コピーライティングとは、簡単に言ってしまえば「言葉の力」となります。文章の力だけでどれだけ人を振り向かせることができるか、またどれだけの人に商品を買ってもらうことができるかを決めるのがコピーライティング能力です。

これまでに雑誌の広告や新聞折込、通販などを見ているうちに商品が欲しくなったことはないでしょうか。また、テレビCMが流れていて「今度あの店に行ってみよう」と思ったことがあると思います。

文章や音声という違いはありますが、どれも「言葉の力だけで人を行動させる」という意味ではコピーライティングになります。

コピーライティングをマスターすればどうなるのか

学生であれば、サークルに新入生を集めるためにチラシを配ります。また、好きな人にメールを送ってアプローチする時など、どれも文章によって相手に行動を促そうとします。社会人も同じであり、メールで文章を書くことでビジネス上でのやり取りを行います。

つまり、文章を書くことで人を動かすスキルはどこに行っても必須の能力となります。

ネットビジネスでは基本的に「文章」か「話」の二種類しかありません。その中でも文章がほとんどを占めています。

つまり、コピーライティングをマスターさえすればネットビジネスでは何でも出来てしまいます。私であれば、莫大なアクセスを集めることで企業の集客代行を行い、コンサルタントとして活躍することもできます。

他にも、文章を直すと商品の売上が上手くいけば10倍変わります。集客が出来て商品まで売ることができるようになります。

このように言うとコピーライティングはとても難しい技術のように聞こえますが、実はかなり身近に存在しています。例えば、どのようなコピーライティングがあるかを確認していきます。

コピーライティングの実例

例えば、私の薬学系サイトのリスト取りページは以下のようなキャッチコピーになっています。このような見出しによって、メールアドレスを登録してもらうようにしています。

リスト取りページ

もしこれが、「薬学情報を知りたい人はアドレスを入れてください」という文章だけであれば、誰も入力してくれません。そのために、コピーライティングを勉強して何とかしてアドレスを入力させるように工夫します。

他にも、以下のような広告文を見たことがあると思います。

コピーライティング

このような一文を書くことによって、何とかしてクリックしてもらえるようにするのです。他にも、某大手飲料メーカーはとても上手なコピーを書きます。その例を下に記します。

コピーライティング

中にはこのような広告に反感を覚える人もいるでしょうが、別にそれはそれで構いません。全員に好かれようとする商品や文章ほど売れないです。

むしろ、上記のようなコピー文章は上手いと思います。この画像を見て、「若い女性が写っているように見えるのに48歳ってどういう事だ!」と思う人がたくさん出てきます。私もそのうちの一人でした。そのため、広告だと分かっていてもクリックしてその先の答えを見たくなります。

このように、いかにして文章だけの力で行動させるかがコピーライティングでは重要になります。他にも、次のような広告があります。

コピーライティング

かなりターゲットを絞ったコピー文章ですが、娘がいて「お父さん臭いからあっちに行って」と言われ、それでも何とかして娘に好かれたいと思っている男性であれば確実にビクッと反応する文章です。
このような状況のお父さんであれば、クリックしてその先の答えを知るしか選択肢がなくなるようなコピーです。

雑誌広告でも女性誌であればダイエット広告や美容整形、男性誌では背を伸ばすサプリメントなど、何とかしてその商品を買わせるように文章が書かれています。他にも、Yahooニュースなどに載っている一文をクリックしてもらうための良いコピーを書く能力が必要になります。

コピーライティングと言っても、長々とした文章が全てではありません。たった一文だけでクリックしてもらう文章から、リアル店舗に誘導するために書く文章まで、あらゆる所でコピーライティングが使われています。

ネットビジネスで生きていくためにはコピーライティング能力がなければ話になりません。ネットビジネスで稼いでいる人の唯一の共通点として「文章能力に長けている」ということがあります。これには例外がありません。

そのため、まずはコピーライティングの基礎を押さえた上で大量の文章を書いていき、人を文章だけの力で動かすコピーライティング能力を身に付ける必要があります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録