ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

損益分岐点からみる固定費・変動費の関係

 

会社を運営する以上、適切な利益を得ることが大切です。ただ、たとえ売上が増えたとしても、利益が減ってしまう企業は多いです。なぜ、このような現象が起こるのでしょうか。

 

そもそも、利益というのは売上よりも予想が難しいです。ただし、固定費変動費について学び、そこから損益分岐点を理解すれば「利益を増やす方法」が少しは分かるようになります。まずは、固定費と変動費から学習していきます。

 

 固定費や変動費とは何者か
ビジネスを行う以上、何かしらの経費がかかります。例えば、飲食店を運営するにしても、建物を借りるお金が必要です。食事を出すために材料を買ったり、集客のために広告を出したりしなければいけません。従業員を雇う場合、給料の支払いが発生します。

 

このような経費ですが、大きく固定費と変動費の2つに分類できます。固定費は「毎月の売り上げに関係なく、決まった額が必要になる経費」を指します。例えば、建物の賃料は毎月決まっています。従業員の給料も決まった額を支給するため、固定費です。

 

賃料や従業員の給料などから分かる通り、固定費は販管費であるともいえます。販管費とは、企業の営業活動に必要な経費を指します。

 

それに対して、変動費は「売り上げによって変動する経費」になります。例えば、飲食店経営でお客さんがたくさん集まれば、その分だけたくさん食事を出さなければいけません。その分だけ材料費は高くなります。また、広告を出した分だけお客さんは増えますが、広告の額はこちらでコントロールできます。

 

このように、材料費や広告費など、月によって経費の額が変わるものが変動費です。稼げば稼ぐほど、変動費は増えていくものだと思ってください。なお、変動費は売上原価の側面が強いです。

 

前述の通り、固定費は毎月必要になるお金であるため、必ずそれ以上の利益を出さなければいけません。変動費については、売上を伸ばすほどプラスされていきます。ただ、売上を伸ばしていると、ある時点で「経費と売上」が逆転する点が存在します。この点を損益分岐点といいます。

 

損益分岐点は「損と益が分岐する点」であり、それ以上の売上を出すことでようやく利益を確保することができます。あとは、売上を伸ばすほど利益額は大きくなります。

 

 損益分岐点を下げて大きな利益を出すには
もともとの固定費が大きいと、損益分岐点に到達しなかったときの損失は大きくなります。稼げなかったとしても、出ていく固定費は一定だからです。ただ、損益分岐点より大きく超えて稼ぐことができれば、返ってくる利益額も大きくなります。

 

一方、変動費が大きい場合、売上をたくさん伸ばしても利益額は思ったほど増えません。売上を増やすほど経費も大きくなるためです。損益分岐点に到達しなかったときの損失は少ないが、返ってくるリターンも小さいのです。

 

 損益分岐点、固定費、変動費の関係

 

上図であれば、「固定費+変動費」の線と「売上」の線が互いに交わる部分が損益分岐点です。固定費が大きい場合、売上が少なければ損失は大きくなることが図から分かります。ただし、売上が多くなれば利益額も大きくなります。

 

一方、変動費が大きい場合、たとえ損益分岐点よりも売上がなかったとしても、損失額は少なくてすみます。ただし、売上が多くなったとしても、利益額は少ないことを読み取れます。

 

それでは、収益性を上げるためにはどうすれば良いでしょうか。それは、「固定費を下げる」ことです。図から判断しても、固定費を下げれば損益分岐点も小さくなることが分かります。固定費を削れば、少しの売上で利益が出るようになります。

 

固定費を削り、損益分岐点を下げる

 

ただ、固定費は販管費の側面が強いため、削るのが難しいことは事実です。例えば、建物の賃料を変えるのは難しいです。賃料の安い物件に引っ越しをするにしても、その費用の方が高額になることはよくあります。

 

同じように、従業員の給料を減らすことも簡単にはできません。従業員のやる気が低下してしまいますし、必ず反発にあいます。会社によっては、派遣社員を切ることがあります。また、工場を売ることでも固定費は減りますが、その分だけ製品を生み出すための体力まで削ることを意味します。

 

このように、固定費の削減は難しいですが、これを行える企業だけが多くの利益を生み出すことに成功します。無駄を削り、経費を減らすことで利益を得なければいけません。

損益分岐点からみる固定費・変動費の関係

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

会計学を学ぶ前に理解すべきポイント
損益計算書で把握する売上と利益の種類
損益計算書から経費(費用)の概念を学ぶ:直接費、間接費
貸借対照表の見方・読み方を学ぶ:資産、負債、純資産
貸借対照表の資産(流動資産、固定資産)を読み解く
貸借対照表の負債(流動負債、固定負債)を読み解く
貸借対照表の純資産(株主資本)を読み解く
売上原価の求め方:在庫(棚卸資産)による罠
決算書から会社の成績・健康状態を把握する
お金の流れ(手元の現金)をみるキャッシュフロー計算書
「営業」「投資」「財務」で分析するキャッシュフロー計算書
決算書の分析法:実数分析、比率分析、時系列分析、他社比較分析
営業利益率は収益性の基本である
総資産利益率(ROA)と自己資本利益率(ROE)の概念
決算書から「付加価値率」や「労働生産性」を読み解く
会社が借金をする理由:レバレッジをきかせる
自己資本比率、流動比率、固定比率からみる会社の安全性
キャッシュフロー計算書から把握する会社の安全性
倒産寸前の会社で起こる「債務超過」とは:企業が破産する条件
売掛金の増加や大量の棚卸資産で「黒字倒産」が起こる仕組み
会社の成長性を読み解く:有機的成長とM&A
会計(アカウンティング)と財務(ファイナンス)の違いとは
リスクとは何か:人間は「不確実」なことを嫌う
ハイリスク・ハイリターンの原則:リスクが高いほど得るものも大きい
リスクは努力によって大幅に減らすことができる
リスク分散の原理・原則を学び、相関と組み合わせを理解する
リスクプレミアムとリスクリーフレートの関係
現在価値と将来価値から考えるリターン(報酬)の考え方
ファイナンスで考えるネットビジネスのリスクは「時間」である
機会費用を大切にして、埋没費用(サンクコスト)は無視する
負債コストと株式資本コストの違いから、資本コストを学ぶ
企業の資金調達コストを示すWACC(加重平均資本コスト)とは
ファイナンス理論から考える「株式会社」の仕組み
株価が上がったり下がったりする理由:株価の変動
ファイナンス理論から考える「保険会社」の仕組み