ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

ビジネス思考への転換 - ポータルサイト運営によるネットビジネス

有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効

 

インターネットを使ったビジネスで圧倒的な成果を出している人の共通点として、メルマガ(メールマガジン)を発行していることがあります。理由は簡単であり、インターネットを活用した媒体の中でメルマガは最も商品販売力が強いからです。

 

サイトを活用したビジネスでも大きな収益を出すことは可能です。サイトは同じ商品を長く売り続けることに適した媒体です。ただし、本を売るときに「短期間に集中して買ってもらい、初速をつける」ことに関して、メルマガに勝てるものはありません。

 

 メルマガを活用すれば本が売れる
自らメルマガを発行しており、大量の読者を抱えている人であれば、それだけで出版社からオファーが来ます。メルマガの発行部数が1万人を超えている人であれば、ほぼ例外なく出版を実現しています。

 

それだけファンがたくさんいるため、「本を出しました」とメルマガ上で知らせるだけで売れていきます。「本を売ることができる」という意味でメルマガ発行者はかなり有利です。

 

メルマガ読者の多い人がネットビジネスで大きく稼いでいるのと同じように、本を売るときもメルマガはとても有効な手段なのです。これから出版を行いたいと考えている人であるなら、あらかじめメルマガを発行して多くの読者を獲得しておく必要があります。

 

さらに、メルマガでは解除されない限り何度でも告知が可能です。2冊目を出版したときも告知ができるため、メルマガを発行しておいて損はないです。

 

私は大量のアクセスが集まる薬学系サイトを運営していますが、同時にメルマガも発行しています。このメルマガ内では売込みをほとんどしていませんが、出版したときだけは「キャンペーン」と称して本の売り込みを行いました。「本を出す」という理由があるため、メルマガ読者も納得してくれるからです。

 

訳の分からない情報商材を薬学系のメルマガ内で売りつけてしまえば、すぐに嫌われてしまいます。しかし、自分が出版した本を売るのであれば自然です。

 

私が薬学系サイトでメルマガを行っている主な理由は、「ファンを増やす」ことと「本を売る」ことの2つです。決して、読者に何かを売りつけて稼ごうとするためではありません。ビジネスでメルマガを発行するとき、多くの人はこの部分を勘違いしやすいです。有益な情報だけを提供することを考えなければいけません。

 

 メルマガ広告を出して本を売る
インターネットの中でメルマガによる最も効果が高いとはいっても、メルマガ読者を集めることは相当難しいです。実際に行ってみれば分かりますが、普通の人はまず集めることができません。そこで、既に大量のメルマガ読者を保有している人にアプローチしましょう。要は、メルマガ広告を出すということです。

 

単に「メルマガで紹介してください」と頼んでも無視されます。大切なメルマガ読者に対して、誰かも分からない人の本を紹介するような人はいません。そこで「広告費」という、それなりの対価を支払いましょう。

 

多くの読者を抱えている人の媒体を使うことで、かなり強力な宣伝になります。メルマガ内で「お勧めの本」として紹介されるため、読者が書店で手に取ってくれるようになります。

 

もちろん、情報商材系のグレーなビジネスをしている人にメルマガ広告を頼んではいけません。広告の効果が薄いだけでなく、「怪しいビジネスをしている人と同格」に思われてしまい、あなたの信頼が落ちてしまいます。

 

そうではなく、有益な情報だけを提供しているメルマガにアプローチしましょう。そのようなメルマガは反応率が高く、支払ったお金以上の効果を見込めることができます。本気で探してみれば、意外と見つかるはずです。

 

新聞広告や電車広告などに比べて、メルマガ広告は圧倒的に少ない費用で済みます。しかも値段が安いだけでなく、その効果は高いです。たとえ反応率が1%だとしても、1万人の読者であれば100人が購入してくれることになります。これを10回行えば、1000冊売れます。

 

本を売るために、メルマガはかなり有効な媒体です。できれば、自らメルマガを発行しましょう。そのような媒体がない場合、他の人に頼んでメルマガ広告を出しましょう。

 

出版コンサルティング


有力な人のメルマガ広告は本を売るために有効

ポータルサイト構築法:無料メルマガ登録

運営している主なポータルサイト

役に立つ薬の情報~専門薬学

サイト名:役に立つ薬の情報~専門薬学

コンセプト:
誰からも感謝される社会的意義の高いポータルサイト運営

ポータルサイト運営で出版を実現:
「なぜ、あなたの薬は効かないのか?」
薬剤師しか知らない薬の真実
光文社新書(税込821円)

関連ページ

書店に行けば、ビジネスで必要なすべての動向を理解できる
出版したい奴は最初にサイトを作れ!
無名著者でも出版デビューは可能
本を出すと批判する側から批判される側になる
ベストセラーの基準を理解する
印税で稼ごうと思う人は出版に向いていない
原稿を書き上げた後に出版を考える
ビジネス書のほとんどはゴーストライターが書いている
ブログやサイトを更新し、雑誌投稿まで行うことが出版への近道
出版は最高のブランディング化ツール
本を出すとあなたのビジネスが加速する
出版でお客様を増やし、人材採用を円滑にする
出版するとマスコミから取材や講演依頼が入るようになる
出版したいことを宣言し、行動し続けると本を出すことができる
一般公募している出版社へ応募して本を出す
出版企画書に必要な項目と中身
出版セミナーや著者講演会に行くと本を出しやすくなる
出版コンサルタントを介して本を出す
ポータルサイトや雑誌へ記事を寄稿して出版する
出版社と編集者の特徴を知る
自費出版は無意味である理由
本はコンセプトが重要:類書を読んで差別化する
本を売るにはプロフィールが重要
本を売るにはタイトルが重要
一冊目の出版(処女作)に全ての力を注ぎこむ
最初の出版(処女作)は「得意なこと」で勝負する
冒頭に最も面白い話を書いた本が売れる
売れる本は読者の「読みたいこと」が書かれている
大量の文章を書いてスリム化させた本は内容が濃い
初の出版(処女作)は増刷させろ:印税は全て広告費(販促費)へ
本の増刷を狙うためには初速が重要
著者による書店営業(書店回り)を極める
Amazonのランキングを上げる方法
Amazonキャンペーンは無意味である
著者による大量買いは本の販売促進の基本
インターネット広告で口コミを起こし、本を売るためには
新聞の半五段広告は本の販売に効果あり
出版したら地元のマスコミを回って献本し、取材依頼を頼む
発売日までの準備で本の売れ行きが決まる
ノウハウが凝縮された本だけがロングセラーになる
ベストセラーの出し方は誰も分からない