たまに例外もありますが、基本的にサイト運営を行う場合はファイル名を全て半角英数字で管理する必要があります。

ファイル名を日本語で管理すると、サイトにアクセスできなくなってしまいます。
この理由を認識して、サイト運営を適切に行ってください。

基本的に全てのファイルは半角英数字

あなたのパソコンの中に入っているサイト情報をサーバーにアップすることで、ようやく全世界からアクセスできるようになります。この時、日本語でファイルの名前を管理すると残念な結果が待ち受けるようになります。

これを理解するためには、まずはURLの構造と意味を認識することから始まります。 例として、以下に私が保有している薬学系サイトの「花粉症に関するページ」のURLを記します。

https://kusuri-jouhou.com/pharmacology/kafun.html

まずはこのURLを解読していこうと思います。このURLを簡単に考えると、以下のように分けることができます。

ドメイン

ドメイン名とは、そのサイトがどこにあるのかを記す住所となります。私の持つ薬学系サイトのドメインは「kusuri-jouhou.com」であるため、このサイトにアクセスするためには必ず「https://kusuri-jouhou.com/」を入力する必要があります。

URLに記される情報は、あなたのパソコン内に格納されているファイル名がそのまま反映されるようになります。

多分、これに関しては実際にサイト運営をしないと想像ができないと思うので、SIRIUS(シリウス)などのサイト作成ソフトを購入して実際に動かしてみてください。

もし内容が難しければ、「サイト運営ではファイル名を日本語ではなく、全て半角英数字にしなければいけない」という事を認識した上で読み飛ばしても問題ありません。

話を戻しますが、前述の通り必ずドメインにアクセスしなければサイトの中身を見ることができません。私の薬学系サイトであれば、「https://kusuri-jouhou.com/」になります。

そこで下図のように私のパソコンの中身を見てみると、サイト情報を格納しているファイルの中に「pharmacology」という名前のフォルダがあります。これが、前に記したURLの中で真ん中に位置するURLを記しています。

ドメイン
ドメインの意味
そこで、この「pharmacology」という名前のフォルダを開いてさらに中身を確認してみると、「kafun.html」というファイルを発見できます。このファイル名がURLの右端に該当します。
このように、フォルダ名やファイル名がそのままURLとして表示されます。

ドメイン

他にも、「https://kusuri-jouhou.com/nyuumon/generic.html」であれば、「https:// kusuri-jouhou.com/」というドメイン名の「nyuumon」というフォルダの中にある「generic.html」というファイルを参照することを意味しています。

少し難しい概念ですが、これらは実際にサイト運営を行っていれば自然に身に付く知識となります。
なお、前述の通りURLに記される文字は一部の例外を除いて全て「半角英数字」となります。日本語は表示してくれません。

URLに記載される内容は、あなたのパソコン内に格納されているファイル名そのままの形となります。先ほどの「https://kusuri-jouhou.com/pharmacology/kafun.html」であれば、「pharmacology」というフォルダの中にある「kafun.html」というファイルを参照しなさいという意味になります。

それでは、「kafun.html」ではなくて「花粉.html」というファイル名であればどうなるでしょうか。この場合、URLとしては「https://kusuri-jouhou.com/pharmacology/花粉.html」と参照しなければいけません。

これは「pharmacology」というフォルダの中にある「花粉.html」というファイルを参照するという意味です。

ただし、前述の通りURLに記載される文字は基本的に日本語を認識しません。そのため、ファイル名を日本語のままにしてサーバーにアップすると、エラーが起こってしまいます。

このような理由から、ファイル名は全て半角英数字で管理しなければいけません。

利益率95%を超すポータルサイトビジネス:無料メルマガ登録