特に初心者では多いのですが、サイトやブログを解説した後にアクセスをなんとかして集めようと考える人が大多数です。

しかし、このような考えは必要ないです。むしろ、アクセスを集めようと努力すればするほど失敗します。

これらの努力をした結果、全く稼げないどころか大多数の人に見捨てられるようになります。

よく考えればこの理由が見えてきます。しかし、この本質を理解せずに小手先のアクセスアップ法を述べている人が多いのです。そこで、誰よりも莫大なアクセスを集めることができる私がアクセスを集める本質を述べていきます。まずは、以下の動画をご覧ください。

中身のないコンテンツをあなたは見たいですか?

ユーザーとして情報を探している立場になれば簡単に理解できますが、あなたは中身のないコンテンツを見たいと思うでしょうか。

そもそも、人には「読まない」という壁があります。役に立ちそうなコンテンツがあってはじめて「この文章を読んでみようかな」と思うようになります。

ここで、もし中身がない状態で小手先のアクセスアップを図ったらどうなるでしょうか。あなたのサイトやブログに訪れたユーザーは「何だこの中身のないサイトは!!」と思ってすぐに離脱してしまいます。

その結果、残念なサイトとして心にも残らずに忘れ去られてしまいます。

この事実を認識した上でもう一度言います。アクセスアップは考えないでください。むしろ、下手なアクセスアップやSEO対策を施すほど失敗します。

本当に必要なのは、ユーザー側が役に立つと思う有用な記事だけです。これ以外は考えずに情報を流していくことだけを考えてください。この思考ができない限り、ポータルサイトビジネスに限定せずあらゆる情報発信によるビジネスで稼ぐことが出来ません。

稼ぐために必要な一番の近道とは

情報発信で必ず必要となる物が「有用な記事」になります。結局のところ、小手先のテクニックは全くもって必要ありませんし、これ以外のアクセスアップ法はこの世に存在しないと思ってください。

メーカーのホームページや他のサイトに書かれている記事を参考にした三次情報や四次情報を発信してはダメです。あなた独自の一次情報や他の人から聞いた生の情報としての二次情報(本やセミナーなど)を発信してください。

そもそも、情報発信で稼いでいる人がどのような人かを見れば分かります。全員に共通する事として、「文章能力に長けている」という事があります。

これにプラスして、その人独自のオリジナルコンテンツを大量に保有しています。

私も同じです。私もオリジナルコンテンツを大量に保有しているからこそ人気サイトになり、自動でリストを収集することができます。放置でも勝手にアクセスが伸び続けていきます。

私が大学院生だった時、薬学系サイトの記事を一年間に5記事くらいしか更新しない時期もありました。それでも、アクセス数や広告収入は前年比1.4倍以上を毎回維持していました。この事実をまずは認識してください。

「有用な記事だけをアップする」と言うと、「もっと簡単にアクセスアップさせるテクニックを教えてくれ」と多くの人が思います。しかし、現実にそのようなものは存在しません。

これは、「なぜ情報発信で稼いでいる人はほぼ全員有用なコンテンツを多数保有しているのか」を考えれば簡単に答えを導き出すことができるはずです。

このように、アクセスアップの本質を理解した上で情報を流している人は少ないですが、まずはこの事実を認識することから全てが始まります。

ビジネス系サイトでのアクセスアップ

私が保有するビジネス系サイト(ビジネス思考への転換)を立ち上げた時、私が何を行ったかと言うと最初に200ページを越える記事を書くことから始めました。これを1ヶ月で行いました。

ただし、初心者の方は難しいと思いますので1日1記事以上を目指して頑張ってください。慣れてくると、1日に5記事以上を書けるようになります。

これを完了させた後にようやくアクセスアップを行い始めました。YouTubeなどに動画をアップしたり、薬学系サイトから呼び込んだりすることでアクセスアップを行い始めます。SNSを活用して露出を増やしても良いです。

確かに、完璧を目指す必要はなくて雑に始めることは重要です。ただ、アクセスアップを図るのは、他の人に対して自信を持って見せることができるレベルになってからにしてください。

ポータルサイトビジネスセミナー

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認