アクセスがない状態であれば、当然ながらネットビジネスをして成果を出すことはできません。ただ、サイトやブログを運営してある程度のアクセス数がある場合、そこから商品が売れることで収益を得ることができます。

ただ、このときネットビジネス初心者であると、どれくらいのアクセス数(PV:ページビュー)があれば報酬が発生するようになるのかという目安が分かりません。また、どのようにアクセス数が推移していくのかも不明です。

さらには、アクセスを増やすコツについてもよく理解していないことが多いです。

適切にアクセスを増大させることで、収入を増やす必要があります。そのためには、アクセスの目安や稼ぐときのポイントを理解しておく必要があります。ここでは、アクセス数(PV)と収入の関係や一般的な報酬発生の目安について解説していきます。

サイト・ブログ運営でのアクセス数の推移を知る

まず、サイトやブログを運営してアフィリエイトをするとき、どのようなアクセス数の推移をたどるようになるのでしょうか。

多くの人は一般的なアクセスの増え方を知りません。ネットビジネスをするときの現実を知らないため、いつまで経ってもアクセスがないと嘆きます。よくあるのは、「3ヵ月ほど頑張ったのにアクセスが集まらない」というものです。

しかし、そもそもわずか3ヵ月や半年ほどの努力で、アフィリエイトで稼げるようにあることはあり得ません。ネットビジネスの天才であっても不可能です。

なぜ、そのようなことが言えるかというと、サイトやブログを立ち上げて情報発信をするとき、全員が以下のようなアクセス増加の推移をたどるからです。

私が実際に運営している、あるサイトのアクセス数の推移です。このサイトの場合、2017年4月にサイトを開設しました。そうして半年後のアクセス数は1日50PV以下です。

ただ、1年後には1日200UU(1日300PV)以上になりました。また開設1年半後には、1日1,000UU(1日1,500PV)を超えるようになりました。

他にも私はいくつものサイトを保有しており、新規でもサイトを作り続けています。このとき、すべてのサイトでこうしたアクセス増加の推移をたどります。この事実を認識したとき、3ヵ月や半年ほどで成功するなどあり得ないことが分かります。

アクセスを増やすコツや「有益な記事」だけ

それでは、どのようにしてアクセス増加を狙えばいいのでしょうか。この方法は一つだけであり、「どれだけ有益な記事を書けるか」にかかっています。

厳密にいえば、ブラックSEOを含めたスパム手法が存在するのは事実です。ただ、スパムの方法なので、あるときサイトが飛んでアクセスゼロの状態に陥ることがあります。

一方で読者にとって有益な記事を発信することだけを考えていれば、あるとき急にサイトが飛んでアクセス数が激減することなく、ずっと稼ぎ続けられるようになります。このとき、私が意識しているのは「どれだけ有益な記事を量産できるか」だけです。

多くの人はアクセス増を実現するための魔法を探そうとします。しかし残念ながら、そのような手法は存在しません。そのため、あなたがアクセス数を増やすために行うべきことは、「どれだけ有益な記事をたくさん作れるか」だけだといえます。

アクセス数は収益との相関がない

ただ、アフィリエイトを行う上でアクセス数だけに捉われてはいけません。実際のところ、アクセス数と収益に相関関係はないからです。

ネット上の情報を見ると、「〇万PVあれば、△万円の収益になる」などのように書かれていることがあります。ただ、残念ながらすべてウソです。そのようになることはあり得ません。なぜ、そのようにウソだと断定できるのか具体的に確認していきます。

・少ないアクセスでも稼げる

そもそも、アクセス数が少なかったとしてもかなり稼いでいるサイトは実在します。例えば、私の薬剤師転職サイトは1日100~200UUほどのアクセス数であっても、月50万円ほどの収益になっていました。

そこまでアクセスはなかったとしても、多くの成約があるので収益額が伸びていったケースです。

一方で、一日2,000PV(月6万PV)ほどあるにも関わらず、月3~5万円ほどの収入にしかならなかったケースもあります。私が過去に作ったサイトであり、当時はビジネススキルが乏しかったので「アクセス数は非常に多いものの、儲からないサイト」を作ってしまったのです。

ここから、いくらアクセス数を集めてもアフィリエイトにおいて実は「そこまでアクセス数は重要ではない」ことが分かります。もちろんアクセスがあるのは重要ですが、それ以前に考えなければいけないことがあります。

物販アフィリエイトでのキーワードの考え方

記事作成で必須となるものとして、キーワードがあります。どのようにキーワードを考えるのかによって、集まってくる客質・客層が異なるようになります。物販アフィリエイト(商品やサービスを売ることで報酬を得るアフィリエイト)では、キーワードの性質を理解しなければいけません。

