女性が副業を考えることは非常に多いです。いまの生活を支えるためにはお金が足りないため、副業ビジネスを検討することでお金の足しにするのです。

そうしたとき、当然ですが詐欺のような危ない副業を選択するわけにはいきません。できるだけ安全であり、さらには在宅で完結する副業でなければ意味がありません。そうしたとき、女性にとって安全な副業はあるのでしょうか。

これには、いくつか種類があります。ただ最適な副業には選び方や注意点があり、副業の種類によってはまったく稼げないケースもあります。

女性が副業を開始するためには、正しい方法を理解したうえで実施しなければいけません。そこで、どのように考えて女性が在宅での副業を始めればいいのか解説していきます。

雇用型ではなく、在宅での副業ビジネス

副業を考えるとき、種類は大きく雇用型と在宅型の2つに分けられます。その中でも、雇用型の副業であれば誰でも稼げます。要は、雇用型の副業とはアルバイト・パートのことです。

ただ雇用型の副業だとかなりの労力を使うことになります。本業の仕事とは別にバイトとして店舗などの施設へ出向き、実際の労働をすることになるのです。

分かりやすい例でいえば、「昼間に普通の仕事を行い、夜には職業を変えてキャバクラなどの仕事をする20代の女性」がそれなりにいます。

もちろん、こうした副業を実践すればそれなりに稼ぐことが可能です。しかし、こうした雇用型の副業は労力をかなり使うことになります。そのためここでは、あくまでも在宅で安全な副業に絞っておすすめを紹介することにします。

スキルを使い、外注を受ける方法は最もおすすめ

女性が副業を検討するとき、最も一般的でおすすめな方法が「あなた自身のスキルを活用し、外注依頼先の企業から仕事を受ける」ことがあります。非常に多くの女性がこうした在宅副業に挑戦しており、ネットビジネスにて収入を得ている実態があります。

「在宅副業≒ネットビジネス」となりますが、パソコン一台にて仕事を行い、外注依頼先の企業へ作品などの成果物を納品するというものです。こうした在宅での副業には主に以下のような種類が知られています。

  • プログラミング
  • デザイン
  • ライター
  • 翻訳
  • 動画編集
  • データ入力などの事務作業

人によって保有するスキルが異なります。そのため、どのような種類の外注を受ければいいのかについては、その人ごとに大きく変わると考えましょう。

もちろん、外注の種類は他にもあります。このとき、外注ではクラウドソーシングによるサービスを手始めに利用するといいです。ランサーズやクラウドワークスが有名ですが、以下が実際のサイトになります。

こうしたプラットフォームを見ると、実際にどのような仕事があるのか確認することができます。非常に多くの種類の仕事が存在するため、どのような種類の仕事をしたいのか目星をつけるようにしましょう。

例えば、以下は講演テープの書き起こしに関する仕事です。

クラウドソーシングでこうした書き起こしの仕事は非常に多いですが、これら事務作業のような仕事でも収益を得られるようになります。上記の案件の場合、「2時間ほどの講演を日本語で文字に書き起こす仕事であり、9,000円にて仕事への対価が支払われている」と分かります。

なお、より付加価値のある仕事であれば「日本語を英語に訳す仕事(翻訳)」などが可能ですし、同じ事務の仕事でも経理を理解している人であれば、会計処理に関する仕事を受けることで、さらなる高単価を望めます。

ただいずれにしても、こうした簡単な仕事であっても多くの外注の仕事が存在するため、女性が在宅で仕事をするとき、すぐにお金を手にできますし、ネットビジネスの中で非常に人気となっています。

オンライン家庭教師・英会話で活躍する

また、人に教える仕事も広く行われています。ある程度の学力がなければ無理であるものの、「それなりのレベル程度の大学を卒業している」「英語を話せる」という人であれば、オンライン上での家庭教師や英会話講師を選択すると副業として分かりやすいです。

例えば以下は、「日本語講師が在籍するオンライン英会話」のWebサイトの一部です。

このように、オンライン英会話の日本人講師はほぼ女性です。フィリピン人の講師だと女性も男性もいるのですが、日本人ではほぼ副業女性になるのです。時給1,000円ほどなので、英語を話せる女性にとってみると副業として最適です。

