多くの親は子供に対して「勉強しなさい」といいます。それでは、より効果的に子供が勉強するようになるには、どうしたらよいか知っているでしょうか。

聞けば当たり前のことですが、実際に実践している人は少数です。それでは、具体的にどのような行動をとれば、あなたの子供は率先して勉学に励むようになるのでしょうか。実は、ここには小手先のテクニックは一つも必要ありません。

自ら率先して学ぶことが重要である

子供に勉強させる気にさせるための考え方は簡単です。それは、「あなたが率先して学び、実践を繰り返す」だけです。大人になった瞬間に学びを止めてしまう人は多いですが、そうではなく自分から積極的に勉強するのです。

小・中学生であれば、いま学んでいることが20年先に役に立つことが分かります。それでは、40代になった人ではどうでしょうか。40代であれば、20年後は60代になっています。それでは、いまの40代は勉強する必要はないのでしょうか。

ただ、実際に60代になったあとに余裕をもって暮らしていけるかというと、そうではないことは誰でも想像できます。

今後、日本の人口は必ず減少していきます。海外市場を狙うのであれば話は別ですが、基本的にあなたの市場規模は狭くなっていくことが分かります。保険商品であっても、車販売をしているにしても、日本でビジネスをしている以上は「客が減る」ことを意味します。つまり、稼げなくなります。

そのため、40代の人であっても20年後のことまで考えなければいけないことが分かります。もっといえば、「自分の将来をきちんと考えているか」ということです。

60代になれば体力的に落ちてきます。そうなると、20代の人と同じようにパワフルに活躍するのは現実的に難しいです。そのとき、知識レベルが若い人と同程度であると、あなたは何も優れている部分がなくなります。だからこそ、いつになっても学び続ける姿勢が重要になります。

このときの「勉強」というのは、単に教科書に書かれていることを学ぶことではありません。どちらかというと、実社会で必要となる「実学」を勉強することが重要です。もっといえば、学校では教えてくれない「マーケティング」や「営業」がそれに該当します。

現在では、司法書士や弁護士であっても廃業している人がたくさんいます。彼らは難しい国家試験を合格しているため、勉強という意味では他の人には負けません。それなのに、なぜ廃業したのでしょうか。

それは、実学を学んでいなかったからです。店舗を構えればお客様が勝手に舞い込んでくると勘違いし、教科書では教えてくれない実学の勉強を止めてしまったのです。

自ら学べば子供も率先して勉強する

稼げない起業家や利益を出せない経営者は「学びをストップしている」という共通点があります。このような人たちは、お金や時間がないから勉強できないのではなく、勉強していないから稼げず成績を出せていないことに気が付かなければいけません。

もちろん、これはサラリーマンであっても同じです。会社が指定する研修や身内だけが集まるセミナーで満足しているだけでは、スキルが上がることはありません。

そして、そのような人たちが自分の子供に対して「勉強しなさい」と言ったところで説得力がありません。自分が学んでいないにも関わらず、なぜ子供に勉強しろといえるのか不思議です。

そうではなく、本来は行動で示さないといけません。例えば、次のような会話が日常的に行われている家庭であればどうでしょうか。

一ヶ月前、父さんは2日で24万円の高額セミナーを受けに行ったけど、世界的に有名な講師が営業について教えてくれてかなりタメになったよ。営業の本質は「相手が望んでいることを本気で考え、それを叶える手助けをすること」だって。

そこで、そのとき学んだことをそのまま会社で試してみたら、新たな契約が一週間で3件も決まったよ。勉強して実践すると、実社会ではすぐに結果として返ってくるからな。

あと、そのセミナーでは集まる人のレベルが高くて、いろんな成功者と話す機会があった。彼らには共通点があって、全員が常に学び続けている。実際、セミナーでは72歳の経営者がいて、話してみると20年後の会社のことを考えていてビックリしたよ。その人、20年後には92歳だよ。

お前はいま学校で義務教育として強制的に学んでいるかもしれないけど、大人になると自ら進んで勉強しないといけない。まだその重要性は分かっていないかもしれないけど、将来の訓練として今は勉強しないといけないし、そのときの知識が必ずあとになって返ってくる。

大人になった瞬間に学びを止める人がほとんどであるため、いくら子供に「勉強しなさい」と言ったところで、本人が勉強していないので薄っぺらい言葉になってしまいます。

一方、上記のように言われれば、かなり説得力があります。常に学び続けている姿勢を見せ、さらに学んだことをどのように応用させたのかを聞かせることができれば、それだけ話に重みが増します。実際の経験から話す言葉は、それだけ影響力があります。

稼ぎ続けることができる経営者や圧倒的な成果を出し続けている会社員など、彼らは「常に学び続けている」という揺るぎない共通点があります。しかも、1万円以下の安いセミナーにはあまり出席せず、10万円以上の一流講師が話すセミナーやビジネス合宿などへ積極的に参加します。

これは、「セミナーや合宿で学んだことを自分の実業に活かし、さらに大きい成果を出す」という良いサイクルが生まれることを知っているからです。

お金や時間がないからセミナーなどに参加できないのではありません。前述のとおり、一流講師のセミナーなどに適切な対価を支払って参加していないから、いつまで経ってもお金と時間がないのです。

あなたが成果を出していないのであれば、考えを根本的に見直さないといけません。既に成果を出している人であれば、さらに学び続けて成長していかないといけません。ビジネスで成功するには、「どれだけ投資できるか」が重要ポイントとなってきます。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録