例えば、同じダイエットであってもキーワードが以下の内容であると全く違う客層になります。

  1. ダイエット 無料
  2. ダイエット 格安
  3. ダイエット 夏まで
  4. ダイエット 手術

「1. ダイエット 無料」で検索する人であれば、お金を払いたがりません。顧客単価はとても低いことが分かります。そのため、これらの人に向けてサイトアフィリエイトするのは無理です。ダイエットの場合、物販アフィリエイトでダイエットサプリを売らなければ稼げませんが、そうしたものが売れないのです。

また、「2. ダイエット 格安」であれば少しは購入の意思があります。ただし高額商品となると厳しいです。物販アフィリエイトで取り扱うダイエットサプリは基本的に高めの商品が多く、さらには定期購入です。例えば、以下のような商品になります。

定期購入で4,500円ほどの商品ですが、格安でダイエットしたい人を集めても売れにくいです。

これが「3. ダイエット 夏まで」であれば、少し焦っている人だと分かります。この場合であれば、問題なくダイエットサプリメントが売れるようになります。

さらに「4. ダイエット 手術」で検索する人なら、何十万円もするような美容整形(脂肪吸引など)であっても売ることができます。ダイエットサプリメントどころか、さらなる高単価のサービスに興味のある人が検索するキーワードです。

このように考えたとき、いくら「ダイエット 無料」「ダイエット 格安」などのキーワードでSEO(検索エンジン対策)が評価され、Googleなどで上位表示されてアクセスが集まるようになったとしても、まったくお金を生み出さないことは容易に想像できるはずです。

大量のアクセスがあるにも関わらず、まったく収益が発生しないのは、こうした理由があるからです。

成約と関係ないキーワードの記事は書かない

そのように考えると、成約とは関係ないキーワードについても無視したほうがいいことが分かります。

例えば、以前に「中古車の一括見積」に関するサイトを私のクライアントに作らせたことがありました。このとき、彼は何を考えたのか「車の洗車を行う方法」に関する記事を作りました。

しかし、普通に考えて車の洗車に興味のある人が「自分の愛車を買取に出す」などは考えられません。彼が書いた車の洗車記事については、狙ったキーワードでSEOが評価され、実際に検索エンジンで上位表示されました。ただ、その記事からは1円の収益も生み出しませんでした。

中古車の買取サイトなのであれば、「どのようにすれば車を高く売ることができるのか」「車の年式ごとに買取価格はどう違うのか」を記事として網羅しなければいけません。それとは関係ないキーワードを使い、記事を作ってはいけないのです。

同じように、別のクライアントで腸内細菌サイトを作っていた人がいます。この人は研究者だったのですが、「コレラに罹ったときの腸内細菌の整え方」という記事をアップしてきました。

しかし、日本に住んでいてコレラに罹ることはありません。東南アジアの旅行者がコレラに感染することはあるかもしれませんが、その場合は現地の病院で入院するだけであり、腸内細菌サプリメントを購入してくれる確率はほぼゼロです。

そのためこの人についても、記事の方向性を改めさせました。物販アフィリエイトで成果を出すには、「売りたい商品を使わない人」は排除しなければいけません。

サービスを使い終わった後のキーワードは無視する

また、サイトアフィリエイト(ブログアフィリエイト)では、顧客とはなり得ない「サービスを使い終わった後」の人も存在します。例えば、以下のようなキーワードで検索する人です。

  • 楽天カード 解約
  • 脱毛 ケア

クレジットカードは物販アフィリエイトで非常に儲かります。ただ、「楽天カード 解約」などのように、既にサービスに申し込んだ後の人が検索するキーワードを攻めても意味がありません。解約しようとする人を集めても、クレジットカードに新規入会してくれることはないからです。

同じように脱毛もアフィリエイトでかなり稼げるテーマです。しかし、脱毛のケア方法を知りたい人は「既に脱毛対策を実施した後であり、脱毛サロンに通うことのない人」だと推測できます。そのため、このキーワードでアクセスが集まっても報酬発生はありません。

物販アフィリエイトで稼ぐには、新たに商品を購入したり、サービスを利用してもらったりしなければいけません。そのため、既にサービスを活用している人を集めても意味がないのです。

GoogleアドセンスはPVがすべて

ただ、アフィリエイトの中でもGoogleアドセンスについては例外的にPV(ページビュー)がすべてになります。

Googleアドセンスの場合、商品やサービスに申し込んでもらう必要はありません。アドセンス広告がクリックされることで、1クリックごとに20~50円ほどの収入があなたに入るようになります。この場合、「PV(ページビュー)が増える=収益増」になります。

アドセンス広告を狙う人の場合、PVがすべてになります。この場合、先ほどの「物販アフィリエイトでは稼げないキーワード」も含めて情報発信する意味があります。

・物販アフィリエイトの方が収益は10倍以上

物販アフィリエイトの場合、商品やサービスに申し込んでもらわなければいけません。完全成果報酬のビジネスであるため、物販アフィリエイトで1サイト月100万円以上が可能になるのです。

