ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

一時期の流行・ブームよりも、長く売れるロングセラー商品が重要

 

商売を始めるとき、多くの人はその場限りで出来るだけたくさん商品を売ろうとします。しかし、本来は将来的な展望まで見据えて商品を販売しなければいけません。やみくもに売ればいいわけでもないのです。

 

場合によっては、一時的な売り上げによって危機的な状況を招くこともあります。それでは、なぜ爆発的な売上が将来に響く恐れをもたらすのでしょうか。

 

 ビジネスで大きなインパクトは必要ない
世の中には、社会現象を引き起こすほど売れる商品が存在します。分かりやすい例でいえば、お笑い芸人がこれに該当します。別の言葉でいえば、「一発屋」と表現されます。

 

一時期の流行やブームによって、その年だけはあらゆるテレビに引っ張りだこです。雑誌や新聞を含め、さまざまなメディアに露出しているので見ない日がありません。そのため、一発屋の芸人の多くは一年で多額の金額を稼ぎ出します。

 

ただ、流行が終わると同時にオファーがなくなります。テレビ出演があったとしても、「あの人はいま」で取り上げられるくらいです。

 

それでは、このような売れ方に意味はあるのでしょうか。一時的に有名になったことで満足するなら問題ないですが、多くの場合は生活費が必要です。

 

たとえ最高で月に1000万円以上も稼いだ芸人であっても、一年後に10万円程度に落ちるのでは意味がありません。それよりも、一発当てなくても実力によって長いこと生き残り、毎月50~100万円の給料をもらっている芸人の方が圧倒的に素晴らしいです。

 

人気商売というのは、飽きられたら終わります。飽きられないように変化を加えることが、本当の意味でプロであるといえます。この努力を怠った芸人は例外なく消えています。

 

本当に稼げる芸人は、「売れた後の将来設計」まで考えます。例えば他の才能をもつマルチタレントであれば、有名になったことを利用して、「画家として活躍し始めた」「トーク技術を磨く講師としてリスタートした」などのビジネスをしている人が実際にいます。

 

芸能界で生き続けるにしても、長く活躍している人であるほどマルチに活動しています。一つの分野にとらわれず、ドラマや映画、さらには執筆まで幅広いです。

 

これは、実業の世界でも同様です。例えば出版であれば、ベストセラーであっても一年後に中古本として山積みにされていることがよくあります。何度も読み直したい本だとは思われず、大量に古本屋に流れてしまったのです。

 

こういう本であるほど、大量増刷したもののある時を境にピタッと売れなくなります。すると、数字上はたくさん売れたにもかかわらず、大量の在庫によって赤字に転落しやすいです。

 

そのため、本来は定期的に売れるロングセラーの方が望ましいです。将来の売上予測を立てやすいですし、時が経てば在庫を減らすことができるからです。

 

飲食店であっても、インパクト重視で「これは美味しい!」と思える商品を出せばよいわけではありません。それよりも、「最初は何も思わなかったが、食べているうちにクセになって毎日通うようになった」となってくれた方が望ましいです。

 

流行やブームにのってインパクト勝負を仕掛け、一時的に大量販売することは良い結果を招きません。そうではなく、長く売れる仕組みを構築する方がビジネスでは何十倍も大切です。

 

 売らない戦略を学ぶ
ビジネスで集客を行うことは重要ですが、たまに急激に客数が増大することがあります。「マスコミに取り上げられる」などは良い例です。

 

ただ、客が急に増えすぎるのは好ましくありません。リアル店舗であれば、お客様を外で何時間も待たせることになりますし、それまで通ってくれた既存客の満足度を落としてしまいます。一度信用を失った客はなかなか店に戻ってきてくれないため、リピート客の減少に繋がります。

 

マスコミの効果は一時的であることが多いため、突如として増えた客は急速に減少していきます。そうなると、リピートしてくれた優良顧客が減った分だけ、将来の利益が下がってしまいます。これを理解している店主もいるため、中には「マスコミお断り」にしている人もいます。

 

ビジネスを拡大させるとき、必ず身の丈に合った速度で成長しなければいけません。「従業員が育たないうちから大量の広告を出し、集客を頑張った」「ベストセラー商品を狙い、一発勝負をかける」などをすれば、どこかできしみを生じます。

 

経営者というのは、時間経過と共に「商品が継続的に売れ」「人が育っていき」「満足してくれるお客様(=ファン)の数が徐々に増える」という仕組みを構築するのが仕事です。

 

これを理解せずに、目先の利益ばかりを追っているうちは瞬間最大風速でしか稼げません。流行やブームにのらずに5~10年後のことまで考え、長いこと支持される仕組みを構築できてこそ、ようやく一人前の経営者です。

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

起業で成功する人の共通点を探る
成功者がもつ「内なるモチベーション」の原理
相手の「本当の望み」を知ることが人間関係の第一歩になる
実行に移さず、想像だけで自分の行動を決定してはいけない
強い意志力をもち、本気で取り組めば成功をつかめる
他人であっても、人間は真剣に努力している人を応援する
楽しく仕事できる環境や仕組みに「努力」や「才能」は勝てない
「集客したい客層」を決めると、ビジネスが動き始める
古いことの実践に新規アイディアが隠れている
企業と組めば、ネットビジネスでの報酬が加速していく
経験が増えて初心(コアビジネス)を意識すると迷いがなくなる
人材採用・雇用では「収益を創る人」の見極めが重要
社長や医師など、一流の人たちと簡単に仲良くなる方法
子供に勉強させる方法:学びを止めた人間に成長はない
給料・収入を増大させるには、労働環境(働く場)を変えればいい
成果報酬型の保険営業マンが圧倒的な契約数を達成するには
異常なほどの行動力が成功体験になり、人間性を形作る
大きな成果を出す秘訣は「高い目標設定」にある
起業や転職時に必ず生じる「周囲の反対」を乗り切るには
スポーツで頂点を極め、栄光を勝ち取った人の共通点
成長していないのは、自分の限界を決めて慢心しているから
少し儲かって社長が贅沢を始めると会社は倒産する
無駄をそぎ落とし、複雑さを解消するほど「本質」が見えてくる
ダメな部分を補うのではなく、長所を特化させることの重要性
保険営業で人を紹介してもらうための極意
市場が飽和しているときに新ビジネスを創出する思考法
キャラ作りや設定を間違えると、ビジネスで矛盾を生じる
日本野球とメジャーリーグの違いから学ぶビジネス理念の重要性
企業と提携したいときは、決裁権をもつ人にアプローチする
ワンランク上げて少し背伸びすると、成功者たちと知り合える
大企業志望の就活生より、中小・ベンチャーを目指す学生が優秀
大学の研究とビジネスでの成功法則は同じ
士業などの有資格者や専門職種は人生の幅を狭くしやすい
人を動かし行動させる6つの基本法則
プレゼンテーションで1番重要な「空気感」とは何か
感動を与えるディズニーのホスピタリティー
本当のプロフェッショナルとは何か
高額セミナーやビジネス合宿・塾への参加なしに起業で成功しない
コンビニやスーパーからビジネスを学ぶ
自社サービスが「知られていない」ことを前提にビジネスをする必要性