得て取り入れながらの努力です。

ほとんどの人が家でバラエティ番組を見て無駄な時間を過ごしている中、私は「どうすれば大量のアクセスを集め、集客を行うことができるか」を研究しています。

多くの人が飲みに行って上司の悪口を言うだけの会を開いている中、私は大量の文章を書き続けています。

このように、世の中にいる多くの人が行っている事と反対の事をしています。別に私はもの凄いアイディアを出せる人間ではないですし、天才でも何でもありません。「努力と行動」という作業を正しい手順を行っているだけです。

なお、コピーライティング能力を大幅に向上させる方法として「写経」があります。写経とは、文章を書き写す作業を指します。「なぜこの文字がこの配置にあるのか」などを考えながら、良いコピー文章を一字一句そのまま書き写すのです。

売れる文章には必ず理由があります。そこで、この文章を書いた人の思考を理解しながら書き写します。これを一ヶ月でも継続すれば、人を動かすための文章がすぐに書けるようになります。

大量の文章をアウトプットし続けることも重要ですが、明らかに売れている文章を写経することでもコピーライティングのスキルが大幅に上昇します。

写経の問題点

ただし、写経を行う上で最大の問題点があります。それは、「つらい」ということです。

少なくとも、写経が楽しくて仕方がないという人はいないと思います。しかし、「写経を行うことで売れる文章の型や思考を身に付け、将来大きく稼ぐための知識となる」と考えれば耐えることができます。これを行った上で自分が持つ媒体にアウトプットしていき、さらにコピーライティングの能力を上げていくのです。

しかし、このような誰でも文章能力が上がる方法を教えたとしても99%の人は実行しません。だからこそ、本当に稼げる能力を身に付けている人はごく僅かです。あなたがこの1%の行動できる人であることを願っています。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録