リストを増やす方法としてはいくつかあります。一つはブログやサイトを保有し、そこからアドレスを登録させる方法です。SNSやYouTubeなどを駆使しても良いです。

他には無料レポートスタンドという方法もあります。無料レポートをダウンロードする代わりとして、アドレスを交換していきます。

そしてもう一つの方法として、「相互紹介する」というリストの増やし方があります。つまり、他にメルマガを発行している人に対して「私のメルマガを紹介してください。その代わり、私もあなたのメルマガを紹介します」と頼むのです。

これによって、互いの読者を交換します。

相互紹介を行うために

当たり前ですが、いきなり「紹介してください」と頼んでも紹介してくれません。逆の立場になれば理解できますが、よく分からない人のメルマガを無償で紹介するほどボランティア精神に溢れた人はいません。

そのため、相互紹介をしてもらうためには「相手のメリット >>> 自分のメリット」で考えないといけません。ギブとして相手に与えまくった後で、最後に少しだけそのおこぼれを貰うという感覚です。

当然ながら、相互紹介をしてもらいたいと思っている相手のメルマガは少なくとも2週間は読まなければいけません。

商品紹介があればきちんと買い、「この前は素晴らしい商品を紹介して下さり、ありがとうございます」と丁寧に下から頼まないといけません。

ただし、このようにしても全ての人から返答が返ってくることはありません。むしろ、ほとんどの場合で無視されます。

そうは言っても諦めずに頑張らなければいけないのですが、「相互紹介」とネット検索すればメルマガでの相互紹介を受け付けている人達が集まっているサイトをいくつも発見できると思います。そこで相互紹介を依頼してみてください。

ちなみに、自分の読者数と同じくらいのメルマガ発行者に声をかけた方が交渉成立しやすいです。自分の読者数が100人にもかかわらず、読者数1000人の人に相互紹介を依頼しても相手にされません。

ただしこの時は頼み方に工夫をすれば良いです。相手は1回紹介するだけで良いが、自分は10回紹介するようにすれば、読者数1000人のメルマガ発行者であっても承諾してくれるかもしれません。この部分は頭を使って相互依頼をしてください。

ちなみに、私は他人に相互紹介の依頼をするのが面倒臭いので今まで一度もしたことがありません。それよりもサイト作成に力を入れて資産を増やした方が良いと思っています。

このように相互紹介をしなくても、強力な媒体を持つことができれば、他人の力を借りなくても自然に読者を増やすことが可能です。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録

書籍出版の案内:出版キャンペーン中

Twitterでビジネス情報を確認