ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ネットビジネスで知識だけの最大の参入障壁を構築するには

 

パソコン1台でビジネスをスタートできるのがネットビジネスです。初期費用はほとんどかからないため、言ってしまえば誰でも参入することができます。そのため、一見するともの凄く参入障壁が低いです。

 

ただし、ブログやネットショップ、サイト運営などを実際に行えば分かりますが、ほとんどアクセスが集まりません。

 

そこで、「どうすればアクセスが集まるのか」を知る必要があります。これを理解することができれば、ネットビジネスの中でも最強の参入障壁を築き、誰も真似することのできないビジネスモデルを構築することができます。

 

 一般人がアクセスを集める方法は「有用な記事」しかない
有名人のブログや大企業のサイトであれば話は別ですが、どれだけ記事を更新しても一般人の日記であれば、1日10人くらい訪問があれば良いくらいだと思います。しかも、訪問してくれる人は知り合いばかりです。

 

そのため、ネットビジネスを始めるにしてもブログやサイトでは「アクセスが集まらない」、メルマガでは「リスト(メルマガ読者)が集まらない」として多くの人が挫折していきます。

 

これが現実なのですが、「有用な記事を書く」という当たり前の思考が出来れば莫大なアクセスを集めるのは恐ろしく簡単です。実際、私は誰よりもアクセスを集める技術を持っていますが、その方法はとてもシンプルです。

 

第三者が見て「とてもタメになる」、「これはおもしろい」という記事を書くだけです。ここにテクニックは一切必要ありません。多くの人がこの事実に気づいていませんが、この思考が出来ればネットビジネスで稼ぐのが簡単に思えてきます。

 

しかも、時間が経つほど強大な参入障壁ができるというおまけ付きです。キーワードとしては、「どれだけ人がやりたがらない面倒な事を自分が代わってできるか」という事です。

 

別に文才がある必要はありません。私が高校生の時、国語の点数は毎回赤点でした。しかし、今では文章だけで莫大なアクセスを集めることができます。

 

私は薬学系サイトを保有していますが、そこで行ったのは「大学レベルの難解な教科書を薬学生がスラスラ理解できるような中級レベルに翻訳した」ということだけです。これによって、人気サイトを構築していったのです。

 

 知識は真似できない
最初に言った通り、ネットビジネスではパソコン1台でスタート出来てしまいます。一見すると参入障壁が低いように思いますが、私は「ネットビジネスは参入障壁が低い」とは全く考えていません。

 

なぜなら、自分の知識だけで勝負できるからです。

 

確かに、ECショップなどインターネット上で店舗を開く場合は別です。「アフィリエイトで稼ぐ」についてもほとんど方法が決まっており、ある程度のマニュアルがあります。

 

だから稼げない人がほとんどなのですが、このように本当の意味で誰でも参入できる分野は競合だらけです。

 

そこで、「同じネットビジネスの中でも、誰も競合がいない自分だけの世界を作り出せば良いのではないか」と考えるのです。つまり、これまでの経験や知識だけで勝負していきます。そのため、真似されることがありません。

 

例えば、前述の通り私は大学課程の内容をベースにした薬学系サイトを保有しています。今では人気サイトになっていますが、薬剤師でさえこのような専門サイトをゼロから作ろうとは思わないです。

 

大学レベルの内容は忘れていますし、私が大学生の時からコツコツと作成したサイトだから可能だったのです。

 

そして、薬学生が内容を真似しても無駄です。私には薬剤師経験があるため、臨床で使われていた薬の知識や大学では学べないレベルの内容をサイト上に詰め込んでいるからです。

 

このように内容が専門的であるため、誰も真似することができません。大企業であっても、時間という参入障壁のために勝負することができません。

 

特定の分野の知識が大量に詰まったサイトとしてポータルサイトがあります。このようなサイトを作成すれば、誰も真似することが出来ません。このように、同じネットビジネスでもポータルサイトビジネスでは、自分の知識だけで大きな参入障壁を作ることができます。

 

このビジネス系サイトも同じです。「薬学系サイト」に代表されるように、圧倒的な実績を元にしてポータルサイトビジネスを提唱したのは私が初めてです。オリジナルには勝てないので、この概念を真似をしても無駄です。

 

さらに、サイト内のページ数や動画などのコンテンツ量も豊富なので「このサイトには勝てない」と思わせることができます。このように、同じネットビジネスを行うにしても参入障壁を作りながら行えるビジネスをしなければいけません。

 

要は、知識による参入障壁を作るのです。

 

そして、これと同じ事をあなたも行ってください。私であれば、「薬学」や「ネットビジネス」に関わる事については、専門知識が詰まったポータルサイトを作ることができます。しかし、他の分野は良く分かりません。

 

メルマガ内の非公開動画でも全て話していますが、満たされていない分野は腐る程あります。この隙間分野をポータルサイト化させることができれば、ネットビジネスで稼ぐのはそこまで難しくありません。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

アフィリエイトやせどりでは稼げない理由
インターネットビジネスとネットワークビジネスの違い
ゼロスタートの初心者がビジネスを始めるために
高学歴で勉強ができてもビジネスで成功できない理由
情報発信するほど発想力・企画力が高まり、アイディアが浮かぶ
MBAなど、ビジネススクールに通うほど経営能力が落ちる理由
ネット上に名前や顔を公開するリスク:ハンドルネームの有効性
自動収益化システムの構築
ネットビジネスが高利益率である理由
ネットビジネスを始めるに当たって行わなければいけない事
人を惹きつける文章を書くために注意すべき事
情報公開を行うほどビジネスで稼げる理由とは
サイト運営ではアクセスを集めることが全て
限界値(反応率)を知ることがビジネスでは重要
ビジネスで重要なテーマ設定法
サイトやブログにアクセスを集める原理原則
ビジネスでどの分野に参入すれば良いか
ネットビジネスで顔と名前は出すべきか
アウトプットし続ければ人間の価値が上がる
どれくらい努力すればビジネスで稼げるようになるか
稼ぎながら勉強が出来る最強のビジネスとは
稼ぐために必須となるネットビジネスの具体的ステップ
サイトとブログの違いを理解して稼ぐ
ネットビジネスで文章を書く上で必ず注意すべき点
ネットビジネスで稼ぐために必要なたった二つの方法(リスト、ブランディング)
誰も参入していない分野で独自のビジネス展開を図るには
セミナー・コンサルティング・ジョイントの方程式で稼いでいく
企業と組んでビジネスを加速させる手法とは
アメーバブログ(アメブロ)で大量のアクセスを集めるテクニック
アメーバブログ(アメブロ)を消されないために