一方でアフィリエイトの中でも、Googleアドセンスは稼げない手法になります。Googleアドセンスの場合、月1万円を目指すのが適切です。月10万円を稼げる人はトップに属する1%未満の人なので、現実的にハードルが非常に高いです。

物販アフィリエイトの方がキーワードを考える必要があり、簡単には稼げません。ただ、その分だけ収益は非常に大きくなるのです。

1日100UUあれば、月1~2件の成約がある

それでは、どれくらいのアクセス数があればアフィリエイトでの報酬発生があるのでしょうか。クリック型の広告であるGoogleアドセンスの報酬発生については、すでに説明しました。ここでは、「物販アフィリエイトをして商品が実際に売れるには、いくらのアクセスが必要なのか」について解説します。

大前提として、ある程度は成約する見込みのあるキーワードで記事を書いているサイト・ブログであることを想定します。これらの注意点を守ったうえで記事を書く場合、大まかな目安としては「1日100UUほどのアクセスがあれば、あなたのサイトから月1~2件ほどの商品が売れる」と考えてください。

100UU(ユニーク)とは、100人のユーザーがあなたのサイトに訪れたことを意味しています。1つのサイトに訪れた後、その読者が別のページに移動した場合、PVが増えていきます。ただ、UU(ユニーク)では別ページに移動したとしても、カウントは一つだけです。UUとは、純粋にサイトに人が訪れた人数だと考えてください。

そのため、私はいつも物販アフィリエイトをするときに1日100UUを超え始めたらアフィリエイト広告を貼るようにしています。収益化しても良い段階になる目安が1日100UUです。

ネットビジネスで痛みの強いキーワードは成約する

ただ、先ほどアクセス数が少なかったとしてもかなり成約するケースがあることを説明しました。このとき、より痛みの度合いが強いキーワードを攻めると1日100UUであっても、月5~10件以上成約することがあります。

例えば、結婚相談所はアフィリエイトで儲かります。このとき、以下のキーワードは非常に成約率が高いです。

  • シングルマザー 結婚相談所

このキーワードであると、5~8UUに一件は成約します。それだけ悩みの強いキーワードだからです。

他にも、育毛のサイトを構築することを考えるとします。このとき、以下の二つのキーワードがある場合、どちらが成約するでしょうか。

  • 育毛剤 使い方
  • 育毛剤 20代 若ハゲ

どちらも成約するキーワードではありますが、「育毛剤 20代 若ハゲ」で検索する人の方が症状は深刻です。そのため、少ないアクセス数で成約するようになります。

ここでは、「1日100UU」という目安を提示しました。ただキーワードによっては、より少ないアクセス数で多くの報酬が発生しますし、反対にそこまで収益がないこともあります。

商標キーワードは収益性が高い

なお、商標キーワードで記事を書いてSEOで上位表示されれば、物販アフィリエイトの場合は、少ないアクセス数で多くの成約を取れるようになります。

商標キーワードとは、あなたが売ろうとする商品名やサービス名のことになります。例えば、クレジットカードのブログアフィリエイトを考えている場合、以下の単語が商標キーワードになります。

  • 楽天カード
  • セディナカード
  • エポスカード

もちろん、他にもクレジットカードは存在します。ただ、いずれにしてもこうした商品名・サービス名で記事を書き、その記事にアクセスがあると簡単に成約するようになるのです。

商標キーワードで検索をしている人は「既にその商品へ申し込むことは決めており、再確認のために検索している人」になります。そのため、そうした商標キーワードで検索エンジン上位に表示されれば、多くの収益が発生するようになります。

ただし、前述の通り「楽天カード 解約」などのように、既にサービスに申し込んだ後の人が検索するキーワードは必ず無視するようにしましょう。

キーワードを意識してアクセスアップを狙う

サイトアフィリエイトやブログアフィリエイトを実践するとき、アクセスアップを実現することは非常に重要です。このとき、アクセス増を実現できるのは有益な記事を増やすことだけです。その他の手法は存在しません。

ただ、記事を書いてすぐにアクセスが集まるようになることはあり得ません。3ヵ月や半年ほどで結果を出すのは不可能なのです。少なくとも、1年間は収益がほぼ発生しないと考えてください。ただ、1年後には爆発的にアクセス数が増大していくようになります。

このとき、必ず成約に近いキーワードかどうかを意識するようにしましょう。いくらアクセスアップを実現しても意味はなく、成約から遠いキーワードによってSEOで上位表示されても、成果はゼロ円だからです。

適切なキーワードを見極め、有益な記事を書いていくようにしましょう。PV(ページビュー)にこだわるのではなく、質の高いお客さんを集めるようにすれば少ないアクセス数でも大きな収入を得らえるようになります。ここまでのことを理解したうえで、物販アフィリエイトを行うといいです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認