aaaa1

仕事や交渉事をスムーズに進めるためには、どのように考えればいいのでしょうか。自分の組織をまとめあげるのは、その中の一つだといえます。ただ、ビジネスが自社組織だけで完結することはありません。必ず、他の会社が関わるようになります。

ただ、他社と交渉するときになかなか話がまとまらないことはよくあります。自社の要求をスムーズに通してもらえないのです。そこで、少し考え方を変えましょう。思考法をわずかに変化させるだけで、仕事が円滑にまわるようになります。

そうして他社と組んでいき、ビジネスの先輩方からノウハウを学ばせてもらえば、ビジネスでショートカットをすることができるようになります。

断られない思考法

日本でかつて放送されていて16年続いた、あるテレビ番組があります。この番組では、大企業の裏側など、知られていない事実をクイズ形式で紹介するというスタンスを取っていました。

そのような番組であるため、必ず取材交渉をするようになります。ただ、このテレビ番組が交渉したとき、断られることなくほぼ100%の確率で取材OKをもらっていたそうです。それでは、どのようにして確実に取材できるような体制を整えたのでしょうか。

ヒントは、「こうすれば確実に断られない」というテクニックではないということです。小手先のテクニックでは、通用しない場面がたくさん出現するようになります。そうではなく、「このように考えることで、絶対に断られないようになった」という思考の部分を必死で考えてみてください。

すぐに答えを見てもいいですが、それではあなたの思考力はまったく伸びません。一方、1分でも考えた後に答えを見る場合、あなたは成功者の仲間入りができます。何も考えずに答えだけを要求する人に成長はありません。そのうえで、下に答えを記します。

……

…………

……………………

そのテレビ番組は、開始を決めた当初に「これを成功できたら番組をスタートさせる」というコンセプトを打ち出していました。そのコンセプトとは、「最初にディズニーを取材する」というものです。この意味がわかるでしょうか。

当時、ディズニーは誰も取材したことがなく、テレビを含めてどのような場合であっても取材NGでした。そのような難攻不落の会社を口説き落とすことができれば、他のどのような会社であっても取材が可能になるという考え方をしたのです。

トップの根っこをおさえる

例えば銀行でお金を借りるとき、トップクラスの大手銀行からお金を借りることができれば、地方銀行からお金を借りることくらい簡単にできます。「大手銀行と融資契約を結んでいる」という実績があるため、むしろ他の銀行でも喜んでお金を貸そうとします。

他にも、芸能界で大御所と呼ばれる人と親しくなれば、その人の紹介で中堅の有名人くらいであれば簡単に人脈を広げることができます。テレビや出版社など、他のマスコミ関係とも知り合いになれるでしょう。

要は「上からおさえる」という考え方ができるかどうかにあります。トップの根っこをつかみ取ることができれば、それよりもレベルの低いことは容易に達成できてしまうのです。

特定の業界で活躍したいのであれば、その業界でトップと呼ばれている人に、何とかして近づくことができないかを考えなければいけません。そのため、どこをおさえることができれば、その後の仕事や交渉事を円滑に進めることができるのかをよく観察して、実践する必要があります。

例えば法人組織であれば、誰にアプローチすればいいか容易に理解できます。それは、会社の社長(または、実質的な経営者)です。

会社はトップダウンの形式であり、どれだけ社員がやる気をだしたとしても、トップがYesと判断しなければビジネスが動くことはないのです。つまり、決裁権をもつ人と交渉することが、最短で成果を出すことにつながります。

トップにアプローチせずに、仕事がうまくいかないと嘆く人は多いです。ただ、その業界や会社でトップと呼ばれる人と親しくなれば、かなりビジネスがスムーズになります。あとは、この思考を行動レベルにまで落とし込むだけです。

新たな企業とコラボビジネスをするには、紹介を有効活用すべき

ただ、いきなりアプローチしても断られるだけです。そうではなく、適切なアプローチ法を実践しなければいけません。

特にこれまでにないビジネスを行いたい場合、他の企業とジョイントすることはよくあります。お互いの技術を出し合うことにより、コラボしてビジネスを行うのです。

アプローチするための適切な手法を行えば、新たな企業とコラボするのはそこまで難しくはありません。それでは、具体的にどのようにするかというと、それは「他の人から紹介してもらう」ことです。

人からの紹介を有効活用する

信頼関係ができていない人からいきなり連絡がきても、門前払いされるだけです。あなたも、知らない人からいきなり電話がかかってきて「一緒にビジネスをしないか」と言われたら、嫌な思いしかしないはずです。そのため、何の前触れもなく接触を試みても相手にされません。

そこで、アプローチ法を変えます。このときの手法としては、「実際に相手企業のお客様になる」などいくつか方法があります。その中でも、かなり効果的な手法が人からのあなたのことを紹介してもらうというものです。

例えば、信頼している友人から「あなたのことを尊敬している人がいるので、一度でいいからその人と会わせたい」と言われたらどうでしょうか。信用している友達が言うのであれば、少なくとも悪い印象をもつことはないはずです。その結果、会っても良いと思うことでしょう。

しかし、何の前触れもなく「あなたを尊敬しているので会ってください」という電話が来れば、確実に相手にしないはずです。どう考えても怪しいからです。このようにアプローチ法が違えば、その結果はまったく異なるものになるのです。

知り合いから人脈をたどっていく

そのためあなたが行うべき行動は、周囲の友人に対して「こうした企業とコラボしたいので、誰か知り合いはいないか?」と聞いてまわることにあります。何人もあたっていけば、必ず目的とする企業にたどりつくことができます。

