コピーライティングを学ぶ目的として、あなたの文章を「全く関わりの無い赤の他人」に読ませて行動させることがあります。

この時、絶対に考えなければいけないことがあります。

情熱のない文章は伝わらない

ちまたに溢れているコピーライティングの本は全て意味がありません。これらの本に書かれている小手先のテクニックで、文章を読んでもらえるほど甘くはありません。また、コピーライティングにおいて心理学は確かに必要ですが、実はそれ以上に重要な思考があります。

それは、「情熱」になります。情熱をもって書かれた文章は必ず読み手に伝わっていきます。これは本当です。

私であれば「薬学」や「ビジネス」に関することであれば、情熱をもって書く事ができます。しかし、他の分野であれば厳しいです。

例えば、私は「株」に1つも興味がありません。しかし、「儲かりそうだから」という理由だけで株のサイトを立ち上げたところで、本気で株のことを勉強する気も起こらず薄っぺらい文章になってしまいます。

そのため、どうせなら「自分がこれまでに関わったことがある」など、ビジネスではある程度の情熱の持てる分野で勝負する必要があります。そうでなければ、読み手に気持ちが伝わりません。

私はビジネスをはじめる時に、「情熱の持てる分野で勝負しましょう」と提唱しています。これには、それなりの理由があります。

人によっては「儲かる分野を行え」と言う人もいます。確かにこの意見も重要ですが、私はそれ以上に「情熱をもって続けられる事」が大切だと思います。なぜなら、この「情熱」がコピーライティングとして文章にも表れるからです。

アンケートの回答だけでも気持ちが伝わる

私は「これからどのようなビジネスをしたいですか」という問いに関してアンケートを取っています。この時、アンケートの内容を見るだけでもその人の本気度が伺えます。別に文章がきれいな必要はありません。

そうではなく、やはり結局のところ「相手に対して何を伝えたいか」になります。

アンケートに記入するとき、ただアンケートに対する問いに対して素直に回答しても良いです。ほとんどの人がそのように行動します。

例えば、「どれだけ稼げるようになりたいですか」という質問に対して、多くの人は何となく「放置で月10万稼げるようになりたい」と答えます。

ただその中でも、私がアンケートを読んでいて「おっ」と思うときがあります。やはりその時は、文章から情熱が伝わっていきます。

「今の現状」と「これまで行ってきた事」、「自分が持っているスキル」そして漠然とでも良いので「将来、どうなりたいか」について詳細に語られています。

こういう文章は読んでいてこちらも楽しいですよね。

そのため、結局のところ「本気でその問題と向き合って考えているかどうか」になります。これが出来ていないと、そもそもコピーライティングとしてスタート地点に立つことができません。

コピーライティングでは心理学が重要になります。しかし、前にも述べましたがそれ以上に重要な要素として「情熱」があります。

・なぜその分野でビジネスを始めるのか

・あなたは読者に対して何を伝えたいのか

・他人に対して、どのような「圧倒的な価値」を提供できるか

・お金以外の目標として何があるか

これらを真剣に考えてください。この問いに対して答えられる人であれば問題ありません。結局のところ、「どれだけ本気かどうか」が一番重要になります。

これを理解すれば、世の中にある「書き方の本」など、いわゆるコピーライティングについて書かれた本が無意味に思えてきます。よくあるコピーライティング本のように、「他人を引きつける魔法の言葉」や「一瞬で釘付けにする7つのステップ」などは全て無視してください。

最低限の読みやすい文章を書ける必要はあるかもしれませんが、「あなたの情熱」や「どれだけ本気か」など、コピーライティングではそれ以上に重要な事があります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録