これだけインターネットが発達している以上は、ビジネスを行う上でインターネットの活用が不可欠であるといえます。これは映像をビジネスツールとして用いる場合であっても同様です。

インターネットが登場する前であれば、動画はテレビや映画など一部の巨大企業の特権でした。しかし、現在では単なる個人が配信する動画が巨大媒体を構築するまでになっています。

個人が作った動画によってビジネスが拡大している現状をみると、あなたも同じように適切なプロセスを踏めば動画を活用したマーケティングを行えるようになります。このときは注意点がいくつもありますが、その中の一つに「画面のサイズ」が挙げられます。

視聴媒体の画像サイズを考える

ある程度の規模の企業であれば、何百万円というお金を映像制作に投下することができます。ただ、一般的な中小企業はそのようなお金を用意することができません。

ただ、ウェブ動画ではキレイな映像は必要とされず、「どれだけ有益な情報を提供できるか」が要求されます。知識や専門性による勝負であるため、個人や中小企業であってもお金をかけずに十分勝負できます。

しかしながら、提供する映像の画像サイズは常に考慮しておかなければいけません。視聴者がどのような媒体で見るのかを考えておくのです。

例えば、セミナー映像をDVDとして販売するケースであれば、パソコン全画面を活用して視聴することができます。テレビを見ている感覚と同じであり、画面も広いのであまり注意することはありません。しかし、ウェブ上の媒体で動画を視聴するとなると、話が変わってきます。

例えば動画投稿サイトに投稿する場合、多くはフルスクリーンで見られることはありません。小さい画面で視聴されることになります。

また、スマホなどの携帯電話で見られるケースも多いです。この場合、たとえ全画面表示であったとしても、画面は小さいです。

このような狭いエリアで映像を流す場合、テロップやコメントなどの文字が小さいのは致命的です。他にも、セミナー映像を流すときにスライドが小さくて見にくい場合が多いです。そのため、ウェブ動画では伝えたい箇所をできるだけ大きく表示するなどの配慮が必要です。

映像は視聴者に見られなければ意味がありません。そこで視聴者を満足させることで、ようやくビジネスに繋がっていきます。つまり、視聴者目線で映像制作をすることが不可欠といえます。

見る媒体によってサイズを変える

サイト上に動画を貼り付けて視聴を促す手法はとても有効です。文字情報だけでは伝わりにくい内容であっても、動画を一回見ればダイレクトにあなたの主張を伝達することができます。

ただ、前述の通り、中にはスマホやタブレット端末など他の媒体で視聴する人もいます。そのような人のことを考えて、できるだけ見やすいように「見る媒体によって動画のサイズが変わる」ように設定しなければいけません。

動画をサイトに埋め込んだのはいいが、埋め込んだ動画のサイズが大きくなってしまい、スマホ画面を飛び出してしまっているケースは意外と多いです。これでは視聴者が落胆してしまうため、適切な設定を行う必要があります。

外枠を意識する

同じようにウェブ動画を扱う上で注意すべきなのは、「外枠」の存在です。テレビであれば、全画面で映像が流れます。そのため、外枠を意識する必要はありません。

ただ、インターネットを活用した動画では外枠が存在します。いきなり映像がポツンと置かれていれば、違和感を与えてしまいます。また、その動画を見せることによって、視聴者に対してどのような行動を取ってほしいのかを明確にする必要があります。

そういう意味では、外枠のあるウェブ動画を活用するとき、配置する場所や前後の文章まで考えなければいけません。難しいように思うかもしれませんが、これらを有効に使えばあなたにとって映像制作が重要なビジネスツールになるはずです。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録