cccc

ビジネスを行う上で、サイト運営を行うのは必須の作業だといえます。いまの時代、ウェブサイトがなければ何も始まりません。お客様から信頼されることもありません。大量の顧客を集めることができず、リアルでの口コミや広告というアナログな手法ばかりに頼っているようでは、ビジネスをしてなかなか稼げないのは当然です。

まずは、インターネットを活用することの意味を理解しなければいけません。サイトやブログを運営するのは、ネット上に365日休まずに働いてくれる超優秀な営業マンを雇うのと同じです。また、方法によっては当社のように完全フリーでお金を生み出し続ける媒体へと成長させることも可能です。悪い言葉で表現すると、「不労所得を作る」ことになります。

この概念を理解すれば、ビジネスでウェブサイトを活用しないのは明らかに損をしているといえます。そのため、サイトやブログの運営で成果を出せる会社に依頼するだけで、その後の成果や利益が大きく変わるようになります。

ウェブサイトの存在が信頼につながる

お客様が情報を収集するとき、多くは最初にインターネットを活用します。例えば、運動を始めるためにジムを探すとき、どのような媒体を活用するでしょうか。人によってはフリーペーパーを使いますし、友達に「いいジムはないか?」と聞いてまわるかもしれません。そして、当然ながらネット検索も行います。

このとき、たとえ友達から「いいジムがある」という情報を聞いたとしても、まずは店名などでネット検索する人が大多数です。要は、フリーペーパーや友達からの口コミであったとしても、やはりインターネットが活用されるのです。

お客様がネット検索したとき、あなたの店や会社のサイトがなければどうでしょうか。フリーペーパーはすぐに捨てられますし、友達など人から聞いたことは忘れやすいため、この場合はあなたのサービスを利用することはありません。

あなたの店や会社の住所を含め、連絡先がどこなのかをすぐに調べられない状態では、多くの機会損失をしていることになります。

また、広告に載っている小さなスペースや友達からの口コミだけでは、商品の値段やどのようなサービスを具体的に提供しているのかの判断が難しいです。だからこそ、自社の商品やサービスについて具体的に記したウェブサイトが必要になります。

こうした事実を認識すると、サイトやブログを運営していないことはビジネスにおいて致命的だといえます。お客様にとって住所や連絡先がわからず、商品やサービス内容さえ判断できない状態はかなり不親切です。その結果、商品が売れなくなります。

現在では、「サイトがインターネット上に存在しないこと自体がお客様にとって不誠実だ」という事実を認識しなければいけません。

ネット上に超優秀な営業マンを雇う

一方、サイト運営をしていれば、インターネット検索したお客様が勝手に予約をしてくれます。たまたまサイトを見つけて問い合わせすることもありますが、広告や口コミによってあなたの商品・サービスに興味をもったお客様にとってもサイトは重要です。

興味をもってくれた人に対して、ネット上に情報を載せておけばウェブサイトが自動でクロージングをかけてくれるからです。

営業マンを雇ってビジネスを行う場合、当然ながらずっと働かせるわけにはいきません。人間関係で悩むことがあれば、勝手に会社を辞めていくこともあります。一方、ウェブサイトがあなたを裏切ることはありません。適切に管理をすれば、365日休まずにウェブサイトがお客様を連れてきてくれます。

リアルの媒体ばかりにこだわり、インターネットを活用しないビジネスは無駄が多すぎます。もし、サイトやブログを有効に活用できていないのであれば、いますぐ考え方を変える必要があります。

ただ、注意点があります。それは、単なるウェブ作成業者に頼んでも意味がないという事実です。アクセスがまったくなく、成約もできないサイト運営をしても意味がありません。

どれだけデザイン性に優れていたとしても、お客様からの問い合わせがないサイトは、言葉を悪く言えばゴミでしかないのです。そのため、圧倒的な成果を出すことで、お客様を成功させることだけにフォーカスしたウェブ作成業者に頼む必要があります。