またこうしたオンライン講師だと、基本的にはいつでも好きな時間に教えることができます。例えばオンライン英会話であれば、24時間のうち「土日の20:00~24:00だけ働く」なども可能です。ネットビジネスでの在宅副業のため、場所と時間を選ばずどこに住んでいたとしても問題なく副業を実現することができるのです。

20代の若い女性ならチャットレディが可能

または、20代で若い女性であればチャットレディという方法でも問題ありません。ネットビジネスの中でも、「男性と会話することで収益を得る方法」になります。要は、キャバクラのオンライン版だと考えれば問題ありません。

このとき、以下のような「チャットレディを募集しているサイト」から申し込みを行い、高単価による時給にて働けば問題ありません。

チャットレディのため、キャバクラのようなノルマはありません。もちろんリピートを獲得できればより収益の向上につながりますが、ノルマは存在しないのです。また、家にいながら好きな時間だけ勤務できます。

さらにはアダルトサイトではないため、何か性的なことをしなければいけないこともありません。キャバクラと同じように、男性と会話して相手を楽しませるのがメインの仕事です。

そのため20代といった年齢の若い人に限られてしまいますが、このような若い女性であればキャバクラなどで勤務するのではなく、チャットレディなどで活躍することで、すき間時間に在宅にて稼ぐことができます。

副業というより、起業に近いビジネスが存在する

ここまでが女性にとって非常に人気となる在宅副業になります。誰でも手軽に、自分のスキルを利用して稼ぐことができます。

ただ、多くのメディアで「副業」として紹介されているものの、実際のところ副業というよりも起業(本気でしないと成功が無理な手法)に近いものがいくつもあります。起業でのビジネスなので圧倒的に稼げる可能性は大きいものの、非常に大変だというわけです。

これには、主に以下のようなものがあります。

  • ブログ・サイトによるアフィリエイト
  • 転売・せどりなどの物販

そのため、大きく稼ぎたい人にはおすすめできます。ただ、完全成果報酬であり大変な労力が必要なものが嫌な場合、向いていないといえます。

ブログ・サイトアフィリエイトは起業

副業の代表格にブログ・サイト作成によるアフィリエイトがあります。私の場合、当サイトを運営していることから分かる通り、サイト運営がメインのビジネスです。ブログ・サイトを構築することで大きなアクセスを集めれば、完全自動で月100万円を達成するのは現実的に可能です。

このとき、ブログ・サイトを作成してアフィリエイト広告を貼りつけます。例えば、以下は私が運営する看護師の転職サイトです。

このサイト経由で「転職したい看護師」が転職エージェントへ登録することで、私に対して1件につき2万円ほどの紹介料が入るようになっています。これが、アフィリエイトによる副業です。

ただ、実際にブログ・サイトを作ってアクセスが集まるようになるには1年以上の時間が必要になります。以下は「私が実際にサイトを作成し、どれくらいの期間でアクセスが集まるようになったのか」を示す生データです。

「自動による不労所得を得られる」「頑張れば月100万円以上が可能」なのは本当です。ただ、そうした状態に達するまでには、最初は無報酬にて必死に努力し続けなければいけません。そのため、これらを理解したうえで実践できる人のみブログ・サイトのアフィリエイトが向いています。

転売・物販は本気でやらないと稼げない:せどりは儲からない

または、転売・せどりという方法もネットビジネスでの物販で広く知られています。物販についても、アフィリエイトと同じように本気で取り組まなければ稼ぐことができません。

ネットビジネスでの転売としては、最も有名な手法がせどりです。店舗などで商品を仕入れ、それをAmazonやメルカリなどで販売する手法になります。「ネット上の販売価格よりも、店舗のほうが安い」という商品を頑張って見つけて売るのです。

ただ、せどりは既に専用のツールが多く開発されており、誰でも可能なのでライバルが多く、いまから参入しても稼げません。しかも、店舗へ出向く必要があるので在宅ではありません。物販を行う最初の取っ掛かりとしてはいいですが、副業には向いていません。

