サラリーマンとして働いたり、バイトとして雇われたりしてお金をもらう事であれば、誰でも可能な金を稼ぐ方法となります。それでは、これら組織の力を使わずに「あなた一人だけの力で金を稼ぐ」となればどうでしょうか。

こうなれば、少し話が変わってきます。そもそも、何もない状態からどのようにしてお金を生み出せば良いか分からない人がほとんどです。

ゼロから金を生み出す事がいかに素晴らしいか

多くの人は自分の力で金を生み出す事ができません。これは、大企業に勤めている役員であっても同じです。どれだけ偉そうにしていたとしても、所詮それは会社の中にいる時だけに通用する権限です。

会社の看板も商品もないゼロの状態から金を生み出すにはどうすれば良いか」という問いに答えられるかどうはとても重要です。

どれだけ会社で偉い人であっても、自分一人だけの力で金を稼いだ事がありません。会社の肩書がなければただの人です。むしろ、プライドだけが邪魔をして本当にビジネスを始めるにはかなり厳しいです。

これを踏まえた上で、月に3000円でも良いので何もない状態から金を生み出す事のできる能力がどれだけ素晴らしいかを考えてください。これが出来た時点で、あなたは後ろ盾がなければ身動きが取れない多くの会社役員の人よりも、多くの金を得るためのヒントを掴めるはずです。

別に月10万でなくても良いです。まずは月に3000円で全く問題ありません。最初はハードルを低く設定し、これを超えたら自分を褒めまくって下さい。

そして月3000円を継続的に生み出す事ができれば、月1万が見えてきます。すると月10万になって、そのうち月100万になります。

ここまでになれば、世の中にいるほとんどの人よりもビジネススキルが付いている事になります。ブランドも商品もない状態から金を生み出す事は、前述の通り大企業の会社役員であっても行う事ができません。

これを踏まえた上で、はじめに広告業や集客代行などによって少しでも良いので金を稼ぐ経験をしてください。後はその成功体験を基にして「どうすれば拡大できるか」、また「どうすれば自動化できるか」などを考えていきます。

お金を自動で生み出せるようになった後は

もし日々の生活で不自由なくお金を生み出すことができたなら、今度はそれを投資に回していきます。そして、多くの人はこれができません。

お金を手に入れたとしても、ここで遊んで消費に使ってしまえば終わりです。それ以上、お金を得ることはありません。そうではなく、より大きなお金を自動で生み出せるように投資していくのです。

知識を手に入れるために自己投資しても良いですし、新しい経験や今までにない人とビジネスを始めるために投資しても良いです。社員を雇って自動化するのも素晴らしいです。

「消費」と「投資」の区別ができた上でこの思考を行う事ができるのであれば、お金持ちになるのはもうすぐです。

そしてこの意味を理解すれば、少しお金を得た程度で高級車を買ったり高級時計を買ったりしている人達の行為がいかに哀れであるか分かるようになります。なぜなら、そのお金を投資に回せば将来は何倍にも膨れ上がるからです。

この感覚を理解することはとても重要です。

多くの人は「消費」が大好きです。物欲がとても強く、何もお金を生み出さない消費に対してお金を使います。しかも、車などの維持費等によって勝手にお金がなくなっていく「負債」に対して喜んでお金を払います。

そして、知識に対してはお金を使いたがりません。また、お金を生み出す資産に対して投資する人が皆無です。

3万円のバッグや財布は購入できるのに、将来は何倍にもなるであろう1万円の教材やセミナー代にはお金を使いません。その場の楽しみで終わるキャバクラに出せる金はあっても、投資に対してはお金を使うことができません。

稼げない99%の人はお金の使い方を間違っているからこそ、いつまで経ってもお金がありません。「消費」ではなく、本当に使うべきは「投資」となります。、まずはこの「投資ができる感覚」を身に着けることが金を生み出せるようになるための第一歩となります。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録