売上に関係ない、サイト運営による副次的効果を知る

なお、営業マンは商品販売しか行わないのかというとそうではありません。営業活動に伴い、新たな人脈開拓につながったりビジネスのヒントを持ち込んでくれたりします。これと同じことはサイト運営でもいえます。

つまり、サイト運営では単純に売上や利益だけを考えればいいのかというと、そうではありません。ウェブサイトを構築することによって、売上とは関係のない副次的効果があることを知る必要があります。

サイト運営による違う効果を知る

当社はウェブ戦略を基盤として、マーケティング、ビジネスモデル、リアルビジネスまで幅広く指導しています。

当社が指導することで、その通りに動いて努力したクライアントの全員が大きな成果を出していますが、このときに売上とは関係ない副次的効果が頻繁に発生します。その結果、商品が売れる以上にお客様が喜ぶことがよくあります。

例えば、サイト運営をすることによって、書籍出版や週刊誌への掲載依頼がきたという報告を何人ものクライアントから受けています。実際に出演・出稿すれば分かりますが、こうしたマスコミ掲載ではほとんどお金が入ってきません。労力から考えると、マスコミ掲載は完全に見合っていません。

ただ、そうした大手マスコミは信頼・信用や宣伝という意味で大きな効果を発揮し、社員のモチベーション向上にも役立つのでかなり効果的です。そのため、マスコミ掲載ですぐに売上に直結することはなくても、将来にわたって大きな武器になります。

他には、社員教育を簡素化させることも可能です。通常であれば、先輩社員が付きっきりで知識や技術を教えなければいけません。ただ、ウェブ上にマニュアルや動画を置いておけば、それを勝手にダウンロードさせたり動画を視聴させたりするだけで問題ありません。

もちろん、専門的な技術を取得させる場合は直接指導が必要です。ただ、知識の部分はすべて自動化が可能なのです。こうして、人が動かなくても問題ない部分の教育をウェブサイトに任せておくことで、効率的に社員のスキルアップが可能になります。

また、サイトを導入することで社員が積極的にウェブ上で情報交換をするようになったという事例もあります。他には、必ず新卒採用でウェブサイトを使うようになったという経営者もいます。人によって、サイト運営によって感じる効果は異なります。

ウェブサイトの導入による重要なポイント

ただ、こうしたサイト運営を行うときに必ず外してはいけないポイントがあります。それは、どれだけ集客を行えるかという点です。

当社はクライアントの売上や利益を上げることに対してフォーカスしていますが、前述の通り世の中にはウェブデザインを重視して、集客にはまったく関わらない会社がほとんどです。この場合、ウェブサイトがインターネット上に存在するだけで、まったく集客効果を発揮していません。

そのため、多くの会社はサイトを見てもらうために大量の広告を出そうとします。ただ、広告費だけが膨らんで売り上げに結びつかないことが頻繁にあります。

サイト運営によって、マスコミから取材がきたり社員教育を簡素化できたりするというのは本当です。実際、当社はNHK、朝日新聞、プレジデント、週刊文春、週刊新潮、週刊現代、週刊ポスト、女性自身など、数えればきりがないほどの取材を受けています。

しかしながら、これはアクセスの集まるしっかりしたウェブサイトを構築したから実現できたことなのです。

同じように、サイト運営によって売上や利益以外の大きな副次的効果を得ているクライアントは、全員が当社の指導通りに行動して大きな自社媒体を構築した個人事業主(起業家)や法人ばかりです。

そういう意味では、ただサイトを作ればいいというわけではありません。戦略的にウェブサイト運営を行う必要があります。

売上や利益を上げることは当然のこととして、大きな副次的効果まで期待したウェブサイトを構築することまで考えてみてください。自動で集客できる営業マンをネット上に構築するだけでなく、新たな人脈やビジネスのネタまで引っ張ってくるウェブサイトを作ればビジネスが円滑になります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認