一方で物販の副業で稼げる人は全員が「輸入ビジネス」「輸出ビジネス」のどちらかを実践します。参考までに、副業で月10万円以上を稼いでいる人は輸出が多いです。

輸入は「中国から商品を仕入れて日本のAmazonで売る」という方法が既に確立されており、ライバルが非常に多いです。ただ輸出であれば、どのような商材を取り扱うのかはあなたのアイディア次第ですし、販売する対象国もアメリカやヨーロッパ、アジアとさまざまです。そのため、輸出のほうが稼ぎやすいです。

このときは米国AmazonやヨーロッパAmazon、eBayなどを利用することになります。以下は実際のeBayです。

売れる商売を見つけ、一度でも軌道に乗れば、AmazonやeBayが勝手に集客してくれて商品を売ってくれます。そのため企業から外注を受けるよりも圧倒的にお金を得られるようになりますが、アフィリエイトと同じように非常に大変です。

当然、「どの商品を扱うのか」「値段設定をどうするのか」などかなり頭を使わなければいけません。ただ、物が実際に動くので商品販売が好きな人は物販での副業を選択するといです。

稼げない副業に手を出してはいけない

ここまで解説した副業の中で、どれがいいのか考えるようにしましょう。上記のビジネスの中から選ぶ必要があり、その他の方法で副業をやってはいけません。これは、単純に稼げないからです。

もちろん人を騙すビジネスをするのは論外としても、「真っ当な副業ではあるものの、まったくお金にならないのでやる意味がない」というケースはよくあります。代表例が以下になります。

  • 覆面調査
  • アンケートモニター・ポイントサイト
  • 内職
  • ハンドメイド販売

これらを選んでもいいですが、単価が低くやる意味がありません。

例えば覆面調査なら、1件で3,000円ほどです。ただ外出を伴うので在宅ではないです。また飲食店で無料でご飯を食べられるとはいっても、接客や食事の内容などをかなり詳細にレビュー・記載を実施しなければいけません。

そのため時給換算すると非常に単価が低いです。そのような条件でも覆面調査は人気なので、そもそも覆面調査の抽選に当たりません。つまり定期的に稼ぐことは無理です。

一方のアンケートモニター・ポイントサイトであれば、以下のようなサイトに登録することになります。

ただ、実際にやってみれば分かりますが1,000円すら稼げません。スキルなしでバカでも可能な副業というのは、どれだけ作業を継続したとしても稼げないようになっているのです。

同じ理由により、内職として単純作業を続けたとしても儲かりません。それなら、先に紹介した「企業の外注を受ける」ようにしたほうがいいです。

なおハンドメイドで商品を作って売ることを考える人もいます。ただ「趣味を仕事にする」というと聞こえはいいですが、素人が作ったハンドメイドの製品を購入したいと思う人は稀です。また、こうした製品を作るにはそれなりに時間を取られるため、それなら外注で仕事を受けましょう。

女性が安全に副業を開始するとはいっても、それなりにお金を得られなければ意味がありません。そうしたとき、ダメな方法による副業を選ぶ人は非常に多いです。そこで、「どの種類の副業がダメで、正しい副業は何なのか」を理解したうえで、在宅での副業ビジネスをスタートさせる必要があります。

女性に最適なネットビジネスでの在宅副業を見極める

ここでは、女性が安全に副業を開始するために「どのような種類の副業を選択すればいいのか」を解説してきました。どれも在宅で行えるネットビジネスであり、雇用型の副業ではありません。すき間時間を用いて行うことができます。

しかし、ここで解説した通り女性の最適な副業の種類は多いです。以下の通りです。

  • 外注を受ける
  • オンライン講師
  • チャットレディ
  • ブログ・サイト作成
  • 転売・物販

これらがあり、さらに「外注を受ける」とはいっても、外注にはプログラミングやデザイン、ライター、事務作業と仕事の内容が多岐にわたります。そのため、副業とはいっても実はかなり多い種類の中から選択し、稼がなければいけません。

ただ、どの副業に興味があり、適しているのかは人によって異なります。そこで、あなたにとって興味があり、しかも安全で稼げる副業を選択し、ネットビジネスを始めるようにしましょう。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

一対一のWebオンラインセミナー

YouTube講座でWebサイト運営の極意を伝授

書籍出版の案内

Twitterでビジネス情報を確認