そして、その人からの紹介によって一緒にジョイントしてビジネスをしたい企業へ話をもっていけば、高確率で商談することができます。

もし、いくら探しても目的とする企業へたどりつけない場合、それはあなたの努力が足りていないだけです。そのため、ビジネスに対する根本的な考えを見直す必要があります。

紹介を効果的に使うことのメリット

まったく信頼関係を築けていない人であっても、紹介であれば比較的容易に商談を進めることができます。紹介を活用すれば、あらゆる場面で物事がスムーズに進行するのです。

例えば、新しい化粧品の開発を考えているのであれば、周囲の人に「化粧品開発に特化した企業を知らないか」と聞いてまわれば問題ありません。いつか、そうした企業を知っている人と出会うことができます。特定の企業とピンポイントで組みたい場合であっても、同様にその会社とのつながりをもっている人から紹介してもらえば問題ありません。

もちろん、このような考えが応用できるのはビジネスに限りません。例えば、簡単には入会できないスポーツクラブがあったとします。ここに入会するためには、どのようにアプローチすればいいでしょうか。

それは、既にそのスポーツクラブで活動している人と仲良くなり、クラブの監督(=決裁権をもつ人)に紹介してもらうという方法です。これであれば、かなりスムーズに話が進みます。

ビジネスで最初の商談が難しいのは、まったく信頼されていない状態でアプローチしなければいけないからです。

一方、人から紹介してもらうことができれば、すでに信頼されている状態で話が進みます。その結果、時間をかなり短縮しながら目的とする企業とジョイントしてビジネスを行えるようになるのです。「紹介」というのは、ビジネスを行う上で欠かせない思考法の一つです。

ビジネスのカンニングや弟子入りで、時間を大幅に短縮させる

また、平等に時間が割り当てられているにも関わらず、ビジネスを行うときに人によって成果が違ってきます。なぜ、同じ時間を使っているのに、その後の結果が大きく変わってくるのでしょうか。

これは、どれだけ効果的に時間を過ごしているのかによって変わってくるのです。短時間で成果を出せる人であるほど、ビジネスの先輩からカンニングをしたり、弟子入りしたりして勉強しています。一方、成果を出せない人であるほど、自分一人だけの努力で成し遂げようとします。単純なことですが、この違いは大きいです。

ビジネスではカンニングが許される

例えば、スポーツで上手くなりたいと考えるとき、どのような行動をとればいいでしょうか。このとき、誰からも教わらずに黙々と努力するような人はいません。必ず一流の先生のもとに習いに行きます。

一流のスポーツコーチであれば、どのように練習すれば頂点を取れるのかを熟知しています。そのため、一人だけの力で行うのではなく、必ずこうした人生の先輩たちから学ばなければいけません。すべてを自分で行おうとしても、ライバルに勝つことはできないのです。

ただ、これがビジネスになると、なぜか多くの人はこうした正常な思考を行えなくなります。たいていは自分一人だけの努力で何とかしようとします。

そうではなく、成果を出せる人であるほど、ビジネスですでに稼げている人から教えてもらおうとします。これはつまり、カンニングをすることだといえます。学校のテストでは、カンニングは許されません。ただ、ビジネスではカンニングできる人であるほど、成長スピードが圧倒的に早くなります。

カンニングするためには、対価を払わないといけない

もちろん、大きな実績を出している人から教わる場合、高額なコンサル料を支払わなければいけません。ただ、これは一流のスポーツコーチから学ぶほど費用が高額になるのと同じように、当たり前のことでもあります。

ただ、こうして一流の人から学ぶことによって、将来の何十倍にもなって返ってくるようになります。これを理解している人は、成功速度が速いです。

または、弟子入りしても問題ありません。「給料などをまったくもらわず、無料でもいいので働かせてほしい」と願い出るのです。通常、お金を出して勉強させてもらうことを考えれば、身近にいながら無料で教えてもらうのはかなり待遇がいいです。

本当の意味で成功者になりたいのであれば、こうした当たり前のことを行えるようになりましょう。普通の人は分かっていても行動できませんが、成功者であるほどこうしたことを実践しています。

成功までの時間を短縮させる

なぜ、こうしたことを行う必要があるかというと、それは圧倒的に時間を短縮させることができるからです。成功者のもとで学ぶことができるのであれば、通常10年かかることを1ヵ月で行えるようになります。だからこそ、一流と呼ばれる本物の人から学び取ることが重要なのです。

ビジネスの先輩というのは、あなたよりも多くの失敗と成功を繰り返しています。そのような実際の経験則から、どのようにすれば失敗せずに正しい道を歩めるのかを、彼らは的確にアドバイスすることができます。だからこそ、成功者からカンニングしたり弟子入りしたりする必要があります。

例えば、あなたがうどん屋で成功したい場合、日本一のうどん屋を探して何日も通い、接客の方法や店のコンセプトなどを積極的にカンニングしなければいけません。

欲を言えば、そこに弟子入りして内部システムなどを隅々まで盗み取る気持ちで臨む必要があります。そこまですれば、ようやく成功者としての一歩を踏み出せます。

こうした作業はお金も時間も必要です。さらに、非常に面倒です。そのため、実際にここまで行動できる人は1割にも満たないです。

この事実を認識したうえで、「成功者からカンニングする」ことを実際に行えば、簡単にトップ1割の中へ入ることができます。そういう意味では、ビジネスで成功するためには、「当たり前の行動を行えるかどうか」にかかっているといえます。

時間は誰でも平等ですが、ビジネスの先輩から知識や経験を教えてもらって活用すれば、大幅な時間短縮につながります。もちろん、学ぶ人を間違えれば成果はでないため、教わる人はじっくりと見極めるようにしてください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録