オリンピックで金メダルを取ったり、野球やサッカーなどで輝かしい成績を残した人がヒーローインタビューを受けると、必ず「みんなのおかげでここまで到達することができました」「周囲の人の声援があったからです」という言葉を残します。これは、なぜなのでしょうか。

スポーツ選手が「みんなのおかげ」というのは、単なるきれいごとだと思うかもしれません。ただ、彼らがなぜあのような発言をするのかを読み解くと、ビジネスで成功するための共通点がみえてきます。

本心の言葉が表れるスポーツ選手

特定の分野で頂点を目指すのは、並大抵のことではありません。普通に過ごしているだけの人では想像できないほどの練習を積み、食事が喉を通らないくらいのトレーニングをするのがアスリートです。この練習に耐えるだけでなく、そこに才能が加わることでようやく栄冠をつかみ取ることができます。

そういう意味では、本人が努力したからこそ頂点に立つことができたといえます。しかし、スポーツで上位の成績を残した人間であるほど、周囲の人の支えがあったからだと言います。

確かに、努力をしたのは本人です。ただ、世界で活躍するためには遠征費を含めて多額の費用が必要です。これは、どこから捻出されるのでしょうか。一つは、親からです。親が夜も働きに行くことで、必死になって作ったお金なのかもしれません。

また、活躍している姿をみた周囲の親戚などが働きかけることで、募金などでお金を集めたりバスをチャーターしたりした場合もあるでしょう。

世界レベルのパフォーマンスを実行するためには、その選手のサポート役も重要です。練習で手や足を痛めた場合、それを治療する専門の人がいます。トレーナーなどが一人の選手に対して重点的に面倒をみる体制が整っているのです。

こうした経験をしていると、スポーツ選手であれば全員がある時点で何かに気がつきます。例えば、次のような感じです。

「確かに、今までは自分のために行っていたが、これだけ自分を応援してくれている人がいる。そして、周りの人が動いてくれるからこそ試合に出ることができ、万全の体勢で臨むことができる。自分を支えている人のために、絶対に勝たなければいけない」

つまり、どこかで悟りを開くわけです。これに気が付くと、「自分のため」ではなく、「みんなのために勝つ」という意識に変わっていきます。今の自分がいるのは、支えがあるからであることをようやく分かってくるのです。

オリンピック選手がインタビューを受けるとき、「みんなのおかげです」というのはきれいごとではありません。これまでの経験から本心で思っているからこそ、あのような言葉しか出ないのです。

ビジネスで成功する人、スポーツで成功する人

スポーツで成功する人とビジネス(=金儲け)で成功する人では、やはり言葉が共通しています。世の中の成功者というのは、どの時代でも共通言語があるのです。

つまり、ビジネスの成功者も同じように「自分が天才だから成功できた」とはいいません。本当の成功者は「運が良かったから」「周りの人が助けてくれたから」と言います。そしてこれは、本心から思っていることでもあります。

スポーツやビジネスを含めて大きな成功体験がない人の場合、このときの気持ちはまだ理解できません。少なくとも、普通のサラリーマン経験をしているだけでは分かりません。ただ、何でもいいので誰もが認めるような成功をおさめると、成功者が発する言葉の意味がようやく分かるようになります。

どちらかというと、中途半端に成果を出している人が一番偉そうです。「自分は天才だ」「自分の努力だけでここまできた」と平気でいいます。このような人は、いつまでたっても二流のままです。

いわゆる成功者というのは、全員が同じ思考で動いています。まずは、成功者がどのような考えをもっているのかを知ることが重要です。

ちなみに、ビジネスで成功するのはスポーツで頂点に立つよりも圧倒的に楽です。スポーツでは種目もルールも決められています。しかし、ビジネスでは法に触れない限りルールがありません。自分がルールであるため、好きなようにビジネスを実践すれば簡単に頂点に立つことができます。

それがビジネスの面白い部分であり、ちょっとだけ考えをズラせば収益化は簡単です。成功者の考え方を理解してビジネスを動かせば、誰にでもチャンスがあります。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認