ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

メルマガで莫大な売上を出すための基礎概念

 

メルマガを発行するとき、読者に開封して読んでもらわなければ意味がありません。これができると、メルマガによって売上を出すことが簡単に出来てしまいます。

 

そのためには「有用な文章」が必ず必要になります。

 

人はそもそも他人の文章を一つも読みたいとは思いません。企業からの届く広告メールをあなたが全く開封しようと思わないのと同じように、人はメールを読もうと思っていません。そこで、有用な文章がなければいけません。

 

 メルマガを出せば良いわけではない
企業はメルマガの活用が恐ろしく下手です。実際にあなたに届くメルマガを見れば分かりますが、商品の紹介しかありません。

 

・今だけ25%OFF

 

・新しい商品が入荷しました

 

多分、このような感じのメールが来ると思います。これはただのスパムであり、読者にとって有用な内容が一つもありません。そのため、開封されることもないです。

 

多くの企業は宣伝しかしていないため、結局のところ読まれないのです。メルマガを出せば良いわけでもありません。読者に読まれてこそ、本当に価値のあるメルマガとなります。

 

DM(ダイレクトメール)が家に届いた時、あなたは中を確認せずにゴミ箱行きにすると思います。多くの企業が行なっているメルマガはこのDMがメールになっただけであり、お客様に嫌悪感を示されるだけとなります。

 

本当に必要なのは、「このメールはタメになる」と少しでも思ってくれることです。

 

情報提供が9割とすれば、商品の宣伝や売り込みが1割くらいがちょうど良いです。しかし、世の中に溢れているメルマガは「内容が全て売り込み」という場合が多いです。企業であると、この傾向が特に強いです。

 

そこで、「商品紹介を控え、できるだけ読者に得をしてもらう」という思考ができるかによって、メルマガで莫大な利益を出せるかどうかが決まってきます。多くの企業はこれに気が付いていないため、ネットを使ったマーケティングが下手なままで終わっています。

 

 メルマガによる教育システム
最初から商品を欲しいと思っている人は少ないです。そこで、その商品を「欲しい!」と思わせるようにしなければいけません。これができるのがメルマガによるステップメールです。

 

多くの企業が行っているような、商品の宣伝メールが効果を表すのは「まさにその商品を探している人」だけになります。例えば、私はコンタクトレンズを装着していますが、使い捨てコンタクトレンズは定期的に購入しなければいけません。

 

この時、ちょうどコンタクトレンズがなくなろうとしている時に「今だけ20%OFF」というメールが届き、購入した事が何回もあります。このように、定期的に必要となる商品であれば問題ないかもしれません。しかし、ほとんどの場合でそうでないと思います。

 

そこで、役に立つ情報を与え続けることによって読者を教育していくのです。例として、ダイエット商品を売る場合を考えてみます。

 

お客様はダイエット商品を欲しいとは一つも思っていません。本当に欲しいのは結果であり、「痩せている自分」になります。痩せることができるのであれば、ダイエット商品以外にもスポーツジムが最適かもしれません。

 

大企業を含めて、マーケティングを理解していないメルマガ初心者は商品の紹介を必死で行います。しかし、それでは商品が売れることはありません。

 

そこで思考を変えます。本当にビジネスとして商品を売りたいのであれば、例えば以下のようなタイトルにします。

 

「1日1杯でOK! 最新のお茶ダイエット」

 

「わずか20日で体重5.2kg減! その秘密を大公開」

 

「男を釘付けにするための美脚体操を伝授」

 

このようにして、役に立つ情報を出し惜しみなく提供していきます。ここで「この情報は出せない」とケチると、商品がほとんど売れなくなります。全てを伝える気持ちでメルマガを書かなければ意味がありません。

 

前述した通り、「できるだけ読者に無料で得をしてもらう」という気持ちがなければいけません。これができると、読者が満足してくれて開封率が圧倒的に高くなります。バズマーケティングとして口コミも起こります。

 

そして、商品が売れていきます。

 

これがメルマガを活用した商品販売の基本になります。よく考えれば当たり前の事かもしれませんが、大企業であってもこれらメルマガを用いたマーケティングの基礎を一つも理解できていません。

 

商品紹介ではなく、「読者に与えること」を一番に考えてください。

 

私が行っている戦略は基本的に「与えまくる戦略」になります。ポータルサイトとして、自分の全情報をネット上に公開します。ここからさらに動画による解説やSNS、メルマガを活用することで情報を拡散させていきます。そして、人気サイトが出来上がっていきます。

 

稼げない99%の人は情報を隠そうとします。しかし、本当に稼げる人は自分の情報を積極的に発信しようとします。

 

また、稼げない人は商品販売だけを考えます。しかし、稼げる人はむしろ「どのようにすれば相手に得をしてもらえるか」を考えます。これが出来れば自然と人が集まり、ビジネスを簡単に行えるようになります。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)