ビジネスを行う上で、出版は強力なツールになります。そもそも、ただ何気なく日々を過ごしているサラリーマンが出版をしようとは考えません。本が売れているかどうかは別にしても、出版を行っているという事実が大きな実績になります。いわゆる、ブランディング化です。

そのような意味では、出版社に全ての出版費用をもってもらい、さらにブランディングまで行える商業出版はとても魅力的です。自費出版は無意味であり、デメリットしかありませんが、商業出版であれば是非とも目指してください。

出版で人と金の流れが変わる

自らブランディングを行うことは非常に重要です。セルフブランディングといわれますが、自分の実績を積み上げることがビジネスで稼ぐための秘訣です。大きな実績があるからこそ多くの人が集まり、それと共にお金も引き寄せられてくるのです。

これは、あなたの日々の行動を見れば容易に想像できます。例えば、値段が全く同じである以下のような店があるとします。

・他と変わりのない飲食店

・フランスで修業し、世界三位に輝いた店主が経営する店

待ち時間が大きく違うのであれば話は別ですが、よほど性格がひねくれていない限り後者の店で食事をしたいと思うはずです。

ただ、店に入って料理を注文し、実際に食べてみるまで本当に美味しいかどうか分かりません。つまり、「どのような料理が出されるか分からない状態」からお客様を呼び寄せる必要があります。その時に重要となる要素が実績なのです。

実績はそのまま信頼に結びつくため、あなたのもっている実績を外に情報発信するだけで人が集まってくるようになります。このセルフブランディングの中でも、最も強いブランディング方法が「出版」なのです。

私であれば、それまでに巨大サイトを運営していて特定の分野ではある程度の認知度がありました。しかし、個人から感謝メールを頻繁にもらうことはあっても、マスコミから取材依頼が来ることはありませんでした。

これが、出版してから状況が変わりました。出版をきっかけとして大手新聞社から取材依頼が舞い込むようになり、放送局で仕事ができるようになり、某大手予備校から「本の内容を試験問題として使わせてください」とオファーが来るようになりました。

人とお金の流れが変わった瞬間です。きちんとした内容の本が書けていれば、今まで考えられなかった人たちと仕事を行えるようになります。しかも、出版してすぐの段階(何万部も本が売れているわけではない状態)から上記のような依頼がたくさん来るようになりました。

本が売れていくと、さらにインパクトは大きいです。そのため、多くの著者は赤字覚悟で何とかして本を売ろうと頑張るのです。

出版をゴールにしてはいけない

本を出すことによる影響力は大きいため、出版したい人は世の中にたくさんいます。ただ、出版することだけを目的にしている人がいます。

どのような内容でもいいので、出版さえできれば良いと考えて焦っているのです。そのために理念のない本になったり、過激な表現が多用された本が出来上がったりします。ただ、これはあまりお勧めしません。「本を出す」という目先のことしか考えていないからです。

重要なのは、あなたの理念です。本を出すことを目的にするのではなく、「あなたが本を通じて世間に伝えたいことは何か」ということを本気で考えないといけません。

例えば、世の中には医療否定本がはびこっています。私は薬剤師であるため、やろうと思えば「薬は危険なので絶対に頼ってはいけない」、「医者は病気を治せない」のような本を出すことも可能です。それらしい文章を書くことは十分にできます。

よくある、「薬は石油からできている合成品なので、体にとっては異物であり……」のような文章を延々と書いていくだけです。

しかし、そのような本を出した瞬間に私の信頼はガクッと落ちてしまいます。専門家など、見る人が見ればデタラメなことばかりが書かれているとすぐに分かってしまうからです。

出版を行うためにセンセーショナルなことを書けば良いわけではありません。確かに、そのような本が売れやすいことは事実ですが、これは諸刃の剣でもあります。少なくとも、多くの敵を作ってしまうことは間違いありません。そこで、あなたは中立的な立場で真っ当なコンテンツを作り上げなければいけません。

親や子供に対して自信をもって紹介できる内容の本を作り上げましょう。読者を煽るのではなく、あなたの理念や思いを詰め込んだ一冊の本が本当の意味であなたをブランド化してくれます。

出版コンサルティング

book-onsulting2 botton3

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録