会社のお金をどのように調達し、どのように運用しているのかを示す書類として貸借対照表があります。左右のバランスが保たれていることから、バランスシートと呼ばれることもあります。

慣れない人にとって貸借対照表は何を意味しているのか読み取りにくいです。ただ、貸借対照表のルールや書かれている項目の意味を知ることができれば、大まかにでも会社の中身を覗き見れるようになります。

そこで、ここでは貸借対照表の中でも「純資産」について解説していきます。純資産は会社の骨格ともいえる重要な部分です。

純資産の中身を学ぶ

お金を調達するとき、主に2つの方法があります。それは、「誰かからお金を借りる」または「自分でお金を用意する」のどちらかです。お金を借りる場合、主に銀行などから借金をします。借金すれば、それまで買えなかった機械を購入できますし、新たな広告を打てます。こうして稼いでいき、後でお金を返していきます。

それに対して、自分でお金を用意することもあります。このようなお金が純資産です。純資産は自ら調達したお金なので、誰にも返済する必要はありません。好きに使うことができます。

純資産は大きく3つに分けることができ、それぞれ「株主資本」「評価・換算差額等」「少数株主持分」などがあります。この中でも、最も重要な要素が株主資本です。純資産の中身をみると、株主資本の占める割合が圧倒的に大きい企業がほとんどであるため、株主資本が重要視されます。

株主資本

株主資本とは、簡単に考えると「株主によるお金 + これまで自力で稼いだお金」で計算することができます。会社では純資産が多いほど良いとされていますが、言い換えれば株主資本の額が大きいほど優良であると考えることができます。

会社の立ち上げを行う場合、その多くは社長(会社設立者)のポケットマネーからお金を出します。このお金で会社の株を購入して、純資産に組み込みます。社長はお金を会社に入れる代わりとして、自分が運営する会社の株をもつことができます。

もちろん、社長だけでなく他の人に株を購入してもらい、お金をだしてもらってもいいです。いわゆる、「出資を受ける」ということです。

このときのお金は返す必要がありません。銀行からお金を借りたときのように、「将来は必ず返済しなければいけない」という義務はないのです。株主同士で株券の売買を行うことはあっても、特別なことがない限りお金を返すことはありません。

株主資本は「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」の3つに大きく分けられます。資本金とは、会社が株式を発行することで調達したお金のことを指します。先ほど、会社設立時には社長が株を購入して会社にお金を入れることを紹介しました。このときのお金は資本金に分類されます。

また、資本剰余金はざっくりと「資本金の仲間」と考えてください。資本剰余金も株主から集めてきたお金です。そして、利益剰余金は「それまで会社が頑張って稼いだお金」のことです。

「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」を合わせると、「株主によるお金 + これまで自力で稼いだお金 = 純資産の額」になることを理解できれば問題ありません。

評価・換算差額等

会社によっては、他の企業の株を購入することがあります。上場している企業などを見れば分かる通り、この時の株価は時間経過と共に変動します。

購入時点での株価よりも、今の株価の方が高ければ、それだけプラスになります。その逆に、購入時点よりも株価が下げれば、マイナスになります。つまり、評価・換算差額等とは「株などの有価証券を購入したときと現時点での差額」だと認識すれば良いです。

少数株主持分

子会社が発行している株のうち、親会社以外がもっている株のことを少数株主持分といいます。

例えば、あなたがA社を経営していました。このとき、子会社としてB社を作ります。B社で100株を発行し、このうちA社が90株を保有しました。残りの10株は他の人が購入したとします。このときの10株が少数株主持分に相当します。

前述の通り、株を購入してもらって出資を受けた場合は返済する必要がありません。他の人に購入してもらった10株分は返さなくてもよいお金であるため、その分だけ純資産が増えなければいけません。そこで、この部分のお金について少数株主持分という名前で純資産に組み込むのです。

貸借対照表の純資産(株主資本)

ここまで説明してきた内容が純資産に関わる主な内容です。専門機関(銀行など)で細かい分析するなら別ですが、まずは大まかにでも全体像を把握することが重要です。これらを理解して決算書を読み解けば、少しずつ内容が分かるようになってくるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認