ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する

 

ビジネスによって会社が少し儲かったからといって、贅沢をしてはいけません。調子に乗って社長が贅沢を始めると、その会社は倒産への一歩を踏み出すようになります。

 

どれだけ稼げているときであっても、常に謙虚な心をもって本当に必要な部分だけにお金を使う必要があります。それが見えない人の場合、起業する資格はありません。

 

 必要な部分だけにお金を使う
儲かってくると、無駄遣いをするようになる社長は多いです。例えば、「もう少しグレードの高いビルに移転しよう」「飛行機はビジネスクラスを使おう」などです。

 

ただ、このようなことを考えている時点で社長として微妙です。社長というのは、ビジネスが円滑にまわるためにシステムを作る立場の人間だからです。そのような立場の人が無駄遣いをしている時点で、会社としての方向性を見失ってしまいます。

 

グレードの高いビルに引っ越すことで、社員のモチベーションが上がって利益が倍になるのであれば移転した方がいいです。また、ビジネスクラスの飛行機に乗ることで、素晴らしい発想が思い浮かんで将来の1000万円に化けるのであればその方がいいです。

 

しかし、ほとんどの人にとってそのようなことはないはずです。自分たちがいい思いをするためにお金を使っているようでは、ビジネスマンとして二流です。

 

社長である以上は、投資感覚が最も重要であるといえます。これがあれば、値段に高い・安いというものは存在しないことに気がつきます。

 

例えば、あなたは30万円のセミナーを高いと思うでしょうか。普通の人の感覚からすれば、高いと思うかもしれません。ただ、そのセミナーのノウハウを活用すれば、必ず将来は500万円に化けると分かっていればどうでしょうか。急に30万円のセミナーが安く思えてきます。

 

これが、投資感覚です。値段というのは、本来は高いも安いもありません。結局のところ、「何と比べるのか」によって値段の価値は大きく異なるのです。

 

そのため、たとえ3000円のセミナーであっても、得られるものがまったくなければ「高額なセミナーだった」と感じることでしょう。一方、前述の通り30万円のセミナーであっても、内容によっては安いと感じることがあるのです。実際にこのような高額セミナーに出席してみれば分かりますが、得られるものはかなり多いです。

 

このように、「1万円を使えば、将来の100万円になって返ってくるだろう」などの予測をつけて投資できなければいけません。贅沢(=浪費)にお金を使ってはいけないのです。

 

 まったく贅沢してはいけないのか
それでは、どれだけ稼いでもまったく贅沢をしてはいけないのでしょうか。もちろん、そのようなことはありません。一般常識の範囲であれば、ビジネスで稼いだ分を活用しても問題ありません。

 

もっと正確にいうと、普通の感覚をもっていれば、「どれだけ稼いでも生活はあまり変わらない」という方が正しいです。

 

多分、サラリーマン生活をしている人にとって、毎月100万円や200万円が自動的に口座に振り込まれるとなると、別世界を見れるのではと思うはずです。しかし、実際には何も変わりません。

 

まだ、そこまで実績がなかったころの私もそうでした。稼げるようになれば、高級なものを身に付けて世界中を旅しながら遊んで暮らせると思ったものです。実際はどうかというと、私は今でも車をもっていませんし時計すらありません。贅沢とはほぼ無縁の生活を私は送っています。

 

お金を使う場面があるとすれば、「3000円飲み放題」が「5000円飲み放題」にグレードアップする程度です。これでも、たかだか2000円の上乗せにしかなりません。

 

他には、高速バスを利用しなくなった程度です。学生の頃の私は、東京へ行くとなると夜行バスを活用していました。ただ、夜行バスは次の日に体が痛くなりますし、あまり眠れず体調が悪くなるという問題点があります。そのため、現在では東京や大阪などの移動にバスを使うことはありません。

 

稼げるようになって変わったことといえば、このように「飲み代を少し多めに出せるようになった」「移動手段がバスではなくて新幹線になった」くらいです。生活の中で劇的に変わったことはありません。

 

周りの稼いでいる社長たちをみても、成功している人であるほど普通の生活をしています。フェラーリを購入したり、高級な時計をもっていたりする人はいません。

 

よく、宝くじに当たったあとに破産したという話を聞くと思います。彼らは、お金の使い方が分かっていなかったのです。本当のお金持ちというのは、贅沢にはお金を使いません。将来、よりお金を生み出すであろう部分に「投資」するのです。

 

どれだけビジネスで大きな収益を出せるようになったとしても、一般的な感覚をもつことが重要です。贅沢とはいっても、常識の範囲内で行う必要があります。これを行える人だけが、社長として何十年先もビジネスを動かすことができます。

少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

起業で成功する人の共通点を探る
成功者がもつ「内なるモチベーション」の原理
相手の「本当の望み」を知ることが人間関係の第一歩になる
実行に移さず、想像だけで自分の行動を決定してはいけない
強い意志力をもち、本気で取り組めば成功をつかめる
他人であっても、人間は真剣に努力している人を応援する
楽しく仕事できる環境や仕組みに「努力」や「才能」は勝てない
「集客したい客層」を決めると、ビジネスが動き始める
古いことの実践に新規アイディアが隠れている
企業と組めば、ネットビジネスでの報酬が加速していく
経験が増えて初心(コアビジネス)を意識すると迷いがなくなる
人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要
社長や医師など、一流の人たちと簡単に仲良くなる方法
子供に勉強させる方法:学びを止めた人間に成長はない
給料・収入を増大させるには、労働環境(働く場)を変えればいい
成果報酬型の保険営業マンが圧倒的な契約数を達成するには
異常なほどの行動力が成功体験になり、人間性を形作る
大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にある
起業や転職時に必ず生じる「周囲の反対」を乗り切るには
スポーツで頂点を極め、栄光を勝ち取った人の共通点
一時期の流行・ブームよりも、長く売れるロングセラー商品が重要
成長していないのは、自分の限界を決めて慢心しているから
無駄をそぎ落とし、複雑さを解消するほど「本質」が見えてくる
ダメな部分を補うのではなく、長所を特化させることの重要性
保険営業で人を紹介してもらうための極意
市場が飽和しているときに新ビジネスを創出する思考法
キャラ作りや設定を間違えると、ビジネスで矛盾を生じる
日本野球とメジャーリーグの違いから学ぶビジネス理念の重要性
企業と提携したいときは、決裁権をもつ人にアプローチする
ワンランク上げて少し背伸びすると、成功者たちと知り合える
大企業志望の就活生より、中小・ベンチャーを目指す学生が優秀
大学の研究とビジネスでの成功法則は同じ
士業などの有資格者や専門職種は人生の幅を狭くしやすい
人を動かし行動させる6つの基本法則
プレゼンテーションで1番重要な「空気感」とは何か
感動を与えるディズニーのホスピタリティー
本当のプロフェッショナルとは何か
高額セミナーやビジネス合宿・塾への参加なしに起業で成功しない
コンビニやスーパーからビジネスを学ぶ
自社サービスが「知られていない」ことを前提にビジネスをする必要性