リアル店舗の運営ではサイトやブログ、SNSを活用してリストを集めなければいけません。私のように学術系のサイトを運営する場合、リスト取りは自分の媒体だけに頼らなければいけません。

しかし、「ネットビジネスでの稼ぎ方」や「恋愛系」など情報商材がある程度出回っている分野であれば、無料レポートスタンドと呼ばれるサイトを利用することでリスト数を増やすことができます。

無料レポートスタンドの活用方法

無料レポートスタンドを活用するに当たって、まずあなた自身の知識や経験を元にしてレポートを作成します。Wordなどでレポートとしてまとめ、PDFファイルにした後にこれを無料レポートスタンドにアップします。

そこで興味を持った人があなたのレポートをダウンロードし、その代わりとしてメールアドレスを取得するのです。 このレポートに動画へのリンクを貼り付けることで動画講義を行っても良いですし、どのように活用しても問題ありません。

そして気をつけるべきは、「タイトル」と「説明文」、「画像」になります。特にタイトルが重要になりますが、これはコピーライティングを学ぶ必要があります。まずは、よくダウンロードされている無料レポートがどのようなタイトルになっているかを見て学習してください。

例えば、以下の二つでは反応率が全く異なります。

「初月からサイトへのアクセス数を月1000件に上げて月3万稼いだ方法」

「パソコン知識ゼロの状態からサイト運営を開始し、ある3つの魔法のステップに従うことで初月からアクセス数を月1000件に上げ、月3万稼いだ驚愕映像4時間をプレゼント。この方法によってエスカレーター式にアクセス数が上がり、3ヵ月後にはサイトのPVが1万件、報酬額も月20万に増えています。さらに、テキスト86ページにも渡る詳細な書き起こしデータも全て公開しています」

必ずしも文章が長ければ良いわけでもありませんが、このように詳細に書けば書くほど反応率が上がります。

ただ本当のことを言えば、文章は短いほど良いです。しかし、無料レポートの内容を分かってもらえるように反応率を上げようとすると、どうしても文章が長くなってしまうのです。

無理やり文章を長くするのではありません。無意味に文章が長ければ良いのではなく、「必要な情報を伝えようと思って文章を書いたら、結果として長くなってしまった」というのが正しいです。

そして、出来れば無料レポートの画像も自分で作成できるようになってください。画像がなくても問題ありませんが、他との差別化が難しくなります。

たくさんダウンロードされている無料レポートのほとんどがなぜオリジナルの画像で作られているのかを考えれば、勝手に答えが見えてくると思います。

そして、無料レポートの内容は今あなたが書ける情報の中で最高の物を作成してください。全ての情報を無料レポートに詰めてください。

レポート内容が素晴らしければ、ダウンロードしてレポートを読んだ人がファン化します。つまり、あなたのメルマガを読んでくれるようになります。本当に必要なのはリスト数ではなく、メルマガを読んでくれる濃いリストです。

何を無料レポートにすれば良いか

もしあなたがブログやサイトに情報を載せているのであれば、その中から有用な情報だけをピックアップして無料レポートを作成してください。

ただし、中には「自分には無料レポートを作成するだけの内容がない」と思っている人がいるかもしれません。そうであるなら、他の人のセミナーに出たり本を3冊くらい読んだりしてその内容をまとめてください。

「パクリ?」と思ったかもしれませんが、別にそれで構いません。それらの内容を自分の言葉に直し、あなたの考えや意見を通すことで発せられた内容であれば、それは完全なるオリジナルコンテンツとなります。

私が情報発信している内容も本やセミナーなどで聞いた情報です。これを自分の言葉としてアウトプットしているだけです。

当たり前ですが、完全なるコピペはダメです。それは流石に人間的にもどうかと思いますし、オリジナル文章ではないので誰も見向きもしてくれません。重要なのは、あなたのフィルターを通して情報発信された言葉となります。

無料レポートスタンドの種類

前述の通り、「金を稼ぎたい」、「恋愛を上手く成功させたい」など、ある程度情報業界が発展している分野であれば無料レポートスタンドに登録する事でリストを集めることができます。
以下に有名な無料レポートスタンドを記します。

メルぞう

スゴワザ!

これらの無料レポートスタンドにあなたが作成した無料レポートを載せ、このレポートをダウンロードした人のアドレスを入手します。

なお、この中でも最も効果的な無料レポートスタンドが「メルぞう」です。その分だけメルぞうにはライバルも多いですが、これらの無料レポートで読者増を目指して頑張ってください。

ちなみに、私はこれら無料レポートスタンドを一切利用していません。一般の方は無料レポートスタンドの存在自体を知りませんし、既に情報業界の事を知っている人の薄いリストが多く集まります。

これを理解した上で、利用するかどうかを検討